国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構

所属機関名 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
部局名 動物衛生研究部門
連絡先(電話番号) 029-838-7713
305-0856
所在都道府県名 茨城県つくば市観音台3-1-5
URL http://www.naro.affrc.go.jp/niah-neo/

関連情報

2006年度   危機管理のための家畜伝染病発生地図表示システム

2006年度   簡便で高感度なフタトゲチマダニの小型ピロプラズマ原虫保有率検査法

2006年度   人獣共通感染症を媒介する蚊分類データベースの構築

2006年度   ブタの非外科的胚移植カテーテル

2006年度   ウシ末梢神経におけるBSEプリオンの蓄積時期

2006年度   バイオインフォマティックスにより開発された鳥型結核菌の分子疫学的手法

2006年度   組換え型ブタリゾチームの大量生産法

2006年度   リアルタイムPCRによるヨーネ病遺伝子診断法

2006年度   わが国における豚の離乳後多臓器性発育不良症候群の特徴と診断

2002年度   主要研究成果(科学・参考): 牛胎児の腸管リンパ組織における抗原提示細胞の形態的および機能的特性

2002年度   主要研究成果(技術・参考): 組換えVspA蛋白を用いたマイコプラズマ・ボビス感染症の防除

2002年度   主要研究成果(行政・参考): 日本で分離された口蹄疫ウイルスO/JPN/2000株の動物に対する病原性

2002年度   主要研究成果(科学・参考): in situ hybridizationによるウマヘルペスウイルス1型遺伝子検出法の確立

2002年度   B群ロタウイルス抗体検出法の開発とその利用

2002年度   主要研究成果(科学・参考): 初代培養肝細胞を用いたダイオキシン型毒性物質のバイオアッセイ法

2002年度   主要研究成果(技術・参考): 効果の高い組換え伝染性ファブリキウス嚢病ワクチンの開発

2002年度   主要研究成果(科学・参考): 小型ピロプラズマ病の貧血発生時には赤血球への自己抗体付着と酸化が起こる

2002年度   主要研究成果(技術・参考): 異常プリオン蛋白質をに分解する新規酵素

2002年度   主要研究成果(行政・参考): 口蹄疫ウイルスに対する市販消毒薬の効果判定

2002年度   主要研究成果(科学・参考): Streptococcus suis溶血素遺伝子領域が水平伝播した証拠

2002年度   カイコを宿主とした豚インターロイキン18の大量生産系の開発

2002年度   主要研究成果(科学・参考): 牛ブドウ球菌性潜在性乳房炎に対するrboGM-CSFの治癒効果

2002年度   我が国初発の牛海綿状脳症(BSE)牛の脳の病変分布および異常プリオン蛋白質の蓄積分布

2002年度   主要研究成果(科学・参考): 乾乳開始時における組換えウシインターロイキン-8の乳槽内投与が乳タンパク質組成および体細胞数に及ぼす影響

2002年度   主要研究成果(技術・参考): 粗飼料の給与は牛の腸管出血性大腸菌O157の排菌を抑制する

2002年度   主要研究成果(行政・参考): 日本で分離されたニューカッスル病ウイルスの分子疫学的解析

2002年度   主要研究成果(科学・参考): 体細胞クローン牛の流・死産および早期死亡例の病理学的検討

2002年度   主要研究成果(科学・参考): フタル酸エステルが牛の卵巣顆粒層細胞および卵子に及ぼす影響

2002年度   山羊関節炎・脳脊髄炎の病理組織学的診断指標

2002年度   主要研究成果(科学・参考): 豚リンパ組織におけるサイトカイン遺伝子の発現

2002年度   主要研究成果(技術・参考): 高生物活性を有する組換え馬インターフェロンγの作製

2002年度   主要研究成果(行政・参考): 全国の牛放牧場の衛生実態調査(2000年)

2002年度   主要研究成果(科学・参考): 北海道全域から分離した牛乳房炎由来Staphylococcus aureusの毒素遺伝子および発現毒素

2002年度   主要研究成果(行政・参考): ヨーネ病診断用抗原製造用候補菌株の作出と免疫学的及び遺伝学的解析

2002年度   主要研究成果(科学・参考): 昆虫細胞には哺乳動物と同様の糖鎖合成系が存在する

2002年度   ネオスポラの免疫組織化学的診断の高度化

2001年度   Cryptosporidiosis in Japan: Overview of serveillance on livestock cryptosporidiosis and vaccine trials using recombinant vaccinia virus

2001年度   豚インターロイキン18に対するモノクローナル抗体の作出とその利用

2001年度   Expression of recombinant bovine lactoferrin and its N-lobe in insect cells

2001年度   Effect of mono-(2-ethlhexyl) phthalate on bovine oocyte maturation in vitro

2001年度   Effects of thiamine deficiency and fursulthiamine treatment on polymorphonuclear leukocyte function in cattle and sheep

2001年度   クリプトスポリジウムオオシストは畜糞堆肥処理で消毒できる

2001年度   ウイルスベクターに挿入するIBDV遺伝子の検討

2001年度   下痢を発症した哺乳豚におけるC群ロタウイルスの検出とVP7遺伝子の解析

2001年度   複合感染の実態とその対策

2001年度   口蹄疫ウイルス日本分離株(O/JPN/2000)を実験感染させた牛と豚の病理組織学的変化

2001年度   動物のプリオン病

2001年度   PCR-RFLPによるパラポックスウイルスの分類

2001年度   PMWSについて

2001年度   産業動物の皮膚・可視粘膜疾患の病理

2001年度   Induction of the acute phase protein secretion from primary     swine hepatocytes by recombinant swine IL-6s.

2001年度   光る脳

2001年度   牛肝細胞からのApoE分泌に対する脂肪酸の影響

2001年度   Histopathological observatiaons of the placentas of calves cloned from somatic cells.

2001年度   バキュロウイルス発現系を用いた組換えウマインタ-フェロンγの作製

2001年度   牛RSウイルス抗原の免疫組織化学的検出のための条件検討

2001年度   Leucocytozoon原虫の18S rRNA遺伝子による分子系統学的分類

2001年度   体細胞クローン牛胎盤の電子顕微鏡的観察

2001年度   PCR法による豚赤血球凝集性脳脊髄炎(HEV)ウイルスの検出

2001年度   牛におけるPapillomatous digital dermatitisと腸管スピロヘータの関連

2001年度   高速液体クロマトグラフィーによる牛血液中アレアンドリンの高感度分析法

2001年度   経鼻接種試験によるSalmonella Choleraesuisのラットに対する病原性

2001年度   動物のプリオン病

2001年度   牛のNocardia spによる血中好酸球増加を伴う鼻好酸球性肉芽腫

2001年度   Pathogenicity of a Japanese isolate of Foot-and-Mouth disease virus, strain O/JPN/200, to susceptible animals

2001年度   Campylobacter fetusの遺伝子型別

2001年度   口蹄疫ウイルス日本分離株O/JPN/2000の病原性

2001年度   エンドファイト中毒の発現機序

2001年度   マダニ抗菌ペプチドのクローニングと発現

2001年度   Effect of 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) on CYP1A gene expression and ethoxyresorufin-O-deethylase (EROD) activity in primary cultured adult chicken hepatocytes.

2001年度   海外伝染病研究と危機管理への貢献

2001年度   肥育素牛で発生したMycoplasma bovisによる中耳炎

2001年度   粘膜上皮細胞における豚インターロイキン-18の発現

2001年度   牛ヘルペスウイルス4型は牛神経組織で持続感染する

2001年度   ウシ結核菌のVNTR型別

2001年度   殺虫性タンパクCry1Abがウシ初代培養肝細胞に与える影響

2001年度   クマタカにおける筋胃線虫症

2001年度   牛脳手術台の開発

2001年度   豚回虫幼虫における40kDa抗原の分子性状

2001年度   VP2抗原を大量に発現するヘルペスウイルスベクターは伝染性ファブリキウス嚢病を完全に阻止

2001年度   種々の鶏疾病とマスト細胞の関連性

2001年度   Streptococcus suisにおけるsly遺伝子の水平伝播の可能性について

2001年度   Streptococcus suis株間での制限修飾遺伝子の水平伝播の可能性

2001年度   複数のイムノグロブリンドメインを有する豚回虫37kDa抗原の分子性状

2001年度   Hydropericardium syndrome with pancreatic necrosis and gizzard erosion in broiler chickens.

2001年度   Streptococcus suisゲノムへの制限修飾遺伝子組み込みのin vitroでの再現

2001年度   Production and utilization of pig cytokines using baculovirus-insect expression systems

2001年度   抗原を大量発現するヘルペスウイルスベクターによる高いワクチン効果の長期間持続

2001年度   平成12年度国内における家畜由来細菌の抗菌剤感受性調査ー大腸菌及び志賀毒素産生大腸菌

2001年度   菌体蛋白型の異なる豚由来毒素非産生性Pasteurella multocidaの子豚への感染試験

2001年度   乳牛の輸送ストレス負荷による乳汁体細胞数の増加とその成因:白血球機能を中心として

2001年度   論文: 豚コレラウイルスのウイルス学的多様性

2001年度   発育後隔離飼育による離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)のコントロール

2001年度   ニホンカモシカにおけるパラポックスウイルス感染症

2001年度   ネズミマラリア原虫Plasmodium yoeliiオーキネート表面抗原タンパク質Pys25と粘膜アジュバンド、コレラトキシン(CT)の混合ワクチン経鼻投与による伝播阻止免疫の誘導に関する研究

2001年度   主要研究成果(参考): 豚丹毒・豚マイコプラズマ肺炎に対する組換え多価ワクチンの開発

2001年度   主要研究成果(参考): さとうきび抽出物(SCE)のニワトリにおけるEimeria tenellaオーシスト感染の防御効果

2001年度   ウシ乳房炎の早期診断に関する化学発光法の有用性の検討

2001年度   化学的組成の明らかな培地で培養したブタ笂からの産子の作出

2001年度   家畜由来株における腸管出血性大腸菌O157志賀毒素2バリアントの検索

2001年度   主要研究成果(参考): 組換え豚回虫14kDa抗原の経鼻免疫による豚回虫感染防御

2001年度   カニクイザル末梢リンパ球におけるプリオン分子の発現

2001年度   ウシ潜在性乳房炎に対する組換えGM-CSFの治癒効果

2001年度   生産現場におけるPGF2a反復投与を用いた発情同期化と繁殖成績

2001年度   マダニの抗酸化酵素ペルオキシレドキシンの分子性状

2001年度   主要研究成果(参考): 日本で分離されたeaton Virusの性状解析

2001年度   Molecular typing of Mannheimia (Pasteurella) haemolytica serotype A1 isolate from bovine in Japan

2001年度   豚の離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)の診断法の確立とわが国におけるPMWSの浸潤状況

2001年度   Production of recombinant bovine lactoferrin N-lobe in Vicia faba (Faba bean)

2001年度   Studies on the stillbirth of calves cloned by nuclear transfer from somatic cells. 3.Electron microscopical observations on the placentomes.

2001年度   Sensitivity of bovine and porcine cells to Shiga toxin (Stx)2

2001年度   鶏貧血ウイルス強毒および弱毒クローンの実験感染鶏の病理学的変化

2001年度   植物におけるウシラクトフェリンの発現

2001年度   Anaplasma centraleの16S rRNA geneのcitrate synthase gene解析による系統分類学的位置付け

2001年度   ウイルスと消毒

2001年度   乳牛及び肉牛の放牧場の全国実態調査(中間報告)

2001年度   Mycoplasma hyopneumoniae の P97 アドヘジンの一部を菌体表面に発現する多価ワクチン豚丹毒菌 YS-19 株の豚マイコプラズマ肺炎に対するワクチン効果

2001年度   Effect of amino acid residue 394 of VP1 for pathogenicity of CAV

2001年度   マイクロプレートを用いたgenomic library の迅速スクリーニング法の確立とニホンウズラ・インターフェロンa遺伝子の分離

2001年度   Culture of pig zygotes in a chemically defined medium

2001年度   内視鏡による黒毛和種雌牛の子宮内の観察

2001年度   口蹄疫ウイルス日本分離株(FMDV O/JPN/2000)の全塩基配列の決定

2001年度   トリサイクリンDI遺伝子の構造解析と細胞における発現

2001年度   Streptococcus suis NCTC10234株に見られた5つのsortase-like遺伝子について

2001年度   豚における組換え豚GM-CSFと中空リポソームのアジュバント効果

2001年度   6-hydroxydopanine (6OHDA)がニワトリのリンパ球の幼若化反応に及ぼす影響

2001年度   キャピラリー電気泳動による植物中シュウ酸および硝酸イオンの同時定量法

2001年度   DNA mediated immunization using the nucleoprotein gene of porcine transmissible gastroenteritis virus (TGEV)

2001年度   縦列反復配列を用いたウシ結核菌の型別

2001年度   牛用生ウイルスワクチンに迷入する活性牛ウイルス性下痢ウイルスの迅速検出法:(-)鎖ウイルスRNAを標的とするRT-PCRの応用

2001年度   殺虫性タンパクCry1Ab:昆虫細胞への作用機序と動物細胞への影響

2001年度   ワークショップ「21世紀をリードするテクノロジー」はじめに

2001年度   豚水胞病ウイルスベクターを用いた口蹄疫多価ワクチンへのアプローチ

2001年度   遺伝子導入飼料作物を用いた新しい家畜疾病予防法の開発-コレラ毒素の粘膜免疫増強効果

2001年度   Haemaphysalis longicornisのキチナーゼ遺伝子のクローニングと発現

2001年度   Identification of CYP1A1 gene expression and ethoxyresorufin-O-deethylatse (EROD) activity by 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-DIOXIN(TCDD) in primary cultured bovine hepatocytes

2001年度   ジャガイモ(Sollanum tubersosum)におけるウシラクトフェリンNローブの発現

2001年度   我が国初発の牛海綿状脳症例(BSE)に関する神経病理学的解析

2001年度   モノクローナル抗体によるヨーネ菌の抗原分析

2001年度   牛海綿状脳症発生の経緯と対策

2001年度   ヨーネ菌のMPIL型別法の改良

2001年度   離乳後隔離飼育による離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)のコントロール

2001年度   鶏の急性致死性ウイルス感染症における肺の比較病理学

2001年度   脂肪肝に伴う牛肝臓の脂肪酸酸化関連因子の変化

2001年度   ウマ由来Salmonella Typhimuriumの性状、毒力、および免疫原性

2001年度   豚水胞病ウイルスの病原性に関連するウイルス蛋白2AのCap及びIRES依存性蛋白合成に及ぼす影響

2001年度   ウシ白血病ウイルス(BLV)およびウシ免疫不全様ウイルス(BIV)実験感染牛の末梢血単核球におけるウイルス遺伝子の発現

2001年度   カイコ/バキュロウイルス遺伝子発現系による組換えブタIL-2の大量生産

2001年度   VNTR型別法を使ったウシ結核菌の分子疫学的研究

2001年度   伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス抗原を大量発現するヘルペスウイルスベクターによる高いワクチン効果の長期間持続

2001年度   Problem of Surveillance

2001年度   Streptococcus suis細胞壁蛋白の表層提示に必要な遺伝子の同定

2001年度   Preparation of trial standard porcine GM-CSF with a recombinant protein produced by baculovirus gene expression system.

2001年度   体細胞クローン牛の繁殖性

2001年度   異常プリオン蛋白質(PrPSc)の糖鎖修飾と種間バリアー

2001年度   バキュロウイルス-昆虫細胞発現系を用いたシアル化糖鎖を有するウシインターフェロン-τの発現

2001年度   抗プリオン蛋白質モノクローナル抗体の作出

2001年度   発現蛋白を利用したB群ロタウイルス抗体検出法の開発

2001年度   子牛呼吸器感染症原因菌検索のための経皮穿刺による気管内培養材料採取の検討

2001年度   豚丹毒菌YS-1株の多価ワクチンベクターへの応用

2001年度   Characterization of phagocytic hemocytes in Ornithodoros moubata

2001年度   主要研究成果(参考): マウス白血病ウイルス受容体の発現分布

2001年度   論文: 全ての口蹄疫感染が検出できる血清診断法の開発

2001年度   TNFα遺伝子欠損マウスに由来するミクログリア細胞株の樹立

2001年度   フタル酸モノ?2?エチルヘキシルが牛卵子成熟過程に及ぼす影響

2001年度   弱毒化豚丹毒菌YS-1株をワクチンベクターとした豚マイコプラズマ性肺炎ワクチンの開発

2001年度   主要研究成果(参考): 口蹄疫ウイルスO/JPN/2000の全塩基配列

2001年度   牛海綿状脳症(BSE)検査法の現状

2001年度   豚のインターロイキン18

2001年度   異なる血清型のStreptococcus suis株間に保存された制限修飾遺伝子について

2001年度   乳牛のストレス負荷が乳汁体細胞数に及ぼす影響:白血球機能を中心として

2001年度   主要研究成果(参考): マウスゲノムに潜むレトロウイルス遺伝子の構造と機能

2001年度   子牛およびめん羊のチアミン欠乏症、特に大脳皮質壊死症に関する臨床病理学的研究

2001年度   遺伝子合成法の比較

2001年度   ニホンカモシカに蔓延しているパラポックスウイルスの同定

2001年度   Non-group A rotaviruses in Japanese pigs

2001年度   Streptococcussuis遺伝子ノックアウト用温度感受性ベクターの構築

2001年度   Post-weaning multisystemic wasting syndrome(PMWS) in pigs in Japan:epidemiological investigations of porcine circovirus type2 infection and PMWS, and a field trial for control of PMWS.

