福島県農業総合センター

所属機関名 福島県農業総合センター
部局名 果樹研究所
連絡先(電話番号) 024-542-4191
960-0231
所在都道府県名 福島県福島市飯坂町平野字檀の東1
URL https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/37201a/

関連情報

2009年度   リンゴエチレン受容体タンパク質は1-MCP処理果実でより安定になる

2005年度   リンゴ褐斑病の発生と殺菌剤散布時期との関係

2005年度   気候温暖化に対応した優良系統の探索および果実着色向上栽培技術の確立

2005年度   オウトウ「佐藤錦」の平棚栽培の実用性

2005年度   モモの数種病害に対するバチルス・スブチリスの防除効果

2005年度   コスカシバに対する交信攪乱剤チェリトルア剤のモモへの応用

2005年度   福島県におけるモモの防除体系の変化と問題点

2005年度   モモせん孔細菌病の発生状況と防除対策

2005年度   交信かく乱リンゴ園における改良ルアーを利用したモモシンクイガの誘殺

2005年度   波状棚を利用したニホンナシ高生産省力技術の開発

2004年度   SSRマーカーによるモモの品種識別と親子鑑定その2 -育成品種・系統の解析-

2004年度   交信かく乱処理ほ場での主要害虫の発生要因と対策

2004年度   リンゴの主要ハマキムシ2種に対する顆粒病ウイルスの防除効果

2004年度   福島県における最近のリンゴ病害の発生動向特に無ボルドー液防除体系移行後の問題点について

2004年度   福島県におけるリンゴ褐斑病子のう胞子の飛散消長と防除適期

2004年度   モモ品種のSSR遺伝子型による果実及び花形重特性の判別分析

2004年度   モモのドウガネブイブイに対する各種殺虫剤の防除効果

2004年度   モモの果実重及び着色度を指標とした貯蔵養分適正量の解明

2004年度   リンゴ園から発生するせん定枝の有効利用 福島県の事例

2004年度   昆虫病原性線虫のモモのコスカシバに対する防除効果

2003年度   SSRマーカーによるモモの品種識別と親子鑑定

2003年度   モモのグラフ遺伝子型データベースの構築その1 SSRマーカーによるグラフ遺伝子型の解析

2003年度   鱗翅目害虫に対し実用化が期待される天敵微生物

2003年度   昆虫病原性線虫剤を用いたモモのコスカシバ防除

2003年度   ニホンナシ「幸水」における基準化剪定法

2003年度   モモ樹の樹体栄養診断法

2003年度   果樹園用防霜資材の燃焼法に関する研究

2003年度   2003年の異常気象下におけるモモ生育の特徴

2003年度   ドウガネブイブイによるモモの果実被害と防除対策

2003年度   晩霜害によるブドウ「巨峰」の被害様相と技術対策

2003年度   SSRマーカーによるモモの品種識別と親子鑑定その2育成品種・系統の解析

2003年度   リンゴ園における養水分動態

2008年度   水圧を利用したモモの摘らいは発芽期頃か開花直前~ 開花期頃が適期

2008年度   7月上中旬に収穫できる食味良好なモモ白肉新品種「はつひめ」

2007年度   糖度13%、収量4tを実現するナシ新品種「涼豊」の着果管理法

2006年度   オウトウにおける平棚栽培の実用性

2006年度   SSR遺伝子型によるモモの果実形質の判別分析

2006年度   改良型複合交信かく乱剤コンフューザーMMを利用したモモ害虫防除

2005年度   モモ樹の貯蔵養分簡易診断法の開発

2004年度   着色良好で甘酸適和な食味の中生のリンゴ新品種「緋のあづま」

2003年度   晩霜害によるブドウ「巨峰」の新梢及び花穂の被害様相と事後対策技術

2002年度   モモ園における土壌養水分動態から見た各種地表面管理法の特徴

2002年度   改良型複合交信攪乱剤を用いたリンゴ主要害虫の防除

2000年度   オウトウと同時期に熟すモモ極早生品種「モモ福島4号、5号」

2000年度   複合交信攪乱剤によるナシ害虫の防除

1999年度   モモ園における浸水・冠水樹の被害程度

1999年度   天敵保護を考慮した防除体系によるナミハダニの密度抑制

1998年度   メピコートクロリド液剤処理によるブドウウィルスフリー「巨峰」の結実安定

1998年度   複合交信攪乱法によるモモ害虫同時防除

1998年度   着色良好な早生モモの新品種「ふくえくぼ」

1997年度   モモ園における草生栽培の果実品質向上に対する効果

1997年度   ニホンナシ「豊水」の短果枝短期養成せん定法

1996年度   複合交信撹乱剤によるリンゴ主要害虫の防除法

1995年度   性フェロモントラップを利用したモモハモグリガの発生時期の予察法

1995年度   草生リンゴ園における窒素の適量施肥による果実品質の向上

1995年度   福島県果樹試験場育成リンゴ新品種「ほおずり」

1995年度   カキクダアザミウマの発生生態および防除法

1995年度   草生リンゴ園における窒素の適量施肥による土壌悪化の軽減

1994年度   日本ナシ輪紋病菌に対する果実の感受性の変動と発病

1994年度   やませ地帯の日本ナシ「幸水」予備枝養成法

1993年度   オウトウショウジョウバエの寄主植物

1993年度   西洋ナシ「ラ・フランス」の予冷・追熟条件が果実品質に及ぼす影響

1993年度   中間台木利用による'高田梅'の寒凍害防止対策

1993年度   秋基肥方式によるわい性台リンゴ樹の果実品質向上

1992年度   収穫後の貯蔵温度がニホンナシ輪紋病の発病に及ぼす影響

1992年度   ニホンナシ「幸水」の剪定指標と基準化

1992年度   ニホンナシ「幸水」の生産力と中間台木の効果

1991年度   セイヨウナシ粗皮病検定用クローンの育成

1991年度   モモの中密植栽培のための主幹形仕立て法

1991年度   カキ形状異常発生とその発生要因

1991年度   交信撹乱法によるモモハモグリガの防除効果

1990年度   ナシの新病害・ヒポキシロン幹腐病の発生

1990年度   リンゴ“ふじ”の裂果発生要因と対策

1990年度   モモ灰星病防除におけるスピードスプレーヤー散布法の改善

1989年度   温度変換日数法による落葉果樹の発芽、開花予測

1989年度   ナシ果面に対する薬剤散布の影響

1989年度   福島県に侵入したカキクダアザミウマの発生実態と防除法

1989年度   脱渋用資材利用によるカキ‘会津身不知’の汚損果発生防止

この記事は