新潟県農業総合研究所

所属機関名 新潟県農業総合研究所
部局名 作物研究センター
連絡先(電話番号) 0258-35-0893
940-0826
所在都道府県名 新潟県長岡市長倉町857
URL http://www.ari.pref.niigata.jp/sakumotsu/

関連情報

2015年度   Protein and gene expression analysis of rice grains under high temperature stress in rice variety ‘Koshihikari’ 

2015年度   高温登熟下でコシヒカリの基部未熟粒率を減らす穂肥施用法

2015年度   鉄コーティング湛水直播栽培での落水管理と点播による安定栽培技術

2015年度   周辺環境と斑点米カメムシの発生量の関係:フリーソフトを用いた解析

2015年度   鶏ふん肥料が水稲茎数におよぼす影響

2015年度   斑点米カメムシ類に対するエチプロールの防除効果

2015年度   水稲種子の浸種条件が発芽に及ぼす影響の研究

2015年度   稲こうじ病の発生量に降雨と気温が与える影響

2015年度   稲の高温登熟障害発生を診断できる遺伝子発現マーカーの開発

2015年度   水稲種子休眠とその浸種条件が種子発芽及びα-アミラーゼの発現に及ぼす影響

2015年度   新潟県の大豆における子実害虫の発生実態

2015年度   コシヒカリの高温登熟下における品質向上のための水管理方法の検討

2015年度   高温登熟に対応したコシヒカリの高品質米生産のための中干し方法

2015年度   ダイズ耕うん同時畝立て狭畦栽培における生育期茎葉処理除草剤省略の影響

2015年度   Protein and gene expression analysis of grains under high temperature stress in rice variety ‘Koshihikari’

2015年度   発生予察用粘着板の代替として利用できる安価な粘着板

2015年度   Suppressive Effects of Low Seed-soaking Temperatures on Germination of Long-term-stored Rice Seeds

2015年度   ダイズ縮葉モザイク病の抵抗性品種間差と石灰質資材土壌混和の防除効果

2015年度   キュウリモザイクウイルスの感染時期がダイズ褐斑粒発生に与える影響

2015年度   Suppressive Effects of Low Seed-soaking Temperatures on Germination of Long-term-stored Rice Seeds

2015年度   新潟県の畦畔植生と斑点米カメムシの発生実態

2015年度   暖冬少雪年にも対応できるオオムギ生育予測技術

2015年度   フェロモントラップを利用したアカヒゲホソミドリカスミカメの発生予察法の開発

2015年度   水田畦畔における雑草管理方法と植生の関係

2015年度   沖積粘土質水田における田畑輪換圃場の窒素肥沃度の変化

2015年度   ロール式とインペラ式籾すり機における精玄米への稲こうじ病粒混入割合の比較

2015年度   タイ製水稲葉色診断スマートフォンアプリケーションの本邦稲作への応用検討

2015年度   稲の高温登熟障害発生を診断できる遺伝子発現マーカーの開発

2015年度   幼穂形成期の生育診断によるコシヒカリの籾数推定と穂肥施用法

2015年度   新潟県における水稲のいもち病ほ場抵抗性に関するDNA マーカー 育種の進展

2015年度   マメシンクイガフェロモントラップ誘殺数と被害子実数の関係

2015年度   水稲鉄コーティング種子の出芽速度に影響する要因

2015年度   水稲種子の低水温浸種時に発現するα-アミラーゼと発芽との関係

2015年度   イネの白ふへの産卵に起因するアカスジカスミカメ幼虫発生の可能性

2015年度   ダイズ有望品種「里のほほえみ」の異なる栽培条件による生育特性

2015年度   耐倒伏性ダイズ品種による耕うん同時うね立て狭畦栽培法

2015年度   新潟県における晩生熟期水稲の栽培に気象が及ぼす影響の評価

2015年度   地下水位制御システムを導入した粘土質ほ場における水稲・大豆の髙品質安定生産のための水管理法

2015年度   耕深及び栽植密度の差異がコシヒカリの収量・品質に及ぼす影響

2015年度   浸種条件が水稲ジャポニカ及びインディカ種子の発芽に及ぼす効果の差異

2014年度   極早生非主食用米の湛水直播栽培における石灰窒素深層施肥による穂肥代替

2014年度   高アミロース米「こしのめんじまん」の栽培特性

2014年度   遺伝子発現マーカーによる稲高温登熟障害発生診断技術の開発

2014年度   新潟県における晩生熟期水稲の栽培に気象が及ぼす影響の評価

2014年度   Golgi/Plastid-type Manganese Superoxide Dismutase Involved in Heat-Stress Tolerance During Grain Filling of Rice