2001年度   家畜中毒診断のためのオレアンドリン,グラヤノトキシンおよび可溶性シュウ酸の分析法

2001年度   Genetic heterogeneity among parapoxviruses

2001年度   近年の国際重要伝染病の発生動向

2001年度   Identification of a genetic determinant of pathogenicity in chicken anaemia virus.

2001年度   伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス感染鶏におけるType1及びType2インターフェロン遺伝子の発現と臓器分布

2001年度   Effect of Benzo-a-Pyrene on avian species(Japanese quail) host defence function

2001年度   M-CSFあるいはGM-CSFで誘導されたウシのマクロファージの性状の比較

2001年度   免疫抑制剤処理鶏における封入体肝炎由来アデノウイルスによる心膜水腫症候群の再現

2001年度   第3脳室内カテーテル設置手術後の成牛の頭蓋内圧と脳脊髄液性状の変化

2001年度   Streptococcus suis野外株に見られたクロラムフェニコール耐性遺伝子について

2001年度   小型ピロプラズマ病の貧血機構における酸化ストレスの関与について

2001年度   日本の獣医師の国際協力の現状とその役割

2001年度   Ramdom Amplificationj DNA Fingerprinting による牛乳房炎主要原因菌種同定法の検討

2001年度   熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)2-Cys型ペルオキシレドキシンの性状解析

2001年度   牛由来Salmonella TyphimuriumのFluorescent Amplified-Fragment Length Polymorphism(FAFLP)によるタイピング

2001年度   Immunostimulating effects of the polyphenol-rich fraction of sugar cane extract (SCE) in chickens

2001年度   放牧牛における血液化学発光能と急性期蛋白の推移

2001年度   カイコ/ハイブリッドバキュロウイルス系を用いたブタIL-2大量調製の試み

2001年度   カイコを用いた豚活性型インターロイキン18(IL-18)の大量発現

2001年度   ウシ乳房炎早期診断のための乳汁化学発光の簡便測定法の検討

2001年度   人回虫及び豚回虫の種特異蛋白質及び抗原の同定

2001年度   Mucosal immunoadjuvant activity of the low toxic recombinant Escherichia coli heat-labile enterotoxin produced by Bacillus brevis for the bacterial subunit or component vaccine in pigs and cattle

2001年度   イバラキウイルス変異株の遺伝子解析

2001年度   Growth promoting and adjuvant effects of sugar cane extract (SCE) inchickens

2001年度   Suppression of proinflammatory cytokine production from swine macrophages by recombinant swine IL-4s.

2001年度   ウシ白血病ウイルスエンベロープタンパク質の簡便な検出法

2001年度   豚コレラ抗体検出ELISAキットの開発

2001年度   PMWS豚および健康豚から検出された豚サーコウイルス2型ゲノムの塩基配列

2001年度   牛のネオスポラ感染に関する危険因子の解析

2001年度   Salmonella Typhimurium DT104の薬剤耐性

2001年度   乳牛のストレス負荷が乳汁体細胞数に及ぼす影響:白血球機能を中心として

2001年度   牛体細胞核移植由来産子の血液成分第四報:牛体細胞核移植雄牛の後代産子の血液成分

2001年度   ブタ初乳中の酸性ミルクオリゴ糖の構造と毒素原性大腸菌に対する阻害活性エピトープ

2001年度   牛の腸管出血性大腸菌O157の排菌と飼料の関連

2001年度   バキュロウイルス-昆虫細胞発現系を用いたシアル化糖鎖を有する遺伝子組換えタンパク質の発現

2001年度   BSE発生農場のシュミレーションモデルの確立とその応用

2001年度   豚回虫グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼの分子性状

2001年度   Pathogenicity of FMDV O/JPN/2000 to susceptible animals

2001年度   豚レンサ球菌用温度感受性ベクターの作製とsly遺伝子の破壊

2001年度   Effect of 6-hydoxydopanime on chicken lymphocytes

2001年度   モノクローナル抗体6H10の解析:PrPSc特異的抗体の可能性

2001年度   我が国における牛海綿状脳症(BSE)の初発生例について

2001年度   ブタインターロイキン12受容体β2サブユニット(IL-12Rβ2)遺伝子のクローニング

2001年度   ソラマメ(Vicia fava)を宿主とする植物ウイルス系を用いたウシラクトフェリンNローブの発現

2001年度   Fluorescent Amplified-Fragment Length Polymorphism (FAFLP)を用いた牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝子型別

2001年度   グループ■トリアデノウイルス血清型1による筋胃びらん野外例および実験的筋胃びらん

2001年度   ウシ初代培養肝細胞での組換えウシサイトカインのハプトグロビン産生作用

2001年度   牛胎子の腸管関連リンパ系組織(GALT)におけるサイトカイン産生および抗原提示細胞の特性について

2001年度   種々培養細胞株の持つウシ白血病ウイルス粒子結合能と産生能

2001年度   ブロイラー鶏の腹水症とトリ白血病ウイルスによる腹水症の比較病理学

2001年度   ウズラMHC(Coja)クラスIIB発現遺伝子と抗体産生に関する解析

2001年度   Streptococcus suis細胞壁結合蛋白質の菌表層提示に必要な遺伝子について

2001年度   主要研究成果(参考): 乳房炎での末梢血好中球機能低下は好中球の加齢が関係している

2001年度   論文: 化学発光法によるブドウ球菌性ウシ潜在性乳房炎の早期診断の検討

2001年度   牛群における牛ヘルペスウイルス2型の浸潤状況調査

2001年度   雌豚における黄体退行誘起のためのPGF2α連続投与期間の検討

2001年度   豚回虫14kDa抗原の分子性状及びマウスにおける組換え14kDa抗原の経鼻免疫による豚回虫感染防御試験

2001年度   主要研究成果(参考): 乳牛公共牧場のダニの汚染と小型ピロプラズマ病の疫学解析

2001年度   主要研究成果(参考): 動物体内と環境中における腸管出血性大腸菌O26:H11の遺伝子型変遷

2001年度   ウシおよびニワトリ初代培養肝細胞における2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) によるCYP1A遺伝子の発現とethoxyresorufin-O-deethylase (EROD)活性の変動

2001年度   Some aspects on the ecology of EHEC O157 in farm animals.

2001年度   Streptococcus suis細胞壁結合蛋白の遺伝子クローニングと構造解析

2001年度   主要研究成果(参考): Streptococcus suis細胞壁結合蛋白質の表層提示に関与する遺伝子の同定

2001年度   牛海綿状脳症と家畜衛生(診断と生産現場の診断体制)

2001年度   精製PrPSc画分と特異的に反応するmAb6H10の解析

2001年度   ウシ乳房炎の未病早期診断に関する化学発光法の有用性の検討

2001年度   熱帯熱マラリア原虫(Plasmodium falciparum)2-Cys型ペルオキシレドキシンの性状解析

2001年度   インチミン遺伝子は牛由来腸管出血性大腸菌のスクリーニングに有用

2001年度   Calf pneumonia produced combined infection with bovine herpesvirus 1 and Pasteurella haemolytica

2001年度   ネオスポーラのELISAによる抗体検出法の開発

2001年度   Expression of IL-18 in pig airway and intestinal epithelium.

2001年度   Protein AG ELISA for detecting antibodies against Neospora caninum

2001年度   Porcine IL-18 and its converting enzyme : cloning, expression, and their roles in inflammation.

2001年度   発育不良豚由来日本脳炎ウイルス株による非化膿性髄膜脳炎の再現

2001年度   Ornithodoros moubata飽血若ダニにおけるフェノールオキダーゼ(PO)活性

2001年度   制限修飾系SsuDAT1Iの特異な遺伝子構造とその株間での保存

2001年度   乳牛の輸送ストレス負荷による乳成分及び乳蛋白成分の変化とその成因

2001年度   Protective effects of sugar cane extract (SCE) on Eimeria tenella oocystsinfection in chickens

2001年度   牛の呼吸器病:野外におけるPasteurella haemolytica感染症の実態

2001年度   豚回虫14kDa抗原の分子性状及びマウスを用いた感染防御試験

2001年度   遺伝子組換え植物を用いた経口免疫法の寄生虫感染症への応用

2001年度   ブロイラー鶏の膵臓壊死と筋胃びらんを伴う心膜水腫症候群の病理

2001年度   南米ウルグァイのダチョウ(ニャンドウ)の飼育について

2001年度   離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)について

2001年度   豚インターロイキン18レセプターα鎖のクローニングと発現解析

2001年度   ウシおよびニワトリの初代培養肝細胞における2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD)によるCYP1A遺伝子の発現と ethoxyresorufin-O-deethylase (EROD)活性の変動

2001年度   牛アポリポ蛋白質Eのリポ蛋白内分布に対する泌乳の影響

2001年度   Preparation of trial standard porcine GM-CSF with a recombinant protein produced by baculovirus gene expression system

2001年度   ビーグル犬心臓の発達・成熟過程に関する形態計測学的検索

2001年度   ライチョウにおける腎臓のシュウ酸塩沈着を伴った糸球体腎症

2001年度   鶏寄生虫病の最近の話題

2001年度   ウマヘルペスウイルス1型核酸のIn situ hybridization法による検出のための条件検討:培養細胞での検討

2001年度   馬ロタウイルスのVP7とVP4の抗原決定基の検索

2001年度   豚の発育にともなうリンパ組織でのサイトカインmRNA発現の変動

2001年度   スクレイピー感染動物における正常プリオン蛋白質(PrPC)の動態と発病機構

2001年度   ニューカッスル病ウイルス国内分離株の分子系統解析

2001年度   乳汁化学発光法によるS.aureus乳房炎の早期診断の検討

2001年度   Porcine reproductive and respiratory syndrome virus、 Porcine circovirus、Mycoplasma hyorhinis及びPneumocystis cariniiの豚肺に対する影響

2001年度   鹿児島県における牛舎で採集されたヌカカの季節消長

2001年度   ELISAによる豚丹毒に対する豚の感染防御抗体の測定

2001年度   組換えウシインターフェロン-タウの子宮内への連続投与が黄体機能に及ぼす影響

2001年度   南九州におけるヌカカの活動状況

2001年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000株の緬羊および山羊に対する病原性

2001年度   Recent FMD experience in Japan

2001年度   縦列反復配列を用いた鳥結核菌の型別

2001年度   牛ヨーネ病の不顕性感染期における病変型性とサイトカイン遺伝子発現について

2001年度   牛白血病ウイルスenv遺伝子と抗体価との関係

2001年度   国内分離ニューカッスル病ウイルスの分子疫学

2001年度   生ワクチンに迷入する活性豚サーコウイルス検出法の確立

2001年度   Salmonella serovar Abortusequi(SA)の遺伝子型とゲノムサイズ

2001年度   鶏の複合感染症の実態と対策

2001年度   海外伝染病の病理解剖の現状について:プリオン病と口蹄疫

2001年度   体細胞クローン牛流・死産子の内分泌器官および胎盤の病理学的検討

2001年度   Norwalk-like virusのキャプシド蛋白質、抗Norwalk-like virus抗体遺伝子をそれぞれ発現する組み換え植物の作出

2001年度   牛におけるパラポックスウイルスの持続感染

2001年度   ブタ由来レンサ球菌におけるsortaseホモログ蛋白の遺伝子解析

2001年度   Streptococcus suis用温度感受性suicide vectorの作製とその応用について

2001年度   家畜伝染病の防疫とシュミレーションモデル

2001年度   Phylogenic relationship of Leucocytozoon caulleryi of chickens to other hemoprotozoa and apicomplex parasites based on small subunit ribosomal RNA genes

2001年度   口蹄疫ウイルスに対する市販消毒薬の効果

2001年度   Physiological functions of sugar cane extracts II Growth promotion, immunopotentiation,and anti-coccidial effects in chickens

2001年度   細菌毒素研究の最先端と獣医学領域における臨床応用:家畜用粘膜アジュバントとしての大腸菌易熱性腸管毒素の有用性

2001年度   主要研究成果(参考): 大腸菌とGM-CSFの投与に伴う新生子牛の下痢発生と好中球化学発光能の変化

2001年度   論文: 動物のプリオン病

2001年度   Colony Hybridization法により牛糞便から分離されたSTECにおけるeae遺伝子保有と、intiminの型別

2001年度   豚の発情周期の制御における課題

2001年度   豚回虫グリセルアルデヒド3リン酸デヒドロゲナーゼの分子性状

2001年度   主要研究成果(参考): フロルフェニコール耐性を指標としたSalmonella Typhimurium DT104の簡易スクリーニング法

2001年度   主要研究成果(参考): 免疫磁気ビーズを用いた RT-PCRによる牛コロナウイルスとロタウイルスの検出

2001年度   バキュロウイルス遺伝子発現系のための無血清培地による昆虫細胞大量培養法の検討

2001年度   ブタの黄体開花期におけるPGF2a類縁体投与後の血液中プロジェステロン濃度の推移

2001年度   Streptococcus suis sly保有株及び非保有株の当該遺伝子領域の比較

2001年度   主要研究成果(参考): 制限修飾系SsuDAT1Iの菌種内での水平伝播と進化による多様化

2001年度   家畜用ヘルペスウイルスベクターの開発

2001年度   The foot and mouth disease of cattle occurred in Japon 2000, breaked out after 92 years absence.

2001年度   PGF2α投与量と発情周期の短縮効果

2001年度   豚回虫(Ascaris suum)の幼虫抗原の同定とその性状

2000年度   牛の消化管免疫(総説)

2000年度   飼料給与によるウシのカビ中毒発生事例とその症状

2000年度   ウシ乳房炎早期診断のための乳汁中化学発光測定法の検討

2000年度   Lipoproteins as the acute-phase reactants in calf pneumonia

2000年度   Induction of hydropericardium in one-day-old specific-pathogen-free chicks by adenoviruses from inclusion body hepatitis.

2000年度   牛肝細胞におけるトリグリセリド蓄積がアポリポタンパク質B分泌に与える影響

2000年度   ウイルス病診断の基本的手法(診断キットの応用等)

2000年度   牛の口蹄疫

2000年度   Characterization of a bovine herpesvirus type 4 isolated from the spinal cord of a cow with astasia.

2000年度   細菌,ウイルス等の遺伝子診断の利用価値

2000年度   Streptococcus suis-Escherichia coli shuttle vectorの作製

2000年度   ウシ由来c-kitタンパク質に対するモノクローナル抗体とそれを用いた細胞分離法

2000年度   豚胸膜肺炎

2000年度   Effects of interferons on cortisol production in bovine adrenal fasciculata cells stimulated by adrenocorticotropin.

2000年度   ル-メン環境の変化と牛の病態 特に濃厚飼料給与の場合

2000年度   Human endothelial cells augment early CD40 ligand expression in activated CD4+ T cells through LFA-3-mediated stabilization of mRNA

2000年度   Isolation and characterisation of fetal bovine brain cells in primary culture

2000年度   Genetic and biochemical properties of a hemolysin (pyolysin) produced by a swine isolate of Arcanobacterium (Actinomyces) pyogenes.

2000年度   Expression of receptor for ecotropic murine leukemia virus on hematopoietic cells

2000年度   実験動物代替法を用いた組換え体の安全性評価手法の開発

2000年度   化学発光による乳房炎早期診断とサイトカインによる乳房炎治療

2000年度   PGF2α反復投与による豚の黄体退行過程における黄体の組織学的変化

2000年度   牛小型ピロプラズマ病の貧血時における赤血球酸化は白血球由来の活性酸素が関与?

2000年度   ウシの発情期中における第三脳室内脳脊髄液中GnRHの動態

2000年度   Serological survey of parapoxvirus infection in wild ruminants in Japan in 1996-9

2000年度   Cross reaction of recombinant equine infectious anemia virus antigen to heterologous strains and application for serological survey among horses in the field.

2000年度   Streptococcus suis細胞壁関連蛋白の2次元電気泳動解析と遺伝子単離

2000年度   ネオスポーラ感染判別方法

2000年度   Genetic Relationships between CD-1 Stocks of Mice as Assessed by Mandibular Analysis

2000年度   Changes in macrophage and lymphocyte subpopulations of lymphoid tissues from pigs infected with the porcine reproductive and respiratory syndrome virus (PRRSV)

2000年度   豚の疥癬と豚のシラミ

2000年度   豚ロタウイルス病

2000年度   WASP-PH/WH1ドメインを過剰発現するトランスジェニックマウスにおけるT細胞の機能解析

2000年度   呼吸器病

2000年度   Enhanced phagocytic activity of neutrophils caused by administration of egg white derivatives (EWD) in cats injected with cyclophosphamide (CPA)

2000年度   生産段階における腸管出血性大腸菌O157:H7の生態と保菌抑制対策

2000年度   貪食細胞の化学発光にもとづくウシ乳房炎の早期診断法の開発

2000年度   Reduced serum lecithin:cholesterol acyltransferase activity and cholesteryl ester concentration in calves experimentally inoculated with Pasteurella haemolytica and bovine herpes virus-1.

