埼玉県産業技術総合センター

所属機関名 埼玉県産業技術総合センター
部局名 北部研究所
連絡先(電話番号) 048-521-0614
360-0031
所在都道府県名 埼玉県熊谷市末広2-133
URL http://www.saitama-itcn.jp/

関連情報

2019年度   埼玉酵母へのチアミンの応用

2019年度   大腸菌群フローラ解析による食品汚染源推定技術の開発

2019年度   うどん中の呈味成分の製造工程における変化とその品種間差の解明

2019年度   酒造原料米の溶解性予測システムの確立に関する研究 ―酒造原料米の吸水性及び消化性の重回帰分析による予測―

2019年度   国内産小麦を使用した麺の風味形成要因の解明

2019年度   麺製品の高付加価値化に向けた味・香り向上技術の開発

2019年度   普及型水蒸気透過度測定装置の開発(第3報) -(公財)JKA「公設工業試験研究所等が主体的に取組む共同研究補助事業」-

2015年度   フレーバー評価技術の確立による製品の高付加価値化と品質管理への応用、 -清酒について-

2015年度   フレーバー評価技術の確立による製品の高付加価値化と品質管理への応用、 -埼玉県産小麦粉について-

2015年度   A novel cup with a pressure-adjusting mechanism for high-temperature water vapor transmission rate measurements

2015年度   高香気生成酵母の利用性向上に関する研究、-埼玉G酵母と埼玉E酵母の混合仕込-

2015年度   3Dエアロクロマトの開発

2014年度   薄膜試験片調整の困難な材料に対する三酢酸セルロース保持による水蒸気透過度測定

2014年度   県内産小麦を用いた特色のあるパン・麺用小麦粉の開発、- パン用粉 -

2014年度   高温もろみ対応清酒酵母の開発(第3報)

2014年度   安全・安心な食品製造工程の管理技術の確立、-食中毒菌の迅速検出技術の開発-

2014年度   遺伝子検出による迅速微生物解析技術の開発~地域食品工場における実現可能性の検討~

2014年度   県内産小麦を用いた特色のあるパン・麺用小麦粉の開発 -麺用粉-

2013年度   県産小麦の新規ブレンド粉の開発 、-パン用ブレンド粉-

2013年度   県産ねぎを使った新規加工食品の開発 、-ねぎを使った酢の製造-

2013年度   新規減塩漬物の製造技術の開発

2013年度   埼玉県産小麦の活用に向けて

2013年度   安全・安心な食品製造工程の管理技術の確立 、-食中毒菌の迅速検出技術の開発-

2013年度   高温もろみ対応清酒酵母の開発(第2報) 、-小仕込み試験方法の検討-

2013年度   県産小麦の新規ブレンド粉の開発 、-麺用ブレンド粉-

2013年度   発酵による食品副産物の有効利用

2012年度   県産小麦の新規ブレンド粉の開発

2012年度   油菓子保存試験の促進評価方法の確立

2012年度   埼玉県産小麦の香気成分分析

2012年度   栗渋皮を利用した新規機能性製品の開発(第2報)

2012年度   高温もろみ対応清酒酵母の開発

2012年度   遺伝子検出による迅速微生物解析技術の開発

2012年度   埼玉県産小麦の活用に向けて 、~ゆで麺の水分分布測定・組織観察・色調保持技術について~

2012年度   米粉を用いた新規製麺技術の開発(3) 、-植物繊維を利用した米粉麺-

2012年度   栗渋皮のロースト処理による風味強化とポリフェノール成分への影響

2011年度   遺伝子検出による迅速微生物解析技術の開発

2011年度   栗渋皮を利用した新規機能性製品の開発

2011年度   米粉を用いた新規製麺技術の開発(2) 、-植物繊維を利用した米粉麺-

2011年度   抗カビ剤の簡易評価法の開発

2011年度   清酒酵母の開発(第2報)