2014年度   高温登熟下におけるコシヒカリの玄米タンパク質含有率と外観品質および食味の関係

2014年度   水稲貯蔵種子の発芽不良と種子予措技術の改善(第2報)発芽率低下要因としての浸種初期水温の影響

2014年度   グライ土水田におけるリン酸50%低減栽培

2014年度   高温登熟におけるコシヒカリの基部未熟粒を減らす穂肥方法

2014年度   水稲新品種「コシヒカリ新潟BL13号」

2014年度   遮根透水シートによる根域制御が水稲の品質に及ぼす影響

2014年度   タイ製水稲葉色診断スマートフォンアプリケーションの本邦稲作への応用検討

2014年度   耐倒伏性ダイズ品種「タチナガハ」の耕うん同時畝立て狭畦栽培による生育,収量および抑草効果への影響

2014年度   うね立て栽培とシグモイド型被覆尿素肥料によるちりめんじわ粒低減

2014年度   新潟県におけるイネ糯品種の餅硬化性に関する年次間環境安定性評価

2014年度   北陸地域の細粒グライ土でオオムギを多収・高品質とする好適地下水位条件

2014年度   新潟県での新形質米品種開発のための低グルテリン稲の基本特性の解析

2014年度   qEMF3, a novel QTL for the early-morning flowering trait from wild rice, Oryza officinalis, to mitigate heat stress damage at flowering in rice, O. sativa