2000年度   離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)の臨床病理学的検討

2000年度   LPS乳房内投与直後に見られたウシ末梢血好中球のTUNEL陽性細胞の増加と活性酸素産生能低下の成因

2000年度   豚コロナウイルス性下痢の迅速鑑別診断法

2000年度   Genetic determinants of virulence in swine vesicular disease virus

2000年度   マウスを利用したネオスポラシストの効率的な収集法の検討

2000年度   Significans of fecal volatile fatty acids in shedding of Escherichia coli O157 from calves: Experimental infection and preliminary use of a probiotic product

2000年度   プリオン遺伝子(Prnp)欠損マウスを用いた抗プリオン蛋白質(PrP)特異抗体の作製

2000年度   Characterization of antibodies raised against bovine-PrP-peptides

2000年度   豚のサルモネラ肺炎

2000年度   Induction of apoptosis in swine primary cultured hepatocytes by galactosamine and TNF

2000年度   牛の呼吸器免疫

2000年度   BIOLOGICAL FUNCTION OF RECOMBINANT BOVINE INTERLEUKIN 6 EXPRESSED IN A BACUROVIRUS SYSTEM.

2000年度   牛赤血球置換SCIDマウスを用いた小型ピロプラズマ原虫感染実験モデルの開発

2000年度   野生エゾシカにおける腸管スピロヘータの体内分布

2000年度   Immunohistochemical study of Pneumocystis carinii infection in pigs

2000年度   浮腫病の最新状況

2000年度   Reduced formation of granulomata in gamma-delta T cell knockout BALB/c mice inoculated with Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis

2000年度   プリオンペプチド106-126によってラット下垂体細胞株GH3に誘導される細胞死の検討

2000年度   An unusual haemolymphoid mass in the retroperitoneum of a dairy cow

2000年度   人工遺伝子の新しい合成法

2000年度   Porcine interleukin-18: cloning, characterization of the cDNA and expression with the baculovirus system.

2000年度   Removal of hydrogen peroxidase by a 1-cysteine peroxiredoxin enzyme of the filarial parasite Dirofilaria immitisl

2000年度   PRDCとマイコプラズマ

2000年度   Detection of bovine enteric calicivirus in dairrheal feces of calves in Japan

2000年度   Reduction in serum lecithin:cholesterol acyltransferase activity prior to the occurrence of ketosis and milk fever in cows.

2000年度   Genetic reclassification of porcine enteroviruses

2000年度   牛の細菌感染と免疫

2000年度   Gastroenteritis associated with Helicobacter-like organisms and rotavirus in a reindeer (Rangifer tarandus)

2000年度   豚のリンパ腫,酵素組織化学的および免疫組織化学的検討

2000年度   合成エストロジェンおよび農薬のマウスの生殖器・免疫器官に対する影響

2000年度   日本に発生した口蹄疫の特徴と防疫の問題点

2000年度   家畜の肝臓由来細胞の初代培養とその応用

2000年度   暑熱ストレスと胃運動

2000年度   Effect of intramammary infusion of tumor necrosis factor-α on milk protein composition and induction of acute-phase protein in the lactating cow

2000年度   A questionnaire-based national survey of bovine theileriosis in Japan

2000年度   Molecular cloning of enzymatically active peroxiredoxin from the human malaria parasite Plasmodium falciparum

2000年度   豚丹毒菌の組換えサブユニットワクチン

2000年度   Production of recombinant bovine lactoferrin N-lobe in insect cells and its antimicrobial activity

2000年度   Decreased concentration of serum apolipoprotein C-III in cows with fatty liver,ketosis, left displacement of the abomasum, milk fever and retained placenta.

2000年度   子牛下痢便からのウシカリシ様ウイルス遺伝子の検出

2000年度   牛のサイトカイン

2000年度   輸入粗飼料による反芻家畜の疾病とその予防

2000年度   (-)鎖ウイルスRNAを標的とするRT-PCRによる2本鎖ペスチウイルスの迅速検出法

2000年度   An immunohistochemical and ultrastructural study of thymic lymphoma in a steer

2000年度   実験感染牛から経時的に分離されたEHEC O157:H7の遺伝子型解析

2000年度   Pneumonia induced by endobronchial inoculation of calves with bovine herpesvirus 1

2000年度   放牧牛における血液化学発光能と急性期蛋白の推移

2000年度   大腸菌由来Lipopolysaccharideの乳房内注入後に見られた末梢血でのアポトーシス好中球の増加の成因

2000年度   監視伝染病

2000年度   Cloning and chromosomal assignment of the porcine interleukin-2 receptor alpha gene

2000年度   家畜用次世代ワクチンの開発の現状:鶏ウイルスベクターワクチンを中心に

2000年度   グレーサー病とマイコプラズマ・ハイオライニスによる多発性漿膜炎・関節炎

2000年度   Retrospective study of porcine circovirus 2 infection in Japan: Seven cases in 1989

2000年度   離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)発生農場におけるブタサーコウイルス2型抗体価の推移

2000年度   経口免疫寛容破綻におけるグラム陰性菌膜成分による自然免疫活性化の役割

2000年度   Cytokines related to the swine vesicular disease virus infection in swine immune cell lines.

2000年度   生菌製剤投与による腸管出血性大腸菌O157保菌牛の排菌阻止

2000年度   牛ヘルペスウイルス1による肺炎病変

2000年度   Congenital defects of cattle caused by arbovirus infection in Japan

2000年度   ウイルス迅速診断のためのPolymerase chain reaction (PCR)法の概要および注意点

2000年度   The possibility of a synthetic peptide as a vaccine candidate for Theileria sergenti infections.

2000年度   Recombinant cytokine preparations by baculovirus expression systems

2000年度   Streptococcus suisのdamメチラーゼと制限酵素について

2000年度   次世代ワクチン特にDNAワクチン開発へのサイトカイン研究の貢献性

2000年度   Isolation of Campylobacter sputorum from lesions of papillomatous digital dermatitis in dairy cattle

2000年度   Recombinant bovine IFN gamma, produced by baculovirus, has strong immune-modulating activity with side effects.

2000年度   Molecular typing of pasteurella haemolytica serotype 1 by pulsed-field gel electrophoresis and random amplified polymorphic DNA

2000年度   鶏貧血ウイルス病原性関連遺伝子の同定

2000年度   TNFa欠損マウスのMycobacterium avium subsp. paratuberculosis感染におけるサイトカインの動態

2000年度   The effect of bovine interferon gamma on cattle with persistent lymphocytosis induced by bovine leukemia virus (BLV)

2000年度   Oxidation of Bovine Erythrocytes Infected with Theileria sergenti

2000年度   牛ヘルペス2型(BHV2)遺伝子検出のためのPCR法の検討

2000年度   乳酸菌でO157排出阻止-牛に投与し効果確認

2000年度   Expression of recombinant NS5B protein of pestivirus and identification of RNA-dependent RNA polymerase activity

2000年度   牛から分離された多剤耐性Salmonella Typhimurium DT104について

2000年度   放射線照射によるウイルスの不活化とガンマー線の牛胎児血清に対する影響

2000年度   Susceptibility of bovine naked 2-and 4 cell embryos and hatched blastocysts produced in vitro to infection with noncytopathogenic bovine viral diarrhea virus

2000年度   Production of monoclonal antibodies to porcine interleukin-18 and its application to the immunoaffinity purification of recombinant porcine interleukin-18

2000年度   Molecular characterization of a peroxiredoxin from the swine roundworm Ascaris suum

2000年度   Construction of eukaryotic vectors for the in vivo production of porcine interleukin-8 and its antagonist.

2000年度   Prions prevent neuronal cell-line death

2000年度   Strong and long-lasting protective immunity against very virulent infectous bursal disease virus induced by dual viral vecor systems

2000年度   牛,鹿,羊における悪性カタル熱ウイルスの感染様式の解明

2000年度   血中ハプトグロビンによる牛呼吸器病早期診断法の検討

2000年度   Dissecting Aortic Aneurism in a Hourse.

2000年度   Phenotypic and functional characterization of bovine blood cells that express the Kit receptor

2000年度   Correlation between maternal serum antibodies and protection against bovine rotavirus diarrhea in calves

2000年度   野生ニホンカモシカのパラポックスウイルス感染症は2種類のウイルスが原因である。

2000年度   Identification and PCR-restriction fragment length polymorphism analysis of a variant of the Ibaraki vius from naturally infected cattle and aborted fetuses in Japan

2000年度   Molecular analysis of double-stranded RNA genome of a Palyam serogroup virus which caused congenital abnormalities of cattle:Phylogenic relationships to other Orbiviruses

2000年度   クリプトスポリジウム症

2000年度   National serological survey of bovine Neospora caninum infection in Japan

2000年度   アカバネ病の特徴と予防対策

2000年度   Anti-viral effect of recombinant bovine Interferon-gamma on bovine leukemia virus.

2000年度   豚回虫幼虫における表面蛋白質の性状

2000年度   Pathological and immunological findings of athymic nude and congenic wild type BALB/c mice experimentally infedcted with Neospora caninum. (

2000年度   パルスフィールドゲル電気泳動による腸管出血性大腸菌O157:H7の分子疫学的解析法

2000年度   Truncated surface protective antigen (SpaA) of Erysipelothrix rhusiopathiae serotype 1a elicits protection against challenge with serotypes 1a and 2b in pigs.

2000年度   Characteristics of Prion Protein (PrPSc) in the Brains of Hamsters Inoculated Serially with a Mouse-passaged Scrapie Strain

2000年度   ウマロタウイルスVP4血清型の解析

2000年度   HSP70.1遺伝子欠損マウスにおけるスクレイピ-の実験感染

2000年度   6-hydroxydopamine処置ニワトリのリンパ組織の免疫組織学的検索

2000年度   Effect of intra-udder injection of rBoGM-CSF on dairy cows suffering from S. aureus-induced mastitis

2000年度   Genetic analysis of Haemophilus somnus immunoglobulin binding proteins

2000年度   牛の異常産

2000年度   ウイルス検査法

2000年度   PCR法及びエライザ法を用いたアフリカ馬疫の診断法の検討

2000年度   Characterization and pathogenicity of a new variant of the Ibaraki virus

2000年度   Avian Nephritis Virus (ANV) as a New Member of the Family Astroviridae and Construction of Infectious ANV cDNA.

2000年度   Streptococcus suisの制限修飾遺伝子領域の構造について

2000年度   Mastitis Diagnosing Apparatus(米国へ出願)

2000年度   グレーサー病とマイコプラズマ・ハイオライニスによる多発性漿膜炎・関節炎

2000年度   Hepatic lesions in young rabbits experimentally infected with rabbit haemorrhagic disease virus

2000年度   病気対策の基礎

2000年度   腸管出血性大腸菌

2000年度   ウシSCFの定量的取扱い

2000年度   Development of a PCR test for rapid diagnosis of contagious equine metritis.

2000年度   Agonistic and antagonistic effects of zearalenone,an estrogenic mycotoxin, on skin,HHUA,and HEPG2 human cancer cell lines

2000年度   NC/Ngaマウスにおける抗原特異的IgE依存性アナフィラキシーの機序

2000年度   牛急性期反応蛋白(ハプトグロビン:Hp)の動態及び診断的評価

2000年度   α2作動薬による排卵抑制に対するGnRH製剤の治療効果

2000年度   牛小型ピロプラズマ病の貧血発現時における赤血球膜表面ホスファチジルセリンの動態

2000年度   酵母での蛋白質分泌におけるシグナル配列N末端領域改変の影響

2000年度   Detection and diagnosis of parapoxvirus by the polymerase chain reaction.

2000年度   Comparison of intertypic antigenicity of Aino virus isolates by dot immunobinding assay using neutralizing monoclonal antibodies

2000年度   Streptococcus suis-Escherichia coli shuttle vectorの作製とplasmid維持に対する宿主RecA蛋白質の影響

2000年度   ウシIL-6に対するモノクローナル抗体

2000年度   Asbestos exposure upregulates the adhesion of pleural leukocytes to pleural mesothelial cells via VCAM-1

2000年度   免疫組織化学染色によるアカバネ病の病理学的診断

2000年度   節足動物

2000年度   牛ウイルス性下痢ウイルスの垂直感染機構について

2000年度   WASPドミナントネガティブトランスジェニックマウスにおけるT細胞の機能解析

2000年度   牛乳房炎ワクチンの現状

2000年度   Immunostimulating effects of sugar cane extract (SCE) in chickens

2000年度   Salmonella Abortusequiは95kbの病原性プラスミドを保有する

2000年度   Cyclosporin A, but not bursectomy, abolishes the protective immunity of chickens against Leucocytozoon caulleryi

2000年度   濃厚飼料多給に伴う牛の内因性エンドトキシンの動態

2000年度   サーコウイルス2型と離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)の現状と問題点

2000年度   LPS乳房内投与直後に見られた末梢血TUNEL陽性好中球の増加と、その成因についての一考察

2000年度   Comparison with distribution of porcine reproductive and respiratory syndrome virus (PRRSV) and seroprevalence in herds using or not using vaccine

2000年度   Salmonella Typhimurium DT104とわが国の現状について

2000年度   Tonsil: The first target organ in natural sheep scrapie infection.

2000年度   Identification of surface proteins and antigens from larval stages of Ascaris suum by two-dimensional electrophoresis

2000年度   Lesions of bone and bone marrow in myeloid leukosis occurring naturally in adult broiler breeder.

2000年度   解明進むPRRSウイルス感染とその複合感染

2000年度   ピロプラズマ病

2000年度   豚呼吸器型コロナウイルス病

2000年度   Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis with multi-PCR products

2000年度   Adhesion molecule and chemokines in granulomas by Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis in TNFα deficient mice.

2000年度   飼料のカビ毒の概略,中毒の診断・治療法について

2000年度   ウシ乳房炎の早期診断に関する化学発光能の有用性の検討

2000年度   Decreased apolipoprotein C-III concentration in the high-density lipoprotein fraction from calves inoculated with Pasteurella haemolytica and bovine herpes virus-1

2000年度   Flow cytometry to evaluate Theileria sergenti parasitemia using the fluorescent nucleic acid stain, SYTO16

2000年度   Comparative pathology of heart and liver lesions of broiler chickens that died of ascites, heart failure.

2000年度   Estimation of the effectiveness of Kanamycin and probiotics in an infant rabbit model of infection with enterohemorrhagic Escherichia coli.

2000年度   Asbestos exposure induces MCP-1 secretion by pleural mesothelial cells

2000年度   Swine hepatocyte apoptosis induced by galactosamine and tumor necrosis factor in vitro.

2000年度   フタル酸モノ-2-エチルヘキシルが牛顆粒層細胞のステロイド産生に及ぼす影響

2000年度   口蹄疫のPCR診断及び日本分離株(O/JPN/2000)の遺伝子解析

2000年度   無血清培地による大量培養の確立

2000年度   Molecular cloning and characterization of a peroxiredoxin from the human malaria parasite Plasmodium falciparum

2000年度   衛生管理

2000年度   Association of porcine circovirus type 2 with respiratory disease in swine herd with porcine reproductive and respiratory syndrome.

2000年度   Increased serum concentration of apolipoprotein C-III and its greater distribution to chylomicrons than to the high-density lipoprotein fraction in a calf with hyperlipidemia.

2000年度   同居感染試験によるSalmonella Choleraesuisの豚に対する病原性

2000年度   牛伝染性角結膜炎

2000年度   反芻獣のスピロヘータ症に関する最新情報-Papillomatous digital dermatitisと腸管スピロヘータ症の調査結果-

2000年度   豚のリンパ腫,組織学的特徴と分類

2000年度   Expression of Kit, the receptor for stem cell factor, in bovine peripheral blood

2000年度   我が国に発生した口蹄疫の特徴と防疫の問題点

2000年度   牛腸管内における腸管出血性大腸菌O26:H11の遺伝子型変異

2000年度   腟内留置型プロジェステロン投与製剤による豚の発情同期化の試み

2000年度   Gonadotropin-releasing hormone in third ventricular cerebrospinal fluid of the heifer during the estrous cycle

2000年度   牛・馬の骨中の放射性下降物を半世紀近く測定

2000年度   Haemaphysalis longicornis p27/30の局在部位とマダニの生物学的性状に及ぼす影響

2000年度   弱毒鶏貧血ウイルス

2000年度   ソラマメを宿主とする植物ウイルス系における組換えラクトフェリンNローブの作製

2000年度   Reduction in serum lecithin:cholesterol acyltransferase activity in natural cases of pneumonia in calves.

2000年度   RT-PCR法によるウシカリシ様ウイルスの検出

2000年度   Contamination by persistent organochlorines and butyltin compounds in the west coast of Sri Lanka

2000年度   日本短角種牛における小型ピロプラズマ原虫感染試験

2000年度   豚コレラの撲滅と今後の対策

2000年度   Hemangiopericytoma in two calves

2000年度   UJNR有毒微生物専門部会第34回日米合同部会、細菌に関する科学会議報告

2000年度   Brain lesions and transmission of experimental equine herpesvirus type 9 in pigs

2000年度   濃厚飼料多給に伴う牛の第一胃・第四胃運動の変化

2000年度   ルーメンアシドーシスが牛の繁殖機能に及ぼす影響について

2000年度   A questionnaire-based survey of bovine thileriosis in Japan.