2011年度   埼玉県産硬質小麦の製パン利用技術の確立

2011年度   県産食品素材を用いた高付加価値食品の開発-県産小麦麺の色調保持技術の開発(II)-

2010年度   細菌構成相解析によるアドバンスドサニタリーシステムの開発

2010年度   米粉を用いた新規製麺技術の開発

2010年度   清酒酵母の開発

2010年度   埼玉県内植物資源由来のポリフェノール類の検索及び利用

2010年度   県産食品素材を用いた高付加価値食品の開発~県産小麦麺の色調保持技術の開発~

2010年度   埼玉酵母の特性解析

2010年度   県産食品素材を用いた高付加価値食品の開発~栗ポリフェノールの利用~

2010年度   抗菌剤の簡易評価法の開発

2009年度   県産食品素材を用いた高付加価値食品の開発~県産小麦麺の色調保持技術の開発~

2009年度   埼玉酵母の特性解析

2009年度   フローラ解析によるサニタリーシステムの開発と食品工業への応用

2009年度   県産食品素材を用いた高付加価値食品の開発~栗ポリフェノールの利用~

2009年度   抗菌剤の簡易評価法の開発

2009年度   細菌構成相解析によるアドバンスドサニタリーシステムの開発

2009年度   米粉を用いた新規製麺技術の開発

2009年度   γ-アミノ酪酸高生産菌の分離と長期保存

2009年度   清酒酵母の開発

2009年度   機能性食品素材-栗渋皮の食品への応用-

2008年度   小麦由来機能性成分の新規利用技術の開発

2008年度   新規清酒酵母の実用化

2008年度   マイクロフローラ解析によるアドバンスドサニタリーシステムの開発

2008年度   県産食品素材を用いた機能性食品の開発

2008年度   ソバの産地判別法と分析精度の向上に関する研究

2008年度   低温スチーム技術を利用した高品位食品加工技術

2008年度   小麦由来機能性成分の新規利用技術の開発

2008年度   細菌構成相解析によるアドバンスドサニタリーシステムの開発

2008年度   γ-アミノ酪酸高生成菌の長期保存法の開発及び利用方法について

2007年度   小麦由来機能生成分の新規利用技術の開発

2007年度   低温スチーム技術を利用した高品位食品加工技術

2007年度   微生物利用技術に関する研究

2007年度   食品産地判別法の簡易・迅速化に関する研究

2007年度   Development of innovative Pediocin PA-1 by DNA shuffling among class IIa bacteriocins

2007年度   新規のγ-アミノ酪酸高生産菌の検索及び食品加工残渣への応用

2007年度   細菌構成相によるアドバンスドサニタリーシステムの開発

2006年度   畜肉製品のテクスチャー評価と高品質化への試み

2006年度   動的粘弾性測定装置を用いた畜肉製品のテクスチャー評価

2006年度   機能性成分の効率的な利用による麺類の高付加価値化

2006年度   Rapid dicriminatioon of Listeria monocytogenes strains by microtemperature gradient gel electrophoresis

2006年度   微生物利用技術に関する研究-新規酵母の分離と食品への応用-

2006年度   清酒仕込み方法の合理化に関する研究

2006年度   微生物利用技術に関する研究-パン種の乳酸菌と酵母の研究-

2006年度   食品製造工程における微生物検出技術の開発に関する研究

2006年度   ヤーコン葉添加麺の品質向上を目的とした酵素失活処理方法の検討

2005年度   ヤーコン葉及びその添加麺におけるポリフェノール含量の評価

2005年度   微生物利用による生体機能調節物質の生産に関する研究

2005年度   有用機能性酵母の探索と利用

2005年度   超磁歪アクチュエータを利用した小型動的粘弾性測定装置による各種食品の粘弾性評価

2005年度   しぼりたて清酒の鮮度保持に関する研究

2005年度   自然発酵パン種を利用した新規穀類加工食品の開発

2005年度   機能性成分の効率的な利用による麺類の高付加価値化

2005年度   乳酸菌・酵母を利用した新規穀類加工食品の開発

2005年度   埼玉県の酒米新系統「さけ武蔵」による清酒製造試験

2004年度   T2map,Moisture distribution, and texture of boild Japanese noodles prepared from different types of flour

2004年度   埼玉県の酒米新系統「むさしの酒6号」を使用した実地規模での清酒製造試験

2004年度   魚由来コラーゲンの化学修飾及び架橋による改質

2004年度   Rapid identification of pickle yeasts by fluorescent PCR and micro-temperature-gradient gel electrophoresis

2004年度   乳酸菌・酵母を利用した新規穀類加工食品の開発

2004年度   乳酸菌・酵母を利用した新規穀類加工食品の開発

2004年度   アミノ酸置換によるバクテリオシンの機能部位の探索

2004年度   分子生物学的手法による新規酵母の開発

2004年度   食品の効率的熱処理のための加熱冷却過程の解析

2004年度   生麺及び生地の性状に対する食塩添加の影響

2004年度   微生物利用による生体機能調節物質の生産に関する研究

2004年度   埼玉県産小麦におけるタンパク質含量の変化に伴うグルテン性状の変化

2004年度   埼玉県における新規小麦品種の製麺及び製パン適性に関する研究

2004年度   県産小麦の地域的な品質変動と製麺適性に関する研究

2004年度   ゆで麺の性状に対する食塩添加の影響

2004年度   ゆで麺の水分分布とテクスチャー

2004年度   新たなテクスチャー評価法を用いた麺類の食感改善

2004年度   清酒仕込み方法の合理化に関する研究

2003年度   小麦タンパク質成分と製麺性に関する研究(第3報)

2003年度   清酒の多様化に関する研究(第2報)

2003年度   微生物機能を利用した米の新規用途開発

2003年度   バイオリサイクルによる植物性食品残渣の高度利用

2003年度   分子生物学的手法を用いた新規酵母の開発

2003年度   The first isolation of two types of trifluoroleucine resistant mutants of Saccaromyces servazzii

2003年度   埼玉県産小麦「あやひかり」におけるタンパク質含量の増加に伴うグルテン性状の変化

2003年度   微生物機能を利用した米の新規用途開発-発酵風味米菓-

2003年度   食品の製造工程管理へのNMRの応用(III)

2003年度   蛍光イメージング手法によるゆで麺内部の組織構造観察

2003年度   固形食品のテクスチャー制御に関する研究(III)

2003年度   清酒仕込方法の合理化に関する研究

2002年度   マイクロMRIによるゆで麺の水分分布の測定

2002年度   NMRマイクロイメージング法によるゆで麺の水分分布の測定■-タンパク質含量の異なる小麦粉間での水分分布の定量的比較-

この記事は