2014年度   なぜ夏の暑さは玄米を白く濁らせるのか?‐稲高温登熟の分子生理‐

2013年度   粘着式フェロモントラップにおけるニホンアマガエルの誘殺虫捕食への防止対策

2013年度   畝立播種および被覆尿素施用による転作大豆栽培の取り組み

2013年度   新規簡易餅硬化性検定法を用いた新潟県の水稲糯品種選抜

2013年度   水稲貯蔵種子の発芽障害と種子予溝技術の改善(第2報)低温条件下における浸種初期水温管理法の実証

2013年度   フェロモントラップの開口部の広さとアカヒゲホソミドリカスミカメ誘殺数との関係

2013年度   携帯式作物生育情報測定装置によるヘアリーベッチ生育量の推定

2013年度   閉花受粉性イネによるイネ墨黒穂病の耕種的防除の試み

2013年度   肥料的価値の高い豚ぷん・鶏ふん堆肥の製造と利用 第20報 酸性デタージェント可溶有機物量による各種有機物資材のメタン発生ポテンシャルの評価

2013年度   マメシンクイガの発生量調査におけるフェロモントラップの有効性

2013年度   窒素深層施肥による水田フル活用-各種肥料が深層施肥栽培大豆の生育・収量に及ぼす影響

2013年度   地下水位制御によるダイズ圃場の雑草発生動態

2013年度   「コシヒカリ」におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの要防除水準

2013年度   ふるい目の大きさがコシヒカリの玄米タンパク質含有率および外観品質に及ぼす影響

2013年度   新潟県における晩生熟期水稲の栽培に気象が及ぼす影響

2013年度   イネ墨黒穂病の圃場における感染時期の推定

2013年度   イネ墨黒穂病による玄米汚損を軽減する技術体系構築のためのエビデンスメイク

2013年度   重過石投入による水稲生育への影響および下層土への移行程度

2013年度   アカヒゲホソミドリカスミカメ、アカスジカスミカメの水田内発生量に及ぼす周辺環境の影響

2013年度   ふるい目の大きさがコシヒカリの玄米タンパク質含有率および外観品質に及ぼす影響

2013年度   玄米タンパク質含有率の出穂後葉色からの推定

2013年度   耕深・栽植密度の最適化による水稲の栽培管理技術の開発

2013年度   出穂後葉色値からのコシヒカリ玄米タンパク質含有率の推定

2013年度   水稲糯品種における餅硬化性の年次安定性評価

2013年度   イネにおける低グルテリン遺伝子Lgc1選抜PCRマーカーによる低グルテリン準同質遺伝子系統の育成とLgc1遺伝子が基本農業形質に与える

2013年度   イネにおけるアカスジカスミカメの産卵と発育

2013年度   ダイズ狭畦無培土栽培法における栽植密度の検討

2013年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの薬剤感受性のモニタリング

2013年度   乳白米粒の澱粉・プロテオーム解析

2013年度   コシヒカリのm2当たり籾数の推定による穂肥診断法

2013年度   新潟県における気象変動に対応する高品質コシヒカリ生産のための幼穂形成期の生育指標 第二報 1回目穂肥診断の指標としての検証 

2013年度   水稲長期貯蔵種子の浸種水温が発芽時のαアミラーゼ発現に及ぼす影響

2013年度   穂肥施用のための幼穂形成期の生育診断によるコシヒカリの籾数推定

2013年度   新規餅硬化性検定法を用いた新潟県の水稲糯品種選抜法

2013年度   低グルテリン遺伝子Lgc1座乗の準同質遺伝子系統対における米飯の物性と米粉の粉化特性の差違

2013年度   水稲長期貯蔵種子の浸種水温が発芽時のスクロースシンターゼ発現に及ぼす影響

2013年度   コムギ幼苗の苗齢がアカスジカスミカメ,アカヒゲホソミドリカスミカメの発育に及ぼす影響

2013年度   穂肥施用法が高温登熟における玄米外観品質およびタンパク質含有率に及ぼす影響

2013年度   イネ墨黒穂病発病程度の品種間差

2013年度   Starch Glycomic and Proteomic Aspects of Grain Chalkness

2013年度   新潟県の雑草地におけるクモヘリカメムシの発生消長

2013年度   ゴルジ体/プラスチド型スーパーオキシドジスムターゼはイネ登熟期における高温ストレス耐性に関与する

2013年度   新潟県における気象変動に対応する高品質コシヒカリ生産のための幼穂形成期の生育指標 第一報 生育・気象データによる生育指標の作成

2013年度   水稲長期貯蔵種子の発芽率低下要因としての浸種初期水温の影響

2012年度   北陸重粘土地帯におけるダイズ「エンレイ」を多収型生育に導くための栽培管理技術

2012年度   新潟県における水田転換畑ダイズの収量低下要因

2012年度   穂肥方法がコシヒカリの玄米外観品質、タンパク質含有率及び食味に及ぼす影響

2012年度   イネの登熟段階と割れ籾の発生がアカスジカスミカメ幼虫の発育に及ぼす影響

2012年度   沖積重粘土転換畑におけるダイズの多収・高品質生産のための施肥法の開発と施肥窒素の動態の解明

2012年度   新潟県での新形質米品種開発のための低グルテリン稲の基本特性の解析

2012年度   鶏ふん焼却灰および木質燃料焼却灰の水稲育苗肥料としての利用

2012年度   アカヒゲホソミドリカスミカメ発生予察技術の開発 広域発生予察技術の開発

2012年度   アカヒゲホソミドリカスミカメに対する育苗箱施用殺虫剤の殺虫効果

2012年度   新潟県におけるダイズの収量低下要因の解明と生育診断技術に基づく多収栽培技術の開発

2012年度   転換畑ダイズ畝立栽培における籾殻の施用効果

2012年度   アカヒゲホソミドリカスミカメ発生予察技術の開発 圃場単位の要防除水準の策定(1)斑点米被害予測モデルの構築

2012年度   Proteomics of rice grain under high temperature stress

2012年度   北陸地域における水稲鉄コーティング湛水直播栽培の播種様式および播種後の水管理が収量に及ぼす影響

2012年度   高温登熟により発生した白未熟米粒の定量的プロテオーム解析

2012年度   前年の紋枯病発生量がその翌年の発生量に与える影響

2011年度   26

2011年度   合成性フェロモンを利用したアカヒゲホソミドリカスミカメの被害予測技術

2010年度   「コシヒカリBL」原種の原原種段階で種子を混合する原種生産方法

2010年度   Soybean leaf rugose mosaic virus, a new soil-borne virus in the family Potyviridae, isolated from soybean in Japan

2010年度   One of Two Major Paralogs of AVR-Pita1 Is Functionalin Japanese Rice Blast Isolates

2010年度   新潟県における「コシヒカリ新潟BLシリーズ」の開発と普及

2010年度   排水不良転換畑における畝立栽培およびシグモイド型被覆尿素肥料施用によるダイズの窒素集積量増加とちりめんじわ粒発生軽減効果

2010年度   水稲貯蔵種子の発芽障害と種子予措技術の改善(第1報)

2010年度   キュウリモザイクウイルスおよびラッカセイわい化ウイルス感染種子に対する乾熱処理の治療効果

2009年度   フェロモントラップ誘殺数によるアカヒゲホソミドリカスミカメ要防除水準設定の試み

2009年度   栽植密度及び収穫時期、穂揃期追肥が種子の資質に与える影響

2009年度   新潟県における「コシヒカリBLシリーズ」の開発と普及

2009年度   非親和性イネいもち病菌によるコシヒカリ同質遺伝子系統の種子保菌の系統間差異

2009年度   Rapid quantification of cyanamide by ultra-high-pressure liquid chromatography in fertilizer, soil or plant samples.