2000年度   バキュロウイルス遺伝子発現系におけるウシインターフェロン-τの糖鎖構造の改変

2000年度   マイコプラズマ・ハイオニューモニエ抗原を発現する豚丹毒菌および該菌による免疫化方法

2000年度   ウイルスベクターを用いた家畜用次世代ワクチンの開発

2000年度   豚の衛生管理の基本と豚コレラを予防するための管理ポイント

2000年度   プリオン蛋白質を見る

2000年度   Prevalence and characteristics of shiga toxin-producing Escherichia coli from healthy cattle in Japan

2000年度   Activation of innate immunity via Toll-like Receptor (TLR)/MyD88 is dispensable for the development of intestinal immunity.

2000年度   The experimental transmission of Theileria orientalis sergenti by Haemaphysalis longicornis tick in Bo-RBC-SCID mouse model

2000年度   Evidence of porcine circovirus infection in pigs with wasting disease syndrome from 1985 to 1999 in Hokkaido, Japan

2000年度   Malignant histiocytosis in cattle

2000年度   HIGHLY EFFICIENT EXPRESSION OF PORCINE IL-2 BY HYBRID BACULOVIRUS IN SILKWORM

2000年度   Streptococcus suisの制限修飾系について

2000年度   組換え大腸菌毒素の豚に対する粘膜アジュバント活性

2000年度   Detection of porcine circovirus from lesions of a pig with wasting disease in Japan

2000年度   母牛、初乳および子牛の腸管出血性大腸菌O157、O26、O111抗体価とSTEC保有

2000年度   Identification of pathogenicity related gene of chicken anemia virus

2000年度   牛の免疫システムの概説

2000年度   牛白血病ウイルス(BLV)感染リンパ球増多症牛に対する牛インターフェロンγの作用

2000年度   牛小型ピロプラズマ病における赤血球酸化の亢進

2000年度   Use of protein AG in an enzyme-linked immunosorbent assay for screening for antibodies against parapoxvirus in wild animals in Japan.

2000年度   生菌製剤投与による大腸菌O157実験感染牛の排菌阻止

2000年度   化学合成した口蹄疫ウイルス部分ペプチドを用いた特異抗体検出法の検討(第5報)

2000年度   Salmonella Typhimurium DT104 from livestock in Japan

2000年度   Inflammatory cytokine profiles of calves and lambs with strongyloidosis.

2000年度   Replication ability in vitro and in vivo of equine infectious anemia virus avirulent Japanese strain.

2000年度   Molecular cloning of porcine interleukin-1 β converting enzyme and differen

2000年度   Molecular characterization of thioredoxin peroxidase from the swine roundworm Ascaris suum

2000年度   豚インターロイキン18(IL-18)遺伝子のクローニングとその組換えタンパク質の発現

2000年度   Sequence determination and phylogenetic analysis of RNA-dependent RNA polymerase (RdRp) of porcine enterovirus 1 (PEV-1) Talfan strain.

2000年度   Effect of Pasteurella multocida capsule on the expressions of cytokine mRNAs in porcine tracheal epithelial cells

2000年度   Natural transmission patterns of ovine herpesvirus 2 in sheep

2000年度   ウシ血清中ハプトグロビンの簡易測定法

2000年度   牛の消化管免疫

2000年度   ウシ末梢血におけるKitレセプターの発現

2000年度   蛍光標識アネキシンVを用いた牛小型ピロプラズマ病発病時における赤血球膜の変化

2000年度   Simple preparation of parapoxvirus genome DNA for endonuclease analysis.

2000年度   牛ウイルスに対する卵胞上皮細胞、卵管上皮細胞の感受性

2000年度   Genetic determinants of virulence in swine vesicular disease virus

2000年度   クリプトスポリジウムに関する最近の研究

2000年度   特別指定疾病調査「放牧乳用育成牛経済損失実態調査」結果3(各種要因と疾病及び生産性との関係)

2000年度   複数PCR産物を持ったヨ-ネ菌

2000年度   The effect of African swine fever virus on porcine B-cells: Enhanced IL-10 production is involved on increased Ig secretion and IgA isotype class switching

2000年度   Eimeria tenellaスポロゾイト表面蛋白質の性状

2000年度   Generation of bioactive molecules by posttranslational cleavage of recombinant porcine interleukin-12 fusion protein

2000年度   Clonal turnover of enterohemorrhagic Escherichia coli 157:H7 in experimentally infected cattle

2000年度   Bacillus brevisで生産した豚丹毒菌46.5kPAのサブユニットワクチンとしての有効性

2000年度   心膜水腫症候群由来トリアデノウイルスの解析

2000年度   イバラキウイルス日本分離株のRNA第3分節の遺伝子構造解析

2000年度   マウス細胞に対するウシSCFの効果

2000年度   ニワトリ免疫系の初期発生に及ぼす6-hydroxydopamineの影響

2000年度   黄色ブドウ球菌由来乳房炎に対するrBoGM-CSFの治癒効果の検討

2000年度   Immunological characterization of the major outer membrane protein of Haemophilus somnus.

2000年度   アイノウイルス実験感染妊娠牛娩出異常産子牛の病理学的検索

2000年度   Susceptibility of swine vesicular disease virus (SVDV) in swine immune cell line.

2000年度   Experimental infection of calves with Echirichia coli O157

2000年度   監視伝染病

2000年度   宮崎県に発生したアカバネ病の病理学的検索

2000年度   鹿児島県で発生した豚伝染性胃腸炎

2000年度   Rhodococcus equi病原性プラスミドpREAT701の全DNA塩基配列の決定

2000年度   Streptococcus suis-Escherichia coliシャトルベクターの作製と性状解析

2000年度   乳房炎診断装置

2000年度   豚の衛生管理の基本と豚コレラを予防するための管理ポイント

2000年度   Involvement of Apoptosis in the Endotoxemic Lesions of the Liver and Kidneys of Piglets.

2000年度   注意を要する輸入乾草類  慢性硝酸塩中毒の原因を探る

2000年度   Swine as a potential reservoir of Shiga toxin-producing Escherichia coli O157:H7 in Japan

2000年度   高ドーズ経口免疫寛容における抗体産生の能動的抑制について:パイエル板由来アナジー様T細胞株の免疫抑制機能

2000年度   A small cryptic plasmid from Ruminobacter amylophilus NIAH-3 possesses functional mobilization properties.

2000年度   肝蛭症

2000年度   Histamine induced, antigen specific, IgE mediated anaphylaxis in NC/Nga mouse

2000年度   子牛出生後の白血球化学発光能の低下に及ぼすrBoGM-CSF投与の影響

2000年度   Effects of activin A and follistatin on developmental kinetics of bovine embryos: cinematographic analysis in a chemically defined medium

2000年度   病理標本検討会(七戸研究施設-1999)における事例

2000年度   MOLECULAR DESIGN OF SIGNAL SEQUENCE FOR EFFECTIVE SECRETION OF CYTOKINE

2000年度   ニホンカモシカ由来のパラポックスウイルスの羊への感染性

2000年度   牛の異常産

2000年度   Streptococcus suisの制限修飾系SsuI遺伝子とその周辺領域の全塩基配列

2000年度   大動物用手術台設備

2000年度   畜産環境材料からのListeria monocytogenes分離と分子疫学的解析法

2000年度   子牛およびめん羊における実験的チアミン欠乏症,特に大脳皮質壊死症の病態生理学的検討

2000年度   Antigen of Fasciola sp. in the exogenous stages.

2000年度   ウイルス検査法

2000年度   Quantitative trait loci that modify the sootiness of yellow pigmentation in KK-Ay/a mice.

2000年度   A novel protein of Erysipelothrix rhusiopathiae that confers haemolytic activity on Escherichia coli

2000年度   6-hydroxydopamine処置ニワトリのリンパ組織におけるアドレナリンレセプタ-の発現

2000年度   Salmonella Abortusequi strains of equine origin harbor a 95kb plasmid responsible for virulence in mice

2000年度   化学発光によるウシ乳房炎の早期診断法の開発

2000年度   ルーメン細菌の分子生態研究の現状

2000年度   ASSOCIATION OF PORCINE CIRCOVIRUS TYPE 2 WITH RESPIRATORY DISEASE IN A SWINE HERD WITH PORCINE REPRODUCTIVE AND RESPIRATORY SYNDROME

2000年度   Effect of recombinant bovine M-CSF on the development of bovine embryos cultured in vitro

2000年度   Isolation of porcine epidemic diarrhea virus in porcine cell cultures and experimental infection of pigs of different ages

2000年度   Salmonella Typhimurium DT104 from livestock in Japan

2000年度   Conversion of PrPC to PrPSc in vivo monitored by conformation specific antibodies.

2000年度   豚回虫幼虫抗原の同定とその性状

2000年度   Induction of hydropericardium in one-day-old specific-pathogen-free chicks by adenoviruses from inclusion body hepatitis.

2000年度   養豚場におけるサルモネラ低減対策

2000年度   DNA polymorphism of srRNA gene among Eimeria tenella strains isolated in Japan.

2000年度   豚腸管型カリシウイルス病

2000年度   子羊における羊ヘルペスウイルス-2の伝播様式

2000年度   Expression of Kit, the receptor for stem cell factor, in bovine

2000年度   Ryegrass staggers in Japan induced by consumption of ryegrass straw imported from America.

2000年度   化学発光によるウシ乳房炎の早期・迅速診断

2000年度   Detection of annexins I and IV in bronchoalveolar lavage fluids from calves inoculated with bovine herpes virus-1

2000年度   膜浸透性DNA蛍光色素SYTO-16を用いたフローサイトメトリーによるパマキン耐性小型ピロプラズマ原虫の検出

2000年度   流死産または死亡した体細胞クローン牛の病理組織学的検索

2000年度   ウイルス検査法

2000年度   アフリカ馬疫の診断法に関する試験II.実験感染馬からの抗体検出

2000年度   イバラキウイルス変異株の神経系に対する病原性

2000年度   Rhodococcus equi ATCC33701株と103株の病原プラスミドのDNA塩基配列と比較

2000年度   体細胞クローン雄牛の繁殖性・後代産子の生産

2000年度   国内で発生した口蹄疫の症状とその診断およびウイルス分離について

2000年度   Efficient production of Biologically active porcine interleukin-18 by co-expression with porcine caspase-1 using a baculovirus expression syste

2000年度   Cloning and preliminary characterization of a novel cuticular antigen from the filarial parasite Dirofilaria immitis

2000年度   マウスのトリパノソーマ感染抵抗性におけるTNFαの役割

2000年度   Adhesion molecule and chemokines in granulomas by Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis in TNF deficient mice

2000年度   ウイルス性下痢症

2000年度   豚由来Pasteurella multocida のSDS-PAGEによる菌体蛋白型別

2000年度   Apoptosis in the lymphatic organs of piglets inoculated with classical swine fever virus

2000年度   Porcine circovirus induces B lymphocyte depletion in pigs with wasting disease syndrome

2000年度   豚のリンパ腫,検出状況と解剖学的分類

2000年度   ウシKit+造血前駆体細胞に対するSCFとG-CSFの協働作用

2000年度   銅中毒発症牛の肝細胞傷害機序における活性窒素種の関与について

2000年度   実験感染牛における腸管出血性大腸菌O26:H11の経時的遺伝子型解析

2000年度   周産期の牛脂肪肝とリポタンパク質代謝

2000年度   組換えCAGバキュロウイルスと組換え豚サイトカインの共同接種による抗オーエスキー病ウイルスgB抗体の誘導

2000年度   Production of biologically active recombinant bovine interferon-γ by two different baculovirus gene expression systems using insect cells and silkworm larvae.

2000年度   フタトゲチマダニ(Haemaphysalis longicornis)の抗酸化酵素、ペルオキシレドキシンの分子性状

2000年度   肺炎・呼吸器病の予防対策

2000年度   昆虫細胞系における組換えウシラクトフェリンNローブの作製

2000年度   In addition to the high-density lipoprotein fraction, apolipoprotein C-III is detected in chylomicrons and the very low-density lipoprotein fraction from serum of normolipidemic cows.

2000年度   牛の呼吸器病

2000年度   Toxic assessment of PCBs by the 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin equivalent in common cormont (Phalacrocorax carbo) from Japan

2000年度   輸入飼料による家畜疾病の発生をめぐる諸問題

2000年度   (-)鎖ウイルスRNAを標的とするRT-PCRによる活性ペスチウイルスの迅速検出法の実用性の検討

2000年度   非細胞病原性牛ウイルス性下痢ウイルスに対する牛初期胚の感受性

2000年度   ウシBLVR (AP-3 d サブユニット) の局在とBLV感受性に及ぼす影響

2000年度   呼吸器病(パスツレラ症、マイコプラズマ肺炎)

2000年度   Rumen bacterial community transition during adaptation to high-grain diet.

2000年度   媒精後5日目からの培地への血清添加がウシ胚の胞胚腔形成と孵化に及ぼす影響

2000年度   A continuous education course of veterinary epidemiology for regional veterinarian in Japan.

2000年度   In vivo expression of porcine interleukin-8 and its antagonist by intramuscular injection of plasmid DNA and electroporation.

2000年度   バベシア・オバタに特異的な塩基配列とそれを利用したバベシア・オバタの検出方法

2000年度   効果の高い遺伝子組換えワクチンの可能性

2000年度   日和見感染症の多発とその対策

2000年度   Characteristics of prion protein (PrPSc) in the brains of hamsters inoculated serially with a mouse-passaged scrapie strain

2000年度   Pathogenicity of bovine non-O157 shiga toxin-producing E. coli to human

2000年度   Role for activation of innate immunity by microbial components in oral tolerance.

2000年度   アンモニア過剰処理牧草給与乳牛から得られた牛乳の哺乳豚への影響

2000年度   Bovine intestinal spirochaetosis with dysentery

2000年度   Classical swine fever : the global situation

2000年度   Genetic variability in enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 of cattle.

2000年度   Genetic Relationships between CD-1 Stocks of Mice in Uruguay

2000年度   Agonistic and antagonistic effects of zearalenone, an estrogenic mycotoxin, on SKN, HHUA and HepG2 human cancer cell lines

2000年度   Enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 実験感染牛における排菌状況と抗体応答

2000年度   Genetic control of the sooty yellow pigmentation in KK-Ay/a mice

2000年度   牛の免疫シリーズにあたって

2000年度   化学発光によるウシ乳房炎の早期診断法の開発

2000年度   DETCTION OF PORCINE CIRCOVIRUS TYPE 2 IN JAPAN AND EXPERIMENTAL INOCULATION OF POSTWEANING PIGS WITH THE VIRUS

2000年度   Isolation of parapoxvirus from a cow treated with interferon gamma

2000年度   大腸菌O157:生菌製剤投与で排菌阻止効果

2000年度   Genetic heterogeneity of porcine and ruminant pestiviruses mainly isolated in Japan

2000年度   SCIDマウスを用いたT. sergenti のマダニ媒介性の検討

2000年度   家畜骨中90Sr濃度の調査(1987-1996)

2000年度   Sequence analysis of the gene encoding VP4 of a bovine group C rotavirus: molecular evidence for a new P genotype

2000年度   Effects of recombinant bovine granuloclyte-macrophage colony-stimulating factor on bovine peripheral blood neutrophil functions in vitro and in vivo

2000年度   Cloning and characterrization of the gene encoding O-acetylserine lyase from Streptococcus suis.

2000年度   豚可溶性TNFレセプターのバキュロウイルス系での発現

2000年度   Genetic analysis of porcine enteroviruses (ブタエンテロウイルスの遺伝学的解析)

2000年度   The effect of bovine Interferon-γ on cattle with persistent lymphocytosis induced

2000年度   パルスフィールド電気泳動法とRAPD

2000年度   牛の呼吸器病

2000年度   Modulation of TNFa and Nitric Oxide Production by macrophage and Uterine Protein Expression in Chronic Sex Steroid Treated Mice.

2000年度   Expression and function of Kit in bovine hematopoietic progenitor cells

2000年度   実験的小型ピロプラズマ発病牛における単核球サイトカインmRNA発現と臨床成績

2000年度   Survey on antibody against parapoxvirus among cattle in Japan.

2000年度   乳酸菌製剤を使ってO157保菌牛の排菌抑制に成功

2000年度   Susceptibility of swine vesicular disease virus on swine lymphocyte cell lines.

2000年度   クリプトスポリジウムキャリア豚の公衆衛生学的意義

2000年度   特別指定疾病調査「放牧乳用育成牛経済損失実態調査」結果2(経済的評価)

2000年度   ヨーネ病

2000年度   Porcine interleukin-18 and its converting enzyme -cloning, characterization and biological activity.

2000年度   Enzyme-linked immunosorbent assay for detection of antbody to Leucocytozoon sabrazesi.

2000年度   Production of biologically active, heterodimeric porcine interleukin-12 using a monocistronic baculoviral expression system

2000年度   The shift of genetic subtypes of Escherichia coli O157:H7 isolates from cattle

2000年度   2種類の組換えワクチンの併用による防御免疫の誘導とその持続

2000年度   鶏病ウイルスに対するLMH細胞の感受性

2000年度   子牛の肺炎病変と急性期反応物質との関連性の検討

2000年度   The inhibitory effect of interferon gamma and tumor necrosis factor alpha on intracellular multiplication of Neospora caninum in primary bovine brain cells

2000年度   Effects of the lipopolysaccharide-protein complex and crude capsular antigens of Pasteurella multocida serotype A fractions on antibody responses and delayed type hypersensitivity response in the chic

2000年度   乳牛の黄色ブドウ球菌性乳房炎に対するサイトカイン治療の試み

2000年度   チアミン欠乏がめん羊の多形核白血球機能に及ぼす影響

2000年度   アカバネウイルスの生後感染と考えられた子牛の非化膿性脳炎に関する病理組織学的検討

2000年度   Expression of Pseudorabies virus glycoprotein B using CAG baculovirus in mammalian cells

2000年度   肉専用種牛農場におけるウシロタウイルスの存続

2000年度   Seroprevalence of Neospora caninum in daily cattle in Japan

2000年度   牛流行熱

2000年度   臨床症状

2000年度   Cyclosporin A, but not bursectomy, abolished the protective immunity of chickens against Leucocytozoon caulleryi

2000年度   Culturing Neospora caninum in primary bovine brain cells and the inhibitory effect of interferon gamma and tumor necrosis factors on intracellular multiplication of tachyzoites

2000年度   Sterptococcus suisにおけるplasmid複製に必要なRepBの新たなモチーフについて

2000年度   増加傾向を阻止したいヨーネ病とその対策

2000年度   Expression of porcine endogenous retrovirus in peripheral blood leukocytes from ten different breeds

2000年度   ブタ初代培養肝細胞に対するガラクトサミンとTNFによるアポトーシスの誘導

2000年度   最近問題となっている輸入粗飼料による家畜の中毒

2000年度   腸管出血性大腸菌O157:H7感染ウサギの胃病変

2000年度   Possible involvement of active suppression in high-dose oral tolerance: establishment of Th0-type regulatory CD4+ T cell clones from Peyer's patches.

2000年度   黒毛和種に発生した輸入ライグラスストローによるエンドファイト中毒症

2000年度   稲ワラの活用・肝蛭にご注意!

2000年度   エストラジオールがラットの成長および胸腺細胞の加齢性変化に及ぼす影響

2000年度   Lesions of bone and bone marrow in myeloid leukosis occurring in adult broiler breeders.

2000年度   脳内TNF-αによる牛の第四胃運動調節

2000年度   離乳後発育不良症候群(PMWS)発症豚における病態と病変の関連について

2000年度   RAPID CONSTRUCTION OF ARTIFICIAL GENE CODING EQUINE INTERFERON ALPHA-1 FROM SHORT DNA OLIGOMERS BY A NEW NETHOD

2000年度   羊におけるパラポックスウイルス感染症;自然感染材料を用いた羊への伝達実験

2000年度   1997年に鹿児島県で発生したイバラキ病と死流産胎子から分離されたウイルスの性状

2000年度   Streptococcus suis細胞壁結合蛋白の調整と解析

2000年度   弱毒鶏貧血ウイルス

2000年度   衛生管理

2000年度   子牛およびめん羊における実験的チアミン欠乏症,特に大脳皮質壊死症の病態生理学的検討

2000年度   エンドファイト中毒

2000年度   ウイルス検査法

2000年度   HSP70.1遺伝子欠損マウスにおける拘束ストレス条件下及びLPS投与後の血中コルチコステロン濃度について

2000年度   豚丹毒菌のヘモリジン遺伝子のクローニング

2000年度   Molecular Cloning of Bovine Corticotropin releasing factor receptor.

2000年度   血清硝酸イオン濃度の測定法

2000年度   潜在性乳房炎に対するrBoGM-CSFの反復投与の影響

2000年度   プロスタグランジンF2αの反復投与による発情誘起と繁殖成績

2000年度   Erythrocyte oxidation and H2O2 production of granulocytes in Theileria orientalis sergenti-infected cattle

2000年度   Changes in composition of milk proteins following intramammary infusion of recombinant bovine tumor necrosis factor-α

2000年度   豚伝染性胃腸炎と豚流行性下痢

2000年度   Mutations occurring during serial passage of Japanese equine infectious anemia virus in primary horse macrophages.

2000年度   ストレプトコッカス・スイス細胞壁関連蛋白質の調整と遺伝子クローニング

2000年度   家畜衛生試験場・平成11年度農林資産ジ-ンバンク事業微生物遺伝資源部門実績報告書

2000年度   疾病の防除技術

2000年度   病理標本検討会(七戸研究施設-1998)における事例

2000年度   Haemaphysalis longicornis のp27/30抗原の遺伝子クローニング及び発現

2000年度   豚アストロウイルス病

2000年度   Epidemiology of bovine mycoplasmal mastitis in Japan

2000年度   Modulation of TNFα and Nitric Oxide Production by macrophage and Uterine Protein

2000年度   病原体の除去と感染対策

2000年度   化学発光によるウシ乳房炎の早期診断法の開発

2000年度   Detection of annexin I and IV and haptoglobin in bronchoalveolar lavage fluid from calves experimentally inoculated with Pasteurella haemolytica

2000年度   ウシ好中球機能(食菌能)に過剰の鉄またはフェリチンが及ぼす影響の検討

2000年度   Studies on the stillbirth of calves cloned by nuclear trasnfer from somatic cells. 1. Histopathological observations.

2000年度   Properties of the Naturally Occurring Soluble Surface Glycoprotein of Ecotropic Murine Leukemia Virus: Binding Specificity and Possible Conformational Change after Binding to Receptor.

2000年度   アフリカ馬疫の診断法に関する試験1.実験感染馬の臨床・病理解剖及びウイルス学的所見

2000年度   牛のネオスポラ症

2000年度   ロドコッカス・エクイ病原性プラスミドpREAT701の全塩基配列

2000年度   制限修飾系SsuDAT1I遺伝子のStreptococcus suisゲノムへの水平伝播の証拠

2000年度   Immunodetection of abnormal isoform of prion protein.

2000年度   日和見感染症の多発とその対策

2000年度   Strong and long-lasting protectiveimmunity against very virulent infectious bursal disease virus induced by a dual viral vector approach

2000年度   胸膜肺炎

2000年度   Lesions of bone and bone marrow in myeloid leukosis occurring naturally in adult broiler breeders.

2000年度   離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)の現状

2000年度   Quantification of chicken anaemia virus by competitive polymerase chain reaction

2000年度   牛ピロプラズマ病の対策

2000年度   Intestinal Spirochetosis in Wild Sika Deer (Cervus Nippon Yesoensis) Infected with Brachyspira Species

2000年度   Pleomorphic rhabdomyosarcoma in a cow

2000年度   ウシKitレセプターに対するモノクローナル抗体の作製

2000年度   Molecular typing and epidemiological study of Salmonella enterica serotype Typhimurium isoaltes from cattle by fluorescent amplified-fragment length polymorphism fingerprinting and pulsed-field gel electrophoresis.

2000年度   乳酸菌Lactobacillus corniformis ロイテリン産生株のサイレージへの添加効果

2000年度   牛血中リポタンパク質の性状解析による疾病診断法の開発

2000年度   口蹄疫ウイルス中和エピトープ組換え豚水胞病キメラウイルスの免疫原性および安全性

2000年度   Molecular cloning of porcine Fas ligand and caspase-3 ; their relation with apoptosis of porcine PK-15 cells.

2000年度   Molecular characterization of a peroxiredoxin from the hard tick Haemaphysalis longicornis

2000年度   近年における畜産技術の進歩V家畜衛生技術

2000年度   Comparative immunohistopathology in pigs infected with highly virulent or less virulent strains of hog cholera virus

2000年度   Analysis by enzyme-linked immunosorbent assay and 2-dimensional electrophoresis of haptoglobin in the high-density lipoprotein fraction in cows.

2000年度   Detection and control of common mastitis organisms

2000年度   馬伝染性子宮炎PCR診断法の開発

2000年度   Characterization of chicken phospholipid hydroperoxide glutathione peroxidase

2000年度   (-)鎖ウイルスRNAを標的とするRT-PCRによる活性ペスチウイルスの迅速検出法の開発

2000年度   反芻動物におけるチアミン欠乏症、特に子牛およびめん羊の実験的大脳皮質壊死症に関する臨床病理学的研究

2000年度   Experimental transmission of sheep-associated malignant catarrhal fever from sheep to Japanese deer (Cervus nippon) and cattle

2000年度   ワクチン開発の動向

2000年度   乳牛の第四胃変位発生の要因

2000年度   Developmental changes in the protein and mRNA content of a p115/transcytosis-associated protein in the bovine mammary gland

2000年度   Clonal turnover of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 experimentally infected cattle.

2000年度   IS900検出PCRにおいて複数産物を持つ株におけるIS900遺伝子の重複

2000年度   改変型シグナルペプチドをコードするDNA

2000年度   Preferential infection of neuronal and astroglia cells by Akabane virus in primary cultures of fetal bovine brain.

2000年度   第3章 薬剤感受性試験

2000年度   Detection of bovine enteric caliciviruses in diarrheal feces of calves in Japan

2000年度   Prevalence and characterization of stx and eae positive Escherichia coli in reindeer (Rangifer tarandus) and Gulls (Larus ridibundus and L. argentitis)

2000年度   各種動物におけるマスト細胞の染色性と分布

2000年度   輸入粗飼料による反芻家畜の中毒,その原因と対策1

2000年度   牛の銅中毒における肝臓の線維化と銅含有量の関連について

2000年度   Myofibroblastic sarcoma of the pleura in a pig

2000年度   家畜の衛生管理、人と家畜に共通する病気

2000年度   Immunohistochemical characterization of calf pneumonia produced by the combined endobronchial administration of bovine herpesvirus 1 and Pasteurella haemolytica

2000年度   ウシIL-6のELISA法の確立

2000年度   Studies on the stillbirth of calves cloned by nuclear transfer from somatic cells. II. Observations on the endorine organs and the placentas

2000年度   アフリカ豚コレラウイルスp32及びp54の発現と診断への応用

2000年度   Mass-producution of porcine Interleukin-2 in Bombyx mori

2000年度   Immunological features of newly hatched chickens

2000年度   離乳豚におけるPMWS関連ブタサーコウイルスの実験感染

2000年度   An epidemic of parapoxvirus infection among cattle: Isolation and antibody survey.

2000年度   生菌製剤による腸管出血性大腸菌O157保菌牛の排菌阻止

2000年度   成牛呼吸器からのウシコロナウイルスの検出

2000年度   自家蛍光観察法による豚鞭虫含子虫卵の生死判定

2000年度   豚のウイルス性下痢

2000年度   Detection of bovine coronaviruses from adult cows with epizootic diarrhea and their antigenic and biological diversities

2000年度   GENERATION AND CHARACTERISATION OF PORCINE DENDRITIC CELLS

2000年度   Sequence analysis of a small cryptic plasmid isolated from Streptococcus suis serotype 2.

2000年度   Porcine interleukin-18 : cloning, characterization and expression of the recombinant protein with baculovirus system.

2000年度   ブタエンテロウイルス(PEV)の遺伝学的解析

2000年度   Biological function of recombinant bovine Interleukin-6 produced by a baculovirus

2000年度   Randam amplification of polymorphic DNA 法によるPasteurella haemolytica 血清型1型菌の遺伝子型別

2000年度   馬のサルモネラの鑑別診断法に関する基礎的研究

2000年度   Role of TNF-a and IL-6 in TNF-a knockout and wild-type mice infected with Mycobacterium paratuberculosis subsp paratuberculosis.

2000年度   ウシ骨髄細胞におけるKitレセプターの発現とその分布

2000年度   Oxidative Burst of Polymorhonuclear Leukocytes and Oxidation of Erythrocyte Membrane in Theileria sergenti-infected Calves

2000年度   牛ヘルペスウイルス4型分離株の解析

2000年度   生菌剤を用いてO157の排菌阻止

2000年度   The developement of a virus vector using swine vesicular disease virus

2000年度   牛のSalmonella Typhimurium DT104の保有状況について

2000年度   特別指定疾病調査「放牧乳用育成牛経済損失実態調査」結果1(基礎的な疫学指標)

2000年度   ヨ-ネ菌変異株における複数PCR産物のシークエンス

2000年度   Detection of porcine interleukin-18 by sandwich-ELISA and immunohistochemical staining using its monoclonal antibodies.

2000年度   Biotin labeled proteins of Eimeria tenella sporozoites

2000年度   バキュロウイルス遺伝子発現系におけるウシインターフェロンーτの糖鎖構造の改変

2000年度   Molecular typing of Escherichia coli 0157:H7(H-) isolates from cattle in Japan

2000年度   Dual-viral vector approach induced strong and long-lasting protective immunity against very virulent infectious bursal disease virus

2000年度   Isolation and characterization of fowl adenovirus from chickens with hydropericardium syndrome in Japan.

2000年度   牛血清中ハプトグロビンの簡易迅速測定法

2000年度   スギ花粉アレルゲンCryj-1および花粉脂溶性分画のマウスにおけるIgEの誘導

2000年度   Characterization of an avian (Gallus gallus domesticus) TCR alpha delta gene locus.

2000年度   実験感染肺炎牛での肺胞洗浄液キサンチンオキシダーゼ活性の変動

2000年度   Properties of the naturally occurring soluble surface glycoprotein of ecotropic murine leukemia virus: binding specificity and possible conformational change after binding to receptor.

2000年度   Craniofacial skeletal abnormalities in anomalous calves with clefts of face

2000年度   Induction of antibodies in mice by a recombinant baculovirus expressing pseudorabies virus glycoprotein B in mammalian cells.

2000年度   Characterization of P15 antigen of Cryptosporidium parvum expressed by a recombinant vaccinia virus.

2000年度   野外牛血清を用いたネオスポラ症プロテインAG-ELISAの有効性の検討

2000年度   アイノウイルス感染症

2000年度   豚流行性下痢

2000年度   Identidication of surface antigens from the swine roundworm Ascaris suum

2000年度   The inhibitory effect of interferon gamma and tumor necrosis factor alpha on intracellular multiplication of Neospora caninum in primary bovine brain cells

2000年度   家畜衛生試験場・平成10年度農林水産ジーンバンク事業微生物部門実績報告書

2000年度   Expression of the immunogenic VP6 protein of bovine group A rotavirus in the transgenic potato plants

2000年度   免疫組織化学的手法による豚コレラウイルス抗原の検出

2000年度   豚由来Pasteurella multocidaのSDS-PAGEによる菌体蛋白型別

2000年度   Genetic analysis of neonatal death with growth retardation in F1 male Dh/+ male

2000年度   Effect of chicken egg white derivatives (EWD), vitamin B2 (VB2) and sugar cane extract (SCE) on immune functions of periperal blood leukocytes in cattle and chickens

2018年度   牛パピローマウイルス2型感染が牛の筋線維芽細胞腫の原因となる

2018年度   ヨーロッパからベトナムへ越境性伝播した豚インフルエンザウイルス

2018年度   牛のアルボウイルス感染症の診断に役立つ「牛のアルボウイルス検査マニュアル」

2018年度   口蹄疫ウイルス感染豚におけるウイルスの局在部位

2018年度   セリンはカンピロバクターの栄養源として最も重要なアミノ酸である

2018年度   サルモネラ経口感染に対して有意に感染防御を誘導する抗原

2018年度   ニューカッスル病ウイルスの免疫組織化学的検出法

2018年度   豚デルタコロナウイルスは豚に下痢を引き起こす病原体の一つである

2018年度   タイの養豚場における豚インフルエンザウイルスの変遷

2018年度   豚丹毒菌の臨床上重要な血清型を同定できるマルチプレックスPCR法

2018年度   口蹄疫ウイルス感染動物とワクチン投与動物を識別できる市販キットの評価

2018年度   変異型スクレイピーであるCH1641型は牛海綿状脳症(BSE)の起源ではない

2018年度   豚丹毒菌血清型1および2型を規定する遺伝子領域

2018年度   牛用多機能腟内センサによるリアルタイム発情検知技術

2018年度   食餌中の蛋白質欠乏はヒトロタウイルス弱毒生ワクチンの効果を減弱する

2018年度   ネブライザにより霧状にしたA型インフルエンザウイルスの豚感染実験系

2018年度   ヒト由来H7N9亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスはニワトリとアヒルに対する病原性が異なる