2009年度   新潟県におけるMBI-D剤耐性イネいもち病菌のモニタリング

2009年度   オオトゲシラホシカメムシ(カメムシ目:カメムシ科)に対する昆虫病原糸状菌Beauveria bassianaの病原性

2009年度   マメシンクイガの防除薬剤と散布適期の検討

2009年度   高品質米生産のためのコシヒカリ登熟期の水管理の目安

2009年度   新潟県における新形質米の開発と普及

2009年度   新潟県における大豆の多収型生育相について

2009年度   新潟県における近年の水稲品種の収量性に関する相加主効果相乗交互作用(AMMI)分析を用いた安定性評価

2009年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの発生予察における合成性フェロモントラップの利用

2009年度   密播育苗と疎植栽培を組み合わせた省力技術

2009年度   白桴多発生イネにおけるアカスジカスミカメの増殖

2009年度   新潟県における緑肥作物「ヘアリーベッチ」鋤込みが水稲の生育と収量に及ぼす影響

2009年度   新潟県における大豆狭畦栽培を利用した雑草防除の効果

2009年度   異なる植付け法がコシヒカリの登熟期間の生育・品質に及ぼす影響

2009年度   新潟県における近年のイネ品種の玄米品質に関する安定性評価

2009年度   水稲鉄コーティング湛水直播の出芽苗立に及ぼす水管理の影響

2009年度   新潟県におけるアカスジカスミカメの発生消長

2009年度   新潟県の畑地および水田における緑肥作物「ヘアリーベッチ」の生育

2009年度   収穫後のダイズを餌に用いるマメシンクイガの人工飼育

2009年度   新潟県における緑肥鋤込み後の水稲および大豆の生育・収量

2009年度   新潟県における水稲品種「コシヒカリ」の生育及び収量構成要素に関するグラフィカルモデリング

2009年度   UPLCによる肥料、土壌、植物中のシアナミドの迅速定量法

2009年度   水稲に対する流入施肥追肥の窒素形態や施肥量が肥料窒素利用率および田面水の養分動態等に与える影響

2009年度   種子のいもち病保菌抑制における薬剤効果及び残効

2008年度   水田転換畑における耕耘及び籾殻施用がダイズ導管液成分に及ぼす影響

2008年度   出穂後の海水散布が水稲の品質・収量に及ぼす影響

2008年度   Pythium oligandrumを用いたイネもみ枯細菌病(苗腐敗症)の生物的防除

2008年度   新潟県における緑肥用作物ヘアリベッチの生育

2008年度   乾熱種子消毒によるダイズ褐斑粒・紫斑粒発生抑制効果

2008年度   コシヒカリの密播疎植栽培技術 第3報 育苗条件が露地プール育苗苗に及ぼす影響

2008年度   農薬の削減を可能にした「コシヒカリBL」

2008年度   マメシンクイガ発生調査への合成性フェロモントラップの利用

2008年度   新潟県内のダイズ圃場で多発した新ウイルス

2008年度   大豆「エンレイ」の浸潤法による気孔開殿の測定

2008年度   葉位別感受性指数によるイネ品種の葉いもちほ場抵抗性の評価

2008年度   コシヒカリの密播疎植栽培技術 第2報 播種期と育苗日数が露地プール育苗苗に及ぼす影響

2008年度   フェロモントラップによるアカヒゲホソミドリカスミカメ第1世代成虫の発生量調査―市町村調査への導入の試み―

2008年度   転作野菜畑に深層施肥した被覆尿素の窒素動向

2008年度   新潟県における新形質米の開発と普及

2008年度   アカスジカスミカメのイネに対する産卵能力

2008年度   葉いもち感染時に観察される伝染源からの4種類の伝染勾配

2008年度   全県レベルで普及したコシヒカリ新潟BLシリーズの育成

2008年度   紋枯病の発病が早生品種「こしいぶき」の収量、品質に与える影響

2008年度   新潟県における2007年度の品質低下に及ぼした気象要因

2008年度   水田におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの発生消長と薬剤防除法

2008年度   コシヒカリの密播疎植栽培技術 第5報 生育指標

2008年度   新潟県におけるコシヒカリのいもち病抵抗性マルチラインの開発と普及