2018年度   家畜中毒疾病診断データベース

2018年度   豚増殖性腸炎を引き起こしたローソニア菌の国内初となるゲノムドラフト解析

2018年度   農場周辺の水辺の存在は鳥インフルエンザ発生のリスクとなる

2018年度   牛病原細菌Histophilus somni野外分離株の遺伝的多様性と時間的変遷

2018年度   大腸菌性乳房炎における乳汁中大腸菌数は臨床症状を反映する

2018年度   複数の遺伝子分節を用いた鳥インフルエンザの地域内伝播解析法

2018年度   Salmonella Typhimuriumの遺伝的背景を判定するための新しい型別法

2018年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000弱毒株は豚に水疱病変を形成しない

2018年度   国内に分布するヌカカのアカバネウイルス感受性

2017年度   弱毒生ワクチンの接種は高病原性PRRS罹患豚の臨床症状を軽減させる

2017年度   新規鳥パラミクソウイルスベクターを用いた高病原性鳥インフルエンザワクチンの作出

2017年度   短期間の流行における口蹄疫ウイルスのゲノム変異動態を解明

2017年度   サルモネラが産生する毒素ArtA/ArtBはマウスに対して致死活性を示す

2017年度   近年の急性型豚丹毒の発生は遺伝学的に近縁な集団株が原因である

2017年度   体表温の変動から牛の発情を検知する

2017年度   口蹄疫ワクチンを投与した牛や豚はウイルスに感染しても無症状だがウイルスを排泄している

2017年度   国内の牛群から分離される志賀毒素産生性大腸菌は3つのカテゴリーに分けられる

2017年度   サルモネラO4抗体を用いた凝集反応はO5抗原の有無により凝集値が異なる

2017年度   ヨーネ病感染牛は持続的な排菌の前に一過性に排菌することがある

2017年度   子豚で高い病原性を示した豚デルタコロナウイルスは近年の海外流行株と近縁である

2017年度   乳房内注入する免疫調整因子の種類によって乳房炎症状の軽減機序は異なる

2017年度   インフルエンザウイルスゲノム自動解析ソフトウェア「FluGAS」の開発

2017年度   鶏ユビキチン特異的プロテアーゼ18は鳥インフルエンザウイルスの増殖を促進させる

2017年度   シカ慢性消耗病(CWD)プリオン感受性細胞の樹立

2017年度   豚丹毒生ワクチンを使用する農場では慢性型豚丹毒が発生する

2017年度   特定の遺伝子グループのアカバネウイルスが牛の脳脊髄炎を流行させている

2017年度   豚レンサ球菌は遺伝的系統により特徴的なDNA侵入防御機構遺伝子を有する

2017年度   黄色ブドウ球菌性乳房炎における乳汁中の乳腺上皮細胞数と黄色ブドウ球菌数には正の相関がある

2017年度   免疫原性を有する牛パピローマウイルス様粒子の作出

2017年度   2016-2017年冬に国内に侵入したH5N6亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスは5種類の遺伝型に分類される

2017年度   マウスでの増幅・維持が困難なスクレイピー株が培養細胞を用いて維持できる

2017年度   国内で流行している豚丹毒菌強毒株の簡易な遺伝子型別法の開発

2017年度   日本国内の牛からは4つの血清型の流行性出血病ウイルスが分離されている

2017年度   生化学的性状検査でウレアーゼ試験陰性の豚胸膜肺炎菌が日本に存在する

2017年度   電流検出型DNAチップを用いた乳房炎原因微生物の検出法の開発

2016年度   新たな遺伝子系統の豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルスの性状解析

2016年度   ベトナムにおける豚インフルエンザウイルスの越境性伝播と種間伝播

2016年度   日本で初めて確認された羊の非定型スクレイピー

2016年度   ヒト由来H7N9亜型鳥インフルエンザウイルスに対する各種鳥類の感受性

2016年度   L型非定型牛海綿状脳症(BSE)は牛に経口的に伝達される

2016年度   動く遺伝子ISApl1が関与する血清型別不能な豚胸膜肺炎菌変異体の分離

2016年度   わが国周辺の家畜のアルボウイルスの蔓延状況を八重山諸島で把握できる

2016年度   口蹄疫の伝播シミュレーター(JSMIN-FMD)の開発

2016年度   ヒト多剤耐性黄色ブドウ球菌は牛乳房感染を経て家畜感染型に変化する

2016年度   立体構造を保持した組換えプリオン蛋白質の高純度精製法の開発

2016年度   H5N8亜型高病原性鳥インフルエンザウイルス感染鶏から鶏卵へのウイルス移行

2016年度   非定型牛海綿状脳症(BSE)プリオンから新たなBSEプリオンが出現する

2016年度   サルモネラに対する感染防御にはたらくモノクローナル抗体を作製

2016年度   カンピロバクターの鶏腸管定着に必須な糖鎖修飾酵素の同定

2016年度   簡易型サイロによる空隙と補助剤を用いた新たな発酵飼料調製法

2016年度   近年我が国で流行した豚流行性下痢ウイルスには病原性が異なる変異株がある

2016年度   2014年に分離されたH5N8亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性

2016年度   かび毒および内因性エンドトキシンに反応する新しい牛肝臓由来細胞株の樹立

2016年度   2010年に日本で分離された口蹄疫ウイルスの感染性cDNAクローンの構築

2016年度   国内の豚群における新たな多剤耐性病原性大腸菌系統の出現

2016年度   豚レンサ球菌の莢膜欠失弱毒株は動物体内で莢膜を発現し、強毒化しうる

2016年度   黄色ブドウ球菌のリポタイコ酸は免疫調整因子の発現を増強する

2016年度   ヘパラン硫酸は正常型プリオン蛋白質から異常型構造への変換を誘導する

2016年度   規模の大きい農場では豚インフルエンザウイルスの不顕性感染と遺伝子再集合が起こりやすい

2016年度   L型非定型牛海綿状脳症感染サル由来異常プリオン蛋白質の超高感度検出技術の開発

2016年度   口蹄疫ワクチン投与後にウイルス感染した豚は識別キットで摘発できない

2016年度   豚由来病原性大腸菌における伝達性コリスチン耐性遺伝子保有率の増加

2016年度   ヨーロッパ腐蛆病菌感染実験方法の改良による毒力の異なる菌株の発見

2016年度   豚流行性下痢の発生が日本の養豚場の生産性に与える影響の解析

2016年度   国際標準となった国産牛疫ワクチン

2015年度   赤外線サーモグラフィを用いた哺乳子牛の体調管理システム

2015年度   放牧衛生検査等で利用できる簡易貧血測定装置の開発

2015年度   新規のサルモネラワクチンに利用可能な防御抗原の同定

2015年度   新規に樹立されたLFBK-αvβ6細胞の口蹄疫ウイルスの分離率は高い

2015年度   遺伝子内の特徴領域を用いた豚流行性下痢ウイルスの分子疫学解析法の開発

2015年度   抗原検出および血清型別可能な口蹄疫ウイルスのイムノクロマト法の開発

2015年度   野鳥におけるトリパラミクソウイルス1型(ニューカッスル病ウイルス)の保有状況

2015年度   BSE感染マウスの病態の進行には異なる大きさのPrPScの関与が示唆される

2015年度   牛白血病ウイルスの牛舎内伝播防止には分離飼育が有効である

2015年度   豚胸膜肺炎菌血清型1、2、5、7及び15の型別用マルチプレックスPCRの開発

2015年度   薬剤耐性遺伝子のコピー数増加がサルモネラの耐性を増強する

2015年度   オーエスキー病が養豚場の生産性に与える影響

2015年度   牛乳汁から分離されたMycoplasma argininiの全ゲノム配列の決定

2015年度   養豚場離乳豚に共感染した豚インフルエンザウイルスの遺伝学的性状

2015年度   山羊関節炎・脳脊髄炎ウイルスの国内浸潤と感染リスク

2015年度   正常プリオン蛋白質と近接し存在する分子の新規同定

2015年度   口蹄疫伝播モデルを用いた感染拡大の評価と効果的な防疫対策の検討

2015年度   病院排水の流入が下水処理施設における薬剤耐性菌の分布率を上昇させる

2015年度   安全で効果の高い豚丹毒生ワクチン候補株

2015年度   Cyclospora spp.を原因とする牛の核内コクシジウム症の発見

2015年度   ヨーロッパ腐蛆病菌のミツバチ幼虫内動態

2015年度   近年我が国で流行した豚流行性下痢(PED)ウイルス株の全ゲノム配列

2015年度   亜臨界水処理による牛海綿状脳症(BSE)プリオンの不活化評価

2015年度   日本に初めて侵入したH5N8亜型高病原性鳥インフルエンザウイルス

2015年度   新しい実験動物マイクロミニピッグを用いた有機フッ素化合物の体内動態

2015年度   豚丹毒菌生ワクチン株と野生株とを識別できるPCR法の開発

2015年度   牛異常産関連オルソブニヤウイルス検出のためのリアルタイムRT-PCR法の開発

2015年度   近隣の埋却地は口蹄疫の発生リスクに影響を及ぼさない

2015年度   ヨーネ病無症状期における排菌の消長と肉芽腫病変好発部位

2015年度   我が国で分離された欧州型豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルスの病原性

2015年度   無線体温センサによる牛体表温測定法の開発

2015年度   非定型BSEプリオンは異種動物への伝達により宿主域が変化する

2014年度   無血清サプリメントKSRは豚体外生産胚盤胞の発生を促進する

2014年度   豚胸膜肺炎菌の血清型K12:O3を世界で初めて分離

2014年度   2010年の口蹄疫国内発生での防疫作業中の怪我は消毒薬による熱傷が多い

2014年度   経鼻および経口経路による口蹄疫ウイルス日本分離株の豚への実験感染

2014年度   非定型Salmonella Typhimuriumの性状と同定法

2014年度   牛乳房炎原因菌であるマイコプラズマ2菌種の全ゲノム配列の決定

2014年度   パンデミック2009ウイルスの遺伝子を持つブタインフルエンザウイルスの分離

2014年度   新しい遺伝子型の牛パラインフルエンザウイルス3型

2014年度   無線式ルーメン内留置型センサを用いた牛のルーメン収縮運動の検出

2014年度   異なる国から分離されたヨーロッパ腐蛆病菌株の類縁関係

2014年度   フモニシンはトウモロコシの穂の中で局在している

2014年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2010株の牛および山羊に対する病原性

2014年度   豚レンサ球菌の血清型を推定できる遺伝子タイピング法の開発

2014年度   豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルスの浸潤状況と生産成績との関連

2014年度   リバースジェネティックス法による高病原性鳥インフルエンザ弱毒ワクチン株の作製

2014年度   欧州型豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルス遺伝子検出法の開発

2014年度   家畜由来Salmonella Enteritidisにおける遺伝子型の経年的変化

2014年度   BSE感染サルに由来する異常プリオン蛋白質の超高感度検出技術の開発

2014年度   豚コレラ清浄性確認検査で見出されたわが国初の羊のボーダー病ウイルス

2014年度   病原性大腸菌ゲノムに多様性をもたらす要因の解明

2014年度   Histophilus somniの主要外膜蛋白質遺伝子を標的とする新規遺伝子改変法

2014年度   ヨーロッパ腐蛆病菌典型株/非典型株の迅速な検出•識別法の開発

2014年度   2010~2012年の国内の養豚場の繁殖指標の推移と指標間の関連

2014年度   高病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性に関与するPB1のアミノ酸置換

2014年度   牛流行熱の遺伝子診断法の開発

2014年度   山形県内で最近10年間に発生した牛の下痢症に関する調査

2014年度   抗サルモネラO4抗体検出用競合エライザ法の開発

2014年度   既存の遺伝子型別法では判定不能な豚胸膜肺炎菌血清型6

2014年度   日本における口蹄疫の感染拡大リスク評価マップの作成

2014年度   モノクローナル抗体を用いた高感度口蹄疫抗原検出ELISA

2014年度   紫外線LEDを用いた微小吸血昆虫(ヌカカ類)の採集装置の開発

2014年度   牛の乳房炎原因菌であるMycoplasma californicumの分子疫学解析法の開発

2014年度   マウスGT1-7細胞は長潜伏期の野外スクレイピープリオン株に感受性を示す

2013年度   BSEプリオンの感染性は155°C以上で20分間の蒸製熱処理で消失する

2013年度   肉骨粉製造工程におけるBSEプリオン不活化のPMCA法による迅速評価

2013年度   牛C群ロタウイルスの全遺伝子解析

2013年度   カンピロバクターの細胞表面糖脂質の糖鎖欠損により鶏腸管内定着性が低下する

2013年度   鶏コクシジウムの胞子形成期に発現する新規遺伝子群

2013年度   新たに出現した牛由来多剤耐性Salmonella Typhimuriumの遺伝学的性状

2013年度   プリオン蛋白質の正常型から異常型への変換・増幅には核酸を必要とする

2013年度   異常プリオン蛋白質のN末端領域には特徴的な立体構造がある

2013年度   BSEの感染性はウシ化マウスへの腹腔内投与により75日で判定できる

2013年度   ノトバイオート子豚は豚エンテロウイルス性脳脊髄炎発病解析モデル動物となる

2013年度   アカバネウイルスに対する中和抗体を誘導する抗原領域の同定

2013年度   ヨーネ病の新しい血清学的診断用抗原Map-echA

2013年度   口蹄疫伝播シミュレーションモデルによる防疫対策の評価

2013年度   血清型2、6、10 型鳥パラミクソウイルスはワクチンベクターとして有望である

2013年度   移動制限下における口蹄疫の農場間伝播に関わるリスク要因

2013年度   L型非定型BSEは緬羊に脳内接種で感染する

2013年度   液体培地を用いたヨーネ菌分離・同定法の確立

2013年度   豚丹毒菌の新規ワクチン候補抗原CbpBの同定

2013年度   豚レンサ球菌全35血清型の莢膜多糖合成関連遺伝子群の同定

2013年度   赤外線サーモグラフィを用いた健康牛の各部位における体表温度差

2013年度   近年の豚インフルエンザウイルスHA蛋白質の抗原性の違い

2013年度   Culicoides属ヌカカ幼虫の分子生物学的手法による種同定

2013年度   BSE感染牛の骨格筋における異常プリオン蛋白質の蓄積部位

2013年度   牛初乳の凍結融解処理は牛白血病の感染性を失わせる

2013年度   カイコの糖鎖修飾関連酵素(グルコシダーゼII)の遺伝子単離と生産

2013年度   ブタ妊娠黄体維持における腫瘍壊死因子-α(TNF-α)及びその関連因子の役割

2013年度   ヨーロッパ腐蛆病菌用遺伝子発現ベクターの開発と形質転換法の確立

2013年度   イネ墨黒穂病罹病もみはマウスに28日間反復投与しても有害な影響を及ぼさない

2013年度   山羊胎子舌株化細胞の使用により口蹄疫ウイルス分離率が高まる

2012年度   国内新規のアルボウイルスの性状解明とRT-PCRによる検出法の開発

2012年度   豚インターロイキン18を発現する豚丹毒菌は接種動物の免疫反応を増強する

2012年度   鶏コクシジウムEimeria tenellaの病態を発現する発育ステージの同定と単離方法の確立

2012年度   A群ロタウイルス常在農場の豚は出生から出荷までに多様な遺伝子型のウイルスを繰返し糞便中へ排泄する

2012年度   豚におけるセンダイウイルスベクターを用いたインフルエンザウイルス共通抗原に対する抗体応答の誘導

2012年度   薬剤および草地・放牧管理技術を組み合わせた効果的なマダニ対策技術

2012年度   牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝子型に基づくデータベースの構築

2012年度   異種動物間PMCA法を用いたスクレイピープリオン蛋白質の超高感度検出

2012年度   豚B群ロタウイルスの非構造蛋白質NSP2、NSP5は遺伝的に多様性に富む

2012年度   Mannheimia haemolyticaにおけるフロルフェニコール耐性機構

2012年度   野生オシドリから分離された高病原性鳥インフルエンザウイルスの鶏に対する病原性と伝播性

2012年度   CXCL8はウシの乳腺における好中球介在性炎症増幅サイクル誘導因子である

2012年度   プリオン蛋白質の内部構造の安定性とBSE感受性との関連性

2012年度   PCR法および遺伝子解析によるトリアデノウイルスの同定・型別法と鶏封入体肝炎発生例への応用

2012年度   日本国内では少なくとも6血清型のブルータングウイルスが分離されている

2012年度   ウシCXCL8に対するモノクロ-ナル抗体

2012年度   Na/K比1以上で発育可能なヨーロッパ腐蛆病菌非典型株の性状

2012年度   炭素吸着剤の飼料添加はダイオキシン類の鶏卵蓄積を抑制する

2012年度   口蹄疫ウイルス感染動物とワクチン接種動物の抗体を識別するキットの評価

2012年度   養豚農家を対象としたベンチマーキングシステムPigINFO

2012年度   唾液を用いたBSE生前診断法

2012年度   わが国で18年ぶりに発生した馬伝染性貧血の診断と対応

2012年度   牛コロナウイルススパイク糖蛋白の284番目のアミノ酸は中和抗原決定基である

2012年度   サルモネラ認識能が低下するTLR5一塩基多型(C1205T)の簡易検出法

2012年度   ヨーネ病感染初期子牛にみられるヨーネ菌ストレス関連蛋白質に対する抗体応答

2012年度   豚丹毒菌の病原性発揮に莢膜多糖を修飾するフォスフォリルコリンが重要である

2012年度   フタトゲチマダニ成ダニに適用可能な人工吸血法

2012年度   乳用牛および肉用繁殖牛における牛白血病ウイルスの全国浸潤状況

2012年度   豚の中で豚インフルエンザウイルスとパンデミックインフルエンザウイルスの遺伝子再集合が起こっている

2012年度   わが国で18年ぶりに発生した馬伝染性貧血の診断と対応

2012年度   分子生物学的種属判別法を用いた国内での乳房炎原因酵母の実態調査

2012年度   ブリリアントブルーG250は異常プリオン蛋白質蓄積を阻害する

2012年度   ウエストナイルウイルスのNS1に対するモノクロ-ナル抗体を用いる競合ELISA

2011年度   初乳中CD14陽性細胞率が低値の牛は分娩後に乳房炎を発症しやすい

2011年度   唾液中のIL-18は豚の急性ストレスの非侵襲的マーカーとなる

2011年度   高病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性発現に関する宿主・病原体相互関係