2008年度   フタスジヒメハムシの発生がダイズの収量に及ぼす影響

2008年度   コシヒカリの生育量と穂肥時期・窒素量が品質に及ぼす影響

2008年度   ダイズの亀甲じわ粒の発生に及ぼす成熟後の子実水分の変動

2008年度   ダイズ褐斑粒対策における褐斑粒除去、殺虫剤散布、感染株抜き取りの効果

2008年度   大豆の栽培条件が子実成分に及ぼす影響

2008年度   玄米におけるアカスジカスミカメ幼虫の発育

2008年度   コシヒカリの密播疎植栽培技術 第4報 収量構成要素

2008年度   水稲新品種「ゆきん子舞」の育成

2007年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの薬剤感受性

2007年度   水稲早生品種「ゆきん子舞」の生育目安と施肥法

2007年度   新潟県におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの発生生態の解明と防除体系の確立

2007年度   登熟期湛水栽培水稲の根活性、生育、収量及び品質

2007年度   コシヒカリ同質遺伝子系統混植内の葉いもちにおけるレース頻度の経時的変化

2007年度   そば「とよむすめ」の収穫時期と仕上水分が収量・品質に与える影響

2007年度   自然条件下におけるダイズしわ粒の発生要因に関する研究

2007年度   ネオニコチノイド系殺虫剤1回散布によるアカヒゲホソミドリカスミカメの防除技術 第2報 地域単位の防除技術

2007年度   シグモイド型被覆尿素肥料の施用によるダイズしわ粒軽減効果について

2007年度   イネにおけるアカスジカスミカメ幼虫の発育の可能性

2007年度   ダイズ褐斑粒の発生実態・対策と研究の現状

2007年度   高アミロース米系統「新潟79号」の移植時期と施肥量が加工性に関する諸特性に及ぼす影響

2007年度   薬剤によるいもち病の育苗期感染の防止効果

2007年度   ネオニコチノイド系殺虫剤1回散布によるアカヒゲホソミドリカスミカメの防除技術 第1報 圃場単位の防除技術

2007年度   Analysis of the nitrogen nutrition of soybean plants with deep placement of coated urea and lime nitrogen

2007年度   新潟県のダイズにおけるフタスジヒメハムシ発生消長と被害の特徴

2007年度   コシヒカリ幼穂形成期の窒素吸収量の簡易推定

2007年度   水稲の高温登熟性に関する検定方法の評価と基準品種の選定

2007年度   同質遺伝子系統混植栽培における葉いもち病斑の垂直分布に関与する要因

2007年度   「大麦-飼料稲」2年3作体系における被覆尿素肥料の越冬後追肥が大麦の収量および硝子率に及ぼす影響

2007年度   イネの登熟段階と割れ籾の発生がアカヒゲホソミドリカスミカメ幼虫の発育に及ぼす影響

2007年度   機械除草と耕種的除草法の組み合わせによる無農薬水田雑草管理法の検討

2007年度   合成性フェロモントラップによるアカヒゲホソミドリカスミカメ第1世代成虫の地域的な発生量調査の可能性

2007年度   高温登熟において緩効性肥料の肥効が米の品質に与える影響

2007年度   水稲糯品種栽培における穂肥窒素の施用と移植次期及び品種の違いが餅の硬化性に与える影響

2007年度   大豆種子乾熱処理による種子伝染性病害の軽減効果

2007年度   新潟県における極小粒大豆「東山204号」の生育及び納豆加工特性 

2006年度   合成性フェロモントラップによるアカヒゲホソミドリカスミカメの水田内発生消長の把握

2006年度   マルチラインによるイネいもち病の防除

2006年度   水稲早生品種「ゆきん子舞」の生育目安と施肥法

2006年度   アカヒゲホソミドリカスミカメに対する合成性フェロモン剤の防除効果

2006年度   非親和性イネいもち病菌に対するいもち病抵抗性同質遺伝子系統の穂いもち抵抗性の変動要因

2006年度   Comparison of the depth of placement of lime nitrogen on growth, N2 fixation activity, seed yield and quality of soybean

2006年度   いもち病抵抗性マルチラインの種子生産において採種圃場での混合割合が種子の構成比率に与える影響

2006年度   新発田市および長岡市のダイズ圃場で多発した未報告のウイルス病について

2006年度   水稲群落熱画像に基づくストレス耐性評価の可能性

2006年度   越冬後追肥が大麦「ファイバースノウ」の収量及び品質に与える影響

2006年度   種子の吸汁がアカヒゲホソミドリカスミカメの幼虫発育と産卵に及ぼす影響

2006年度   Lesion-based analysis of leaf blast suppression in mixture of rice cultivar and a resistant near-isogenic line

2006年度   ダイズ亀甲しわ粒の発生機構に関する研究

2006年度   フェロモントラップのアカヒゲホソミドリカスミカメ発生量調査への利用

2006年度   新潟県のコシヒカリ同質遺伝子系統において2005~2006年に分布したイネいもち病菌のレース

2006年度   Effect of basal side-dressing of various types of coated urea fertilizer on shoot growth, yield components and seed composition of soybean

2006年度   水稲品種コシヒカリへの半矮性及びいもち病真性抵抗性の導入

2006年度   カスガマイシン耐性イネもみ枯細菌病菌の出現

2006年度   水稲湛水栽培下でのルビジウムトレーサー法による根活性測定

2006年度   「飼料稲-大麦」の2年3作体系における大麦「ファイバースノウ」の生育・収量および品質

2006年度   大豆「たまうらら」・「あやこがね」を導入した大豆の適期収穫と規模拡大

2006年度   アカヒゲホソミドリカスミカメのイネに対する産卵能力

2006年度   接種によるイネいもち病菌の病原性突然変異菌出現頻度の測定

2006年度   登熟期湛水栽培水稲の根活性、生育、収量および品質

2006年度   水稲の高温登熟性に関する検定方法の評価と基準品種の選定

2006年度   コシヒカリマルチラインの導入に向けたイネいもち病防除体系の構築

2006年度   登熟初期の高温処理と緩効性肥料の肥効が米の品質に与える影響 第2報

2006年度   越冬後追肥が大麦「ファイバースノウ」の品質及び収量に与える影響

2006年度   水田におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの発生消長と薬剤散布適期

2006年度   Effects of thiophanate-methyl and azoxystrobin on the composition of Cercospora kikuchii populations with thiophanate-methyl-resistant strains

2006年度   すくい取りによるアカヒゲホソミドリカスミカメ捕獲数と斑点米発生量の関係

2006年度   コシヒカリ同質遺伝子系統種子籾の非親和性イネいもち病菌による感染

2006年度   機械除草と耕種的除草法の組み合わせによる無農薬水田雑草管理法の検討

2006年度   イネいもち病真性抵抗性マルチラインを構成する同質遺伝子系統の混合割合が収量に与える影響

2006年度   穂いもちおよび種子保菌抑制における薬剤散布の残効および治療効果

2006年度   ダイズ培土期における窒素追肥がしわ粒発生に及ぼす影響について

2006年度   穂肥施用方法が「越淡麗」の玄米収量及び品質に及ぼす影響

2006年度   ダイズ褐斑粒の発生抑制技術の開発 2)ウイルスの感染時期と褐斑粒・種子伝染率の関係

2006年度   Incidence of thiophanate-methyl resistance in Cercospora kikuchii within a single lineage based on amplified fragment length polymorphisms in Japan