2011年度   多剤耐性を規定する遺伝子領域を染色体上に保有するSalmonella Typhimuriumの出現

2011年度   牛海綿状脳症では聴覚神経路に空胞変性と異常プリオン蛋白質の蓄積が起こる

2011年度   ネットワークシミュレーションモデルを用いた馬伝染性貧血サーベイランスの評価

2011年度   異種動物間PMCA産物はシードのプリオンと生物学的性状が異なる

2011年度   莢膜欠損が豚心内膜炎からの血清型別不能豚レンサ球菌株分離頻度に影響する

2011年度   牛乳房炎に関わる黄色ブドウ球菌優勢系統の遺伝学的背景と感染実態

2011年度   豚インターロイキン12および23関連分子群の同定

2011年度   高病原性鳥インフルエンザウイルスの病原性は感染動物によって異なる

2011年度   反芻動物のアルボウイルスを媒介するオーストラリアヌカカは九州に広く分布する

2011年度   マルチプレックスPCRによるサルモネラ主要血清型同定法

2011年度   非定型H型牛海綿状脳症プリオンの牛への伝達性

2011年度   繰返し流行した哺乳豚下痢由来豚A群ロタウイルスは遺伝学的に多様である

2011年度   わが国と欧米諸外国のL-型非定型牛海綿状脳症プリオンの性状は類似している

2011年度   Web版 家畜疾病病理アトラス

2011年度   牛異常産関連オルソブニヤウイルス検出用マルチプレックスRT-PCRの開発

2011年度   ベクターワクチン開発の基礎となる豚丹毒菌の全ゲノム解読

2011年度   東南アジアにおける豚を介した新型インフルエンザウイルスの出現リスク

2011年度   Mannheimia haemolyticaの薬剤耐性の推移と血清型による耐性傾向の違い

2011年度   死亡畜検査で摘発されたBSE牛における異常プリオン蛋白質蓄積分布

2011年度   豚B群ロタウイルスのNSP1は遺伝的に多様である

2011年度   牛パピローマウイルスを効率的に検出するPCR法

2011年度   偽妊娠誘起を応用したブタの発情同期化法

2011年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2010株の豚間の伝播は短期間で起こる

2011年度   近年北海道で分離される牛由来Salmonella Typhimuriumの遺伝学的特徴

2011年度   ポリメラーゼ系蛋白質の変異による鳥インフルエンザウイルスの病原性増強

2011年度   高病原性鳥インフルエンザに対する点眼ワクチン

2011年度   我が国の牛乳中過塩素酸塩濃度調査

2011年度   BSE経口感染牛の異常プリオン蛋白質は小腸連続パイエル板に蓄積する

2011年度   口蹄疫の近隣伝播は牛農場よりも豚農場が起こしやすい

2011年度   還元剤はプリオン蛋白質の構造変換効率に影響をおよぼす

2011年度   ヨーロッパ腐蛆病菌(Melissococcus plutonius)基準株の全ゲノム配列の決定

2010年度   非定型BSEプリオンは、定型BSEプリオンと同じく末梢神経に分布する

2010年度   ヨーネ病ELISA陰性の感染牛におけるMMP-9の発現低下とTIMP-1の発現亢進

2010年度   BSE異常プリオン蛋白質の超高感度検出技術の開発と体内分布

2010年度   生体防御機能を担うクッパー細胞の簡易連続単離方法の開発

2010年度   唾液中のIgAは豚の非侵襲的ストレスマーカーの一つとなる

2010年度   炭素吸着剤の飼料添加によるブロイラー体内へのダイオキシン類蓄積制御効果

2010年度   山羊関節炎・脳脊髄炎の新しい診断法

2010年度   異常プリオン蛋白質は歯組織のマラッセの上皮遺残に蓄積する

2010年度   パンデミック(H1N1)2009ウイルスと既存豚インフルエンザウイルスの迅速鑑別法

2010年度   2007年に実施された牛白血病ウイルス(BLV)浸潤状況調査

2010年度   豚レンサ球菌強毒株菌体表層に形成されるSrtG線毛の証明とその組立て機構

2010年度   プリオンの異種動物への馴化に伴う異常プリオン蛋白質の構造変化

2010年度   乾乳期間30日への短縮は泌乳前期の乳量を抑制し乳牛の栄養状態を改善する

2010年度   宿主域が広い組換えバキュロウイルスを効率的に単離する方法

2010年度   携帯型の牛用脳幹機能測定装置

2010年度   ウエストナイルウイルスを媒介しうる蚊は我が国に広く分布する

2010年度   同種間および異種間の伝達で生じるプリオン株の選択的増幅

2010年度   2007年に実施された牛白血病ウイルス(BLV)浸潤状況調査

2010年度   リコンビナント異常プリオン蛋白質の試験管内増幅法の開発とプリオン増幅因子探索への応用

2010年度   マダニの吸血促進物質、ロンギスタチンを新たに分離

2010年度   馬の移動に伴う感染症の伝播リスクの評価

2010年度   アカバネ病を媒介するウシヌカカは気温10℃以上で活動する

2010年度   2009年のウズラ由来H7N6亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスの感染経路の推定

2010年度   鳥インフルエンザウイルスの鶏伝播力はウイルス排泄量と相関する

2010年度   牛肺炎における肺胞洗浄液中サーファクタント蛋白質D定量法の確立

2010年度   鶏コクシジウムの全国浸潤状況(2007年1~3月)

2010年度   異常産を起こすアイノウイルスとピートンウイルスの間には、遺伝子再集合が起こる

2010年度   腸管出血性大腸菌O157ゲノムの多様化を引き起こす因子の発見

2010年度   鳥インフルエンザウイルスのH5, H7遺伝子を幅広く検出するリアルタイムPCR

2010年度   カイコの糖鎖修飾反応に関与する新規酵素の同定

2010年度   超微細高密度オゾン水はCampylobacter jejuniに対して殺菌効果を示す

2010年度   伝染性胃腸炎ウイルス中和抗体の大半は豚呼吸器コロナウイルス感染に起因

2010年度   免疫染色による異常プリオン蛋白質検出のための抗原賦活化法の改良

2010年度   組換え型ブタリゾチームを含有する抗菌絹糸の開発

2009年度   潜在性乳房炎罹患牛への組換えウシサイトカイン乳房内投与の治療効果

2009年度   線毛関連遺伝子のプロファイリングによるStreptococcus suis強毒株の識別

2009年度   豚丹毒および豚マイコプラズマ肺炎を一度に予防できる経口ワクチン技術の開発

2009年度   健康乳牛由来志賀毒素産生大腸菌株O群血清型の最近10年間での変化

2009年度   国内で分離されたBrachyspira hyodysenteriaeの薬剤感受性が低下している

2009年度   スクレイピー感染羊体内におけるプリオンは不均一な集合体で存在する

2009年度   ヨーネ菌PPE遺伝子組換え抗原を用いたヨーネ病のインターロイキン10検査法

2009年度   血清型Oの口蹄疫ウイルスに対する高感度抗原検出法の開発

2009年度   抗ウイルス剤T-1105は口蹄疫ウイルス感染豚からのウイルス排泄を低減する

2009年度   抗プリオンタンパク質モノクローナル抗体の開発と単鎖型抗体の作出

2009年度   マダニの唾液腺で作られる血管新生抑制物質

2009年度   九州地方および台湾は同一の牛流行熱ウイルス流行圏に含まれる

2009年度   わが国で摘発された非定型牛海綿状脳症プリオンの牛への伝達性

2009年度   子牛のアカバネ病の移行抗体消失の月齢は地域によって異なる

2009年度   デキストラン鉄製剤投与の小型ピロプラズマ病貧血軽減効果

2009年度   豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルス抗体検出ELISAでの偽陽性反応の確認法

2009年度   高病原性鳥インフルエンザウイルスの鶏病原性はマクロファージ細胞等でのウイルス増殖力に起因する

2009年度   抗プリオンタンパク質モノクローナル抗体の開発と単鎖型抗体の作出

2009年度   豚インフルエンザウイルスのウイルスレセプター特異性の変化

2009年度   牛呼吸器病原因菌Mannheimia haemolyticaのキノロン系薬剤耐性

2009年度   牛培養肝細胞を用いたダイオキシン様化学物質分析手法の開発

2009年度   酪農場における牛白血病ウイルス伝播のリスク要因の評価

2009年度   Histophilus somni高分子量免疫グロブリン結合蛋白質によるマクロファージ・単球異物取り込み機能の抑制

2009年度   日本脳炎ウイルスワクチン接種馬は西ナイルウイルスの血清学的検査で陽性を示すが、中和法で識別可能である

2009年度   ブタにおける発情周期中の卵胞発育と血中インヒビン動態

2009年度   PCR法による鳥インフルエンザウイルスの亜型判定

2009年度   豚胸膜肺炎菌血清型1、2及び5の型別用マルチプレックスPCRの開発

2009年度   Salmonella Typhimurium DT104は百日咳毒素様のADP-リボシル化酵素を産生する

2009年度   O157が牛腸管を通過する際のDNA脱落が分子疫学的解析に影響する

2009年度   酪農場における牛白血病ウイルス伝播のリスク要因の評価

2009年度   肺炎レンサ球菌のセンサー膜蛋白StkPと脱リン酸酵素PhpPの機能的協調

2008年度   インターロイキン-8の乳槽内投与は全身性の炎症反応を誘発する

2008年度   わが国の黒毛和牛に認められた非定型プリオンの性状

2008年度   東京湾周辺地域で保護された野鳥の病原性大腸菌保菌状況と分離株の性状

2008年度   飼料イネサイレージ中かび毒ウスチロキシンAの定量法

2008年度   新たに開発した豚子宮深部注入カテーテルを用いた人工授精の実用化

2008年度   異種動物への伝達に伴うBSEプリオンの性状変化

2008年度   東南アジアにおける鳥インフルエンザ等人獣共通感染症病原体の分子疫学情報

2008年度   新規環境汚染物質である有機フッ素化合物のニワトリにおける体内動態

2008年度   液体培養とリアルタイムPCRを組み合わせたヨーネ菌培養検査法

2008年度   牛疫ウイルス実験感染牛の病理学的特徴

2008年度   BSE罹患牛における脳幹機能障害の特徴

2008年度   新型牛パピローマウイルスBPV-9は牛の上皮性乳頭腫症の原因となる

2008年度   牛伝染性鼻気管炎の現行ワクチン株と野外株を識別できるPCR法

2008年度   インフルエンザウイルスに対する細胞性免疫の指標となる細胞表面抗原の同定

2008年度   豚繁殖・呼吸障害症候群発生に伴う経済的損失は2006年の場合約280億円

2008年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000株にはマウスに対する病原性の異なるウイルスが混在する

2008年度   特異的遺伝子の多重検出によるサルモネラ主要血清型迅速同定法

2008年度   1型血清白濁化因子がStreptococcus suis強毒株集団により強い病原性を付与している可能性がある

2008年度   日本でオオハクチョウから分離されたH5N1亜型高病原性鳥インフルエンザウイルスは過去の発生ウイルスとは遺伝的・抗原的に異なる

2008年度   子牛のScopulariopsis brevicaulisによる全身性過角化症

2008年度   アカバネウイルスによる牛の脳脊髄炎とその診断法

2008年度   紫外線照射による粗飼料汚染かび毒の除去

2008年度   PCR-制限酵素断片長多型(RFLP)を用いた牛コロナウイルス遺伝子型別法

2008年度   ラクトフェリンによるプリオン複製阻害効果

2008年度   マダニ体内における病原体伝搬関与分子

2007年度   H5N1高病原性鳥インフルエンザウイルスの鶏伝播性と野生カラスの感染例

2007年度   抗バベシア原虫活性を保有するフタトゲチマダニのディフェンシン

2007年度   スクレイピー感染ハムスターにおける血液および尿中のプリオン検出

2007年度   弱溶血性を示す豚由来Brachyspira属菌の迅速同定法

2007年度   アカバネウイルスの遺伝学的多様性と遺伝子再集合

2007年度   運動リズム解析による牛歩行異常早期摘発システムの開発

2007年度   乳牛潜在性乳房炎に対するリポソーム包埋rbGM-CSFの治癒効果

2007年度   飼料中ダイオキシン類の簡易スクリーニング手法

2007年度   PCR-ELOSA法を用いた水胞性口炎ウイルスの検出と血清型特定法の開発

2007年度   ブルセラ病診断用ELISAキットの実用化

2007年度   エゾシカから初めて分離されたトリパノソーマ原虫

2007年度   ウマHalicephalobus gingivalis 感染症の診断

2007年度   豚マイコプラズマ肺炎で多量に産生されるIL-18は宿主の細胞性免疫を攪乱する

2007年度   わが国の牛群におけるSalmonella Dublin 薬剤感受性の変化

2007年度   豚における口蹄疫ウイルス感染とワクチン接種による抗体の識別検査

2007年度   新型牛パピローマウイルス(BPV-9, BPV-10)の全ゲノム構造の解明

2007年度   鶏の新興感染症であるStreptococcus gallolyticus subsp. gallolyticus 感染症の我が国での発生確認

2007年度   Mycoplasma hyopneumoniaeマクロライド耐性簡易スクリーニング法の開発

2007年度   牛アミロイド線維投与による続発性アミロイド症実験モデル動物の作出

2007年度   現行の牛海綿状脳症(BSE)サーベイランス検査および確定検査により鹿慢性消耗症(CWD)は検出できる

2007年度   H5N1高病原性鳥インフルエンザウイルスはアイガモおよびガチョウの羽上皮細胞で増殖する

2007年度   黄色ブドウ球菌のバルク乳由来株はヒト由来株と異なる遺伝学的背景を示す

2007年度   2005年に茨城県で分離されたH5N2鳥インフルエンザウイルスの性状

2007年度   牛に異常産を起こすアイノウイルスの流行様式

2007年度   牛の聴性脳幹誘発電位測定法

2006年度   パーフルオロオクタン酸は脂肪酸代謝関連遺伝子発現を変動させる

2006年度   牛コロナウイルス日本分離株の分子疫学的解析

2006年度   ウシ末梢神経におけるBSEプリオンの蓄積時期

2006年度   牛乳房炎乳から分離された黄色ブドウ球菌の細菌学的特性

2006年度   牛呼吸器病原因菌Mannheimia haemolytica血清型動向

2006年度   マダニの吸血を支えるフルクトース-6-リン酸アミノトランスフェラーゼ

2006年度   豚A群ロタウイルスのVP7ならびにVP4遺伝子型の分布

2006年度   簡便で高感度なフタトゲチマダニの小型ピロプラズマ原虫保有率検査法

2006年度   Campylobacter jejuni薬剤耐性と細胞生残性に関わるCmeDEFの役割

2006年度   牛疫ウイルス感染牛からのウイルス排泄量の定量化

2006年度   わが国における豚の離乳後多臓器性発育不良症候群の特徴と診断

2006年度   新たに牛から分離されたFacklamia sourekii性状

2006年度   豚丹毒・豚マイコプラズマ肺炎多価ワクチンの針なし注射による接種

2006年度   BSEプリオンに感染するミクログリア細胞株の樹立

2006年度   採卵用成鶏における全身性アミロイド沈着のみられた皮膚型鶏痘

2006年度   ブタの非外科的胚移植カテーテル

2006年度   バイオインフォマティックスにより開発された鳥型結核菌の分子疫学的手法

2006年度   東京湾周辺地域に生息する野鳥のサルモネラ保菌状況と分離株の性状

2006年度   系統樹解析によって明らかになったオルトブニヤウイルスの遺伝子再集合

2006年度   危機管理のための家畜伝染病発生地図表示システム

2006年度   牛T細胞性リンパ腫における新しい疾病概念の確立

2006年度   高病原性H5N1亜型鳥インフルエンザウイルスはマウス継代でその病原性が増強する

2006年度   組換え型ブタリゾチームの大量生産法

2006年度   Streptococcus gordonii接着因子GspBおよびHsaの宿主組織への結合特異性

2006年度   口蹄疫ウイルスのRNA依存性RNAポリメラーゼ阻害剤はウイルス増殖を抑制する

2006年度   繋ぎ飼いの酪農家における乳房炎の疫学的調査及び経済損失評価

2006年度   アカバネウイルス野外分離株の分子疫学的解析

2006年度   人獣共通感染症を媒介する蚊分類データベースの構築

2006年度   牛ウロコルチン2遺伝子の新規クローニングと発現定量

2006年度   プリオン不活化の迅速評価法

2006年度   カブトムシディフェンシン改変ペプチドの薬剤耐性菌感染に対する抗菌効果

2006年度   ブタ回虫の脱皮に関連するたんぱく質は回虫ワクチンの有力な候補分子である

2006年度   リアルタイムPCRによるヨーネ病遺伝子診断法

2002年度   初代培養肝細胞を用いたダイオキシン型毒性物質のバイオアッセイ法

2002年度   異常プリオン蛋白質を分解する新規酵素

2002年度   ヨーネ病診断用抗原製造用候補菌株の作出と免疫学的及び遺伝学的解析

2002年度   牛ブドウ球菌性潜在性乳房炎に対するrboGM-CSFの治癒効果

2002年度   ネオスポラの免疫組織化学的診断の高度化

2002年度   体細胞クローン牛の流・死産および早期死亡例の病理学的検討

2002年度   効果の高い組換え伝染性ファブリキウス嚢病ワクチンの開発

2002年度   昆虫細胞には哺乳動物と同様の糖鎖合成系が存在する

2002年度   高生物活性を有する組換え馬インターフェロンγの作製

2002年度   日本で分離された口蹄疫ウイルスO/JPN/2000株の動物に対する病原性

2002年度   北海道全域から分離した牛乳房炎由来Staphylococcus aureusの毒素遺伝子および発現毒素

2002年度   B群ロタウイルス抗体検出法の開発とその利用

2002年度   フタル酸エステルが牛の卵巣顆粒層細胞および卵子に及ぼす影響

2002年度   山羊関節炎・脳脊髄炎の病理組織学的診断指標

2002年度   in situ hybridizationによるウマヘルペスウイルス1型遺伝子検出法の確立

2002年度   組換えVspA蛋白を用いたマイコプラズマ・ボビス感染症の防除

2002年度   口蹄疫ウイルスに対する市販消毒薬の効果判定

2002年度   豚リンパ組織におけるサイトカイン遺伝子の発現

2002年度   カイコを宿主とした豚インターロイキン18蛋白質の大量生産系の確立

2002年度   乾乳開始時における組換えウシインターロイキン−8の乳槽内投与が乳タンパク質組成および体細胞数に及ぼす影響

2002年度   我が国初発の牛海綿状脳症(BSE)牛の脳の病変分布および異常プリオン蛋白質の蓄積分布

2002年度   日本で分離されたニューカッスル病ウイルスの分子疫学的解析

2002年度   Streptococcus suis溶血素遺伝子領域が水平伝播した証拠

2002年度   全国の牛放牧場の衛生実態調査(2000年)