2006年度   飼料イネ跡に栽培した大麦「ファイバースノウ」の生育 

2005年度   アカヒゲホソミドリカスミカメに対する薬剤散布適期

2005年度   いもち病抵抗性マルチラインの種子生産におけて採種圃場での混合栽培が種子の構成比率に与える影響

2005年度   種子温湯消毒と電解水浸漬処理の組み合わせによるイネの褐条病およびもみ枯細菌病の防除効果

2005年度   水田畦畔に設置したアカヒゲホソミドリカスミカメ合成性フェロモントラップの誘殺消長

2005年度   水稲の高温登熟性の評価法と品種間差異

2005年度   新潟県において1998~2002年に分布したイネいもち病菌のレース

2005年度   アカヒゲホソミドリカスミカメ合成性フェロモントラップの形状と設置高

2005年度   コシヒカリのいもち病真性抵抗性同質遺伝子系統の特性評価

2005年度   水口流入施肥器を用いた大区画水田における水稲液肥流入の均一施肥効果と効率的施肥条件の検討

2005年度   新潟県におけるコシヒカリのいもち病真性抵抗性マルチラインの実用化

2005年度   穂肥施用方法が「越淡麗」の玄米品質に及ぼす影響

2005年度   逆転写PCRを用いたダイズからのCucumovirus属ウイルスの検出

2004年度   大豆しわ粒の発生要因に関する研究 第1報 しわ粒の特徴について

2004年度   アカヒゲホソミドリカスミカメに対する各種殺虫剤の防除効果

2004年度   コシヒカリの密播粗植栽培技術 第1報 慣行の稚苗移植栽培との比較 

2004年度   アカヒゲホソミドリカスミカメのfenitrothion抵抗性の発達

2004年度   新潟県におけるイネ褐条病、もみ枯細菌病の薬剤耐性菌の発生およびその防除法の検討

2004年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの水田内発生消長

2004年度   新潟県で開発した新形質米品種とその普及状況

2004年度   新潟県におけるフィプロニル抵抗性のイネドロオイムシ個体群の発生

2003年度   新しい選抜法による高温登熟性に優れた良食味水稲早生品種「こしいぶき」の育成

2003年度   新潟県におけるイネいもち病防除対策としてのマルチラインの利用

2003年度   しめ縄加工に適する新たなイネ遺伝資源「伊勢錦」

2003年度   水田転換畑へのモミ殻施用がエダマメの生育・収量に対する効果の持続性

2003年度   Development of Rapid Measuring Method on Rice-cake Hardness in Waxy Rice

2003年度   窒素深層施肥と根粒菌接種が客土造成転換畑初作ダイズに及ぼす影響

2003年度   イネ糯誘発突然変異系統の餅加工特性

2003年度   登熟期の気温がコシヒカリ種子の休眠に及ぼす影響

2008年度   いもち病真性抵抗性同質遺伝子系統「コシヒカリ新潟BL11号」「コシヒカリ新潟BL12号」の育成

2008年度   ダイズに縮葉モザイク症状を呈する新種の植物ウイルスの発生

2008年度   ダイズ褐斑粒原因ウイルスの感染時期と褐斑粒発生率、種子伝染率との関係

2008年度   高アミロースの食品加工向け水稲新品種「こしのめんじまん」

2008年度   イネ葉身におけるいもち病菌の病原性突然変異菌の出現頻度

2008年度   水稲新奨励品種「コシヒカリ新潟BL11号」の選定

2008年度   伝染源からの距離別に葉いもちの病斑数を推定する式

2007年度   カスガマイシン耐性イネもみ枯細菌病菌の国内初確認

2007年度   水稲の高温登熟性検定法の評価と基準品種の選定

2007年度   飼料稲跡大麦「ファイバースノウ」の栽培特性と硝子率を高めない越冬後追肥法

2007年度   コシヒカリ新潟BLの混植における穂いもち発病抑制要因

2007年度   香りに優れ、安定多収栽培のためのそばの収穫時期と仕上げ水分

2007年度   コシヒカリ新潟BLの混植ほ場におけるいもち病菌のレース頻度

2007年度   いもち病真性抵抗性同質遺伝子系統「コシヒカリ新潟BL9号」「コシヒカリ新潟BL10号」の育成

2007年度   コシヒカリの密播・疎植栽培における生育・収量目標

2007年度   高温登熟条件下におけるコシヒカリ品質向上のための後期栄養維持施肥法

2007年度   水稲新奨励品種「コシヒカリ新潟BL9号」、「コシヒカリ新潟BL10号」の選定

2007年度   コシヒカリの密播・露地・プール育苗法

2006年度   カドミウム吸収抑制管理水田における水稲根活性と地力発現

2006年度   殺虫剤1回散布によるアカヒゲホソミドリカスミカメの防除法

2006年度   子葉と種皮の乾湿からみた大豆亀甲じわ粒の発生機構と軽減技術

2006年度   納豆用極小粒大豆「東山204号」の選定

2005年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの各種殺虫剤に対する感受性

2005年度   豆腐がおいしい大豆品種「たまうらら」の栽培特性と収穫適期幅の拡大

2005年度   耐倒伏性が強く、品質が高い水稲早生粳品種「ゆきん子舞」の育成

2005年度   施肥水準、収穫時期、品種の違いと飼料イネの成分や第一胃内消失率の関係

2004年度   フィプロニルに抵抗性を有するイネドロオイムシの発生とその防除対策

2004年度   豊かな香りで美味しいそば品種「とよむすめ」の選定

2004年度   タンパク質含有率が低く、精米特性に優れる水稲酒米新品種「越淡麗(こしたんれい)」の育成

2003年度   いもち病育苗期感染苗の本田持込み後の病勢進展

2003年度   しめ縄加工に適するイネ品種「伊勢錦」の選定

2003年度   「コシヒカリ新潟BL1〜6号」の奨励品種採用

2003年度   要防除水準と各種病害虫防除技術の体系化によるコシヒカリ減農薬栽培

2002年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの加害による斑点米の発生時期

2002年度   大麦新奨励品種「ファイバ−スノウ」の高品質・安定生産のめやす

2002年度   シグモイド型被覆尿素の施用によるダイズの多収技術

2002年度   アカヒゲホソミドリカスミカメのMEPに対する感受性低下事例

2002年度   水稲極早生、早生品種におけるアカヒゲホソミドリカスミカメの薬剤防除適期

2002年度   緩効性肥料や側条施肥を利用した水稲の可変施肥管理システム

2002年度   水田畦畔雑草の適期刈り取りによるアカヒゲホソミドリカスミカメの発生抑制

2002年度   アカヒゲホソミドリカスミカメの水田内発生消長

2002年度   水稲貯蔵種子の発芽率を安定させる浸種方法

2002年度   イネいもち病抵抗性同質遺伝子系統(コシヒカリ新潟BL)の混植による発病抑制効果

2001年度   いもち病抵抗性同質遺伝子系統 「コシヒカリ新潟BL1〜8号」

2001年度   「コシヒカリ」の条播直播における倒伏を抑制するための生育指標

2001年度   「コシヒカリ」の適正籾数確保のための生育指標

2001年度   水稲種子籾の簡易貯蔵法

2000年度   高品質あずき優良品種候補系統「十育144号」の選定と栽培特性

1999年度   モミ殻施用による転作えだまめの増収技術

1999年度   地域農業の活性化につながる新形質米の育成とラインアップ

1999年度   コバネイナゴの寄生密度に基づいた水稲減収率の推定

1999年度   気象変動に強い良質・良食味水稲早生新品種「こしいぶき」

1999年度   昆虫病原糸状菌Beauveria bassianaのイネドロオイムシに対する殺虫力向上と圃場散布効果

1998年度   本田期葉いもち防除回数軽減のためのカルプロパミド4%粒剤20g/箱覆土混和処理

1998年度   新潟県における葉いもち全般発生開始期とその予測

1998年度   全般発生開始期に基づいた葉いもち防除法

1998年度   葉いもち初期発生量低減のためのトリシクラゾール水和剤75の1g/箱緑化始期潅注入処理

1998年度   水口流入施肥器を用いた大区画水田における穂肥の均一施用法

1997年度   無代かき湛水散播直播栽培における省力的施肥技術

1997年度   高温登熟地帯における「ベニダイナゴン」の高品位生産のための播種日の推定法

1997年度   水田における黒色再生紙マルチの抑草効果

1997年度   「味こだま」の無代かき湛水散播直播栽培における播種適期及び適正苗立ち数

1997年度   水稲の減農薬・減化学肥料栽培の手引き

1997年度   アメリカアゼナ多発田における雑草防除法

1997年度   食味関連測定装置を用いた水稲個体レベルの食味選抜法

1997年度   イネドロオイムシに対する昆虫病原糸状菌Beauveria

阿部聖一 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 栽培科長)

南雲芳文 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 専門研究員)

樋口泰浩 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 専門研究員)

川上 修 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 専門研究員)

石橋 俊明 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 育種科 主任研究員)

石崎 和彦 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 育種科 育種科長)

板谷越 重人 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 育種科 主任研究員)

藤田 与一 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 主任研究員)

佐藤 徹 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 専門研究員)

東 聡志 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 専門研究員)

白矢 武士 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 主任研究員)

中村 正明 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 主任研究員)

橋本憲明 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 専門研究員)

神戸崇 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 育種科 主任研究員)

黒田智久 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 専門研究員)

堀 武志 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 専門研究員)

岩田大介 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 主任研究員)

石本万寿広 (新潟県農業総合研究所 作物研究センター 栽培科 専門研究員)

この記事は