2002年度   小型ピロプラズマ病の貧血発生時には赤血球への自己抗体付着と酸化が起こる

2002年度   我が国初発の牛海綿状脳症(BSE)牛の脳の病変分布および異常プリオン蛋白質の蓄積分布

2002年度   牛胎児の腸管リンパ組織における抗原提示細胞の形態的および機能的特性

2002年度   粗飼料の給与は牛の腸管出血性大腸菌O157の排菌を抑制する

2001年度   乳牛公共牧場のダニの汚染と小型ピロプラズマ病の疫学解析

2001年度   豚丹毒・豚マイコプラズマ肺炎に対する組換え多価ワクチンの開発

2001年度   動物体内と環境中における腸管出血性大腸菌O26:H11の遺伝子型変遷

2001年度   豚インターロイキン18に対するモノクローナル抗体の作出とその利用

2001年度   マウス白血病ウイルス受容体の発現分布

2001年度   Streptococcus suis遺伝子ノックアウト用温度感受性ベクターの構築

2001年度   家畜中毒診断のためのオレアンドリン,グラヤノトキシンおよび可溶性シュウ酸の分析法

2001年度   Streptococcus suis細胞壁結合蛋白質の表層提示に関与する遺伝子の同定

2001年度   日本で分離されたPeaton Virusの性状解析

2001年度   マウスゲノムに潜むレトロウイルス遺伝子の構造と機能

2001年度   免疫磁気ビーズを用いた RT-PCRによる牛コロナウイルスとロタウイルスの検出

2001年度   ネオスポーラのELISAによる抗体検出法の開発

2001年度   制限修飾系SsuDAT1Iの菌種内での水平伝播と進化による多様化

2001年度   口蹄疫ウイルスO/JPN/2000の全塩基配列

2001年度   乳房炎での末梢血好中球機能低下は好中球の加齢が関係している

2001年度   さとうきび抽出物(SCE)のニワトリにおけるEimeria tenellaオーシスト感染の防御効果

2001年度   豚の離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)の診断法の確立とわが国におけるPMWSの浸潤状況

2001年度   インチミン遺伝子は牛由来腸管出血性大腸菌のスクリーニングに有用

2001年度   フロルフェニコール耐性を指標としたSalmonella Typhimurium DT104の簡易スクリーニング法

2001年度   組換え豚回虫14kDa抗原の経鼻免疫による豚回虫感染防御

2001年度   大腸菌とGM-CSFの投与に伴う新生子牛の下痢発生と好中球化学発光能の変化

2001年度   クリプトスポリジウムオオシストは畜糞堆肥処理で消毒できる

2000年度   Brachyspira (Serpulina)感染による反芻動物腸管スピロヘータ症の診断

2000年度   ウシ肝細胞のハプトグロビン産生に対するウシインターロイキン6の作用

2000年度   宿主域拡張型ハイブリッドバキュロウイルスを利用したブタインターロイキン−2 (IL-2)の大量生産技術の確立

2000年度   ブロイラー鶏の腹水症における心臓病変と肝臓病変の相関関係

2000年度   牛・豚のStx2に対する感受性の相異

2000年度   志賀毒素に起因する豚初代血管内皮培養細胞のアポトーシス

2000年度   脳手術台の作製と術後モニタリング法の開発による牛脳手術法の確立

2000年度   監視伝染病ウェブページ

2000年度   鶏貧血ウイルスVP1遺伝子の394番目のアミノ酸は病原性に関与する

2000年度   豚回虫(Ascaris suum)のペルオキシレドキシンの分子性状

2000年度   Fluorescent Amplified-Fragment Length Polymorphism (FAFLP)による牛由来 Salmonella Typhimuriumの遺伝子型別

2000年度   離乳後多臓器性発育不良症候群(PMWS)の病態と病変の関連

2000年度   経皮穿刺による子牛の気管内細菌培養材料簡易採取法

2000年度   日本で分離された口蹄疫ウイルスの性状解析

2000年度   実験的チアミン欠乏めん羊における血液化学発光能の低下

2000年度   豚レンサ球菌の制限・修飾系Ssu DAT1Iが他の菌から水平伝播してきた証拠

2000年度   パラポックスウイルス感染症の迅速診断法の開発

2000年度   牛肝細胞からのアポリポ蛋白質B−100分泌に及ぼす細胞内トリグリセリドの影響

2000年度   ネオスポラ感染による牛の異常産の免疫組織化学的診断法の確立

2000年度   ウシ胎仔脳細胞の初代培養と凍結保存技術の開発

2000年度   牛由来志賀毒素産生性大腸菌の各種性状

2000年度   豚レンサ球菌-大腸菌シャトルベクターの作製

2000年度   プロスタグランジンF2αを用いた雌豚の発情同期化技術の開発

1999年度   牛赤血球置換SCIDマウスを用いた小型ピロプラズマ原虫感染実験モデルの開発

1999年度   化学発光によるウシ乳房炎の早期診断法の開発

1999年度   バキュロウイルス遺伝子発現系におけるウシインターフェロンーτの糖鎖構造の改変

1999年度   PCR法によるウマロタウイルスVP7血清型別

1999年度   牛ネオスポラ症の血清疫学調査

1999年度   豚由来 Pasteurella multocidaSDS-PAGEによる菌体蛋白型別

1999年度   ウシKitレセプターに対するモノクローナル抗体の作製

1999年度   免疫病理学的手法による豚コレラウイルス抗原の検出

1999年度   カビの毒素フザレノンーXは細胞にアポトーシスを誘導する

1999年度   ペスチウイルスの遺伝子情報に基づく分類法の確立

1999年度   非細胞病原性牛ウイルス性下痢ウイルスに対する牛初期胚細胞の感受性

1999年度   豚コロナウイルス性下痢の迅速診断法の開発

1999年度   ネオスポラ実験感染マウスの経時的病理変化と血清中サイトカイン産生

1999年度   アフリカ豚コレラウイルスp32及びp54の発現と診断への応用

1999年度   サイトカイン遺伝子の簡易迅速合成法(SPR法)の開発

1999年度   豚エンテロウイルスの遺伝学的再分類および迅速検出法の開発

1999年度   豚サーコウイルス2型感染症の病理

1999年度   牛小型ピロプラズマ病の貧血発現時における赤血球膜表面ホスファチジルセリンの動態

1999年度   馬由来Salmonella Abortusequiは95 kbの血清型特異的病原性プラスミドを保有する

1999年度   牛初期胚の体外発生におけるアクチビンAの作用

1999年度   鶏腎炎ウイルスの遺伝子解析

1999年度   豚丹毒菌の粘膜投与型組換えサブユニットワクチンの開発

1998年度   遺伝性肥満型インスリン非依存性糖尿病モデル,KKマウスの遺伝学的解析

1998年度   乳頭炎発症牛からのパラポックスウイルスの分離と抗体調査

1998年度   豚インターロイキン18(IL-18)遺伝子のクローニングとその組換え蛋白質の発現

1998年度   鳥インフルエンザの診断法の検討

1998年度   子羊における羊ヘルペスウイルス-2の伝播様式

1998年度   豚水胞病ウイルス(SVDV)の病原性遺伝子の解析

1998年度   マウス乳腺炎モデルを用いた乳房炎の病理学的解明

1998年度   血清硝酸イオン濃度の測定法

1998年度   豚コレラの発生による経営損失の推定

1998年度   鶏ロイコチトゾーン症の感染防御にCD4陽性T細胞が重要

1998年度   脳内TNF-αによる牛の第四胃運動調節

1998年度   Random Amplified Polymorphic DNA(RAPD)法によるPasteurella haemolytica血清型1型菌株の遺伝子型別

1998年度   家畜由来腸管出血性大腸菌O157及びサルモネラの各種抗菌薬剤に対する感受性

1998年度   生菌製剤投与による腸管出血性大腸菌O157保菌牛の排菌阻止

1998年度   牛小型ピロプラズマ病における赤血球の酸化亢進

1998年度   自家蛍光観察法による豚鞭虫含子虫卵の生死判定

1997年度   ウシ白血病ウイルス受容体とマウス相同蛋白の構造的相違

1997年度   新しく樹立したCPK-NS細胞を用いた豚コレラウイルスの中和抗体測定法の確立

1997年度   ビタミンA制限飼料給与牛にみられる筋肉水腫(“ズル肉”)の病態

1997年度   豚胸膜肺炎菌のPCR-RFLP法による検出及び型別

1997年度   豚インターロイキン2(IL−2)受容体α鎖遺伝子の単離

1997年度   牛初代培養肝細胞を用いた脂肪肝発生機序の解明

1997年度   豚コレラウイルスに対する単クローン抗体の作製と野外分離株の反応性

1997年度   牛由来腸管出血性大腸菌O157:H7(H-)の分子遺伝学的性状

1997年度   豚水胞病ウイルス(SVDV)のプラックサイズ規定遺伝子の解析

1997年度   ドットブロット法を用いたアカバネウイルス分離株の抗原性の比較

1997年度   下痢発症新生子牛における好中球化学発光能の低下

1997年度   PCR法によるアフラトキシン関連遺伝子の検出

1997年度   リーシュマニア原虫でのイヌのインターロイキン-8遺伝子の発現

1997年度   豚繁殖・呼吸障害症候群ウイルス感染豚のリンパ組織におけるリンパ球サブポピュレーションの初期変化

1997年度   アカバネウイルスS RNAの塩基配列と系統樹解析

1997年度   牛M-CSF遺伝子のクローニングとバキュロウイルス発現系による組換え型M-CSFの生産

1997年度   環境材料よりのListeria monocytogenes選択分離法

1997年度   イムノPCR法による異常プリオン蛋白質の検出

1997年度   パルスフィールドゲル電気泳動法を用いた遺伝子型別による牛乳房炎起因菌Staphylococcus aureusの酪農家における生態の解明

1997年度   オーエスキー病ウイルス感染による消化管粘膜の病理学的検索

1996年度   豚水胞病ウイルスの第1中和抗原部位の人為変異許容領域

1996年度   牛ネオスポラ原虫の分離とその性状

1996年度   健康牛及び乳房炎牛における血液及び乳汁化学発光能

1996年度   イヌの単球、好中球に対する鶏卵白由来物質の免疫増強作用

1996年度   肥育豚由来Mycoplasma hyorhinis及びM. hyosynoviaeの薬剤感受性動態

1996年度   豚コレラウイルスのRT-PCR法による検出と牛ウイルス性下痢ウイルスとの識別

1996年度   小型ピロプラズマ原虫とマダニの相互関係

1996年度   豚流行性下痢(PED)ウイルスの分離

1996年度   牛乳腺組織のストレス蛋白質(hsp90)の測定とその含量

1996年度   頭部腫脹症候群の病変の特徴と再現実験

1996年度   わが国の牛及びめん羊に発生したブル−タング

1996年度   ヨーネ菌の腸粘膜組織からの排菌機構の解明

1996年度   抗ウシCD2モノクローナル抗体を用いたウシ早期妊娠因子の検出

1996年度   高度病原性伝染性ファブリキウス嚢病ウイルス感染鶏の病理学的変化の解明

1996年度   マウス,ハムスター異常プリオン蛋白質(PrPSc)の抗原性状の解析

1996年度   家畜由来サルモネラの血清型

1996年度   豚丹毒菌の病原因子の解析

1996年度   牛クッパ−細胞の反応解析による内因性エンドトキシンの毒性評価法の開発

1996年度   PCR法によるMycobacterium aviumとM.intracellulareの同定

1996年度   オーエスキー病ウイルスをベクターにしたラット神経成長因子の発現

1996年度   牛ウイルス性下痢ウイルス持続感染牛由来卵子を用いた体外受精系におけるウイルス増殖部位の解明

1995年度   牛肝細胞初代培養法の確立とリポ蛋白代謝研究への応用

1995年度   牛及び豚GM-CSF遺伝子のクローニングとバキュロウイルス発現系による組換え型GM

1995年度   オーエスキー病ウイルス感染が豚のA.pleuropneumoniae肺炎に与える影響

1995年度   FS-L3細胞を用いた豚コレラウイルスの新しい増殖及び検出法の確立

1995年度   レトロウイルス感染阻止遺伝子の検索

1995年度   ブロイラ−鶏の腹水症に対するユビキノンの予防効果

1995年度   Bordetella bronchiseptica 由来シアル酸特異的赤血球凝集素のマウス感染防御活性

1995年度   DNA簡易抽出法を用いたPCR法によるヨーネ菌の検出,同定

1995年度   突然死型乳頭糞線虫症の発症に係わる線虫の発育ステージの解明

1995年度   PCRによる鶏貧血ウイルス遺伝子の検出

1995年度   LPS(リポ多糖)誘導性遺伝子群の検索

1995年度   Pasteurella multocida豚に対する病原性

1995年度   日本鹿の牛用ワクチンウイルスに対する反応性

1995年度   ウシ寄生性大型ピロプラズマ原虫(Babesia ovata)のDNA鑑別診断

1995年度   RT-nested PCR法による七面鳥鼻気管炎ウイルスの検出

1995年度   ストレスによって誘発されたラットの排卵抑制と中枢神経活動の関連性の検討

1995年度   豚流行性下痢(PED)の免疫組織化学的診断

1995年度   アフラトキシンの生合成に関与するO-methyltransferase

1995年度   口蹄疫の診断に応用可能な人工抗原の探索

1995年度   牛ウイルス性下痢・粘膜病ウイルス持続感染牛の発症試験

1995年度   脂肪肝牛のリポタンパク質では必須脂肪酸が減少している

1995年度   牛ヨーネ病の肉芽腫病変におけるTNF-αの局在とTリンパ球サブクラスの動態

1995年度   子牛由来大腸菌の下痢原性の解析

1995年度   先天性無脾臓マウス(Dominant hemimelia)の特性解析

1995年度   アフリカ豚コレラウイルス感染豚からのPCR法によるウイルス遺伝子の検出

1994年度   RT−PCR法によるアフリカ馬疫ウイルス遺伝子の検出

1994年度   大脳皮質壊死症モデルにおけるチアミン投与の効果

1994年度   アカバネウイルスの抗原性の比較

1994年度   腸管接着性微絨毛消滅性大腸菌の雛感染モデルの作出

1994年度   牛脂肪肝関連タンパク質のELISAによる測定

1994年度   分泌シグナル切断点の人為的制御とそのタンパク質工学への応用

1994年度   馬動脈炎ウイルス構造蛋白の発現とゲノム上の位置

1994年度   マウスにおける羊スクレイピーの伝達試験および免疫組織学的手法によるプリオン蛋白質の検出

1994年度   化学合成した口蹄疫ウイルス3D蛋白質断片ペプチドによる診断法の開発

1994年度   プリオン病の診断に有効な抗ペプチド抗体の作製

1994年度   RT−PCRほうによる牛サイトカインmRNAの検出・定量

1994年度   紫外線照射による鶏卵の鮮度判定法の開発

1994年度   ウシの胎仔胸腺由来マクロファージ細胞株の樹立

1994年度   補体結合反応による牛悪性カタル熱の血清診断

1994年度   豚丹毒菌の病原因子の解析

1994年度   ベネズエラ糞線虫のin vitro における発育及び熱ショック蛋白質の生産

1994年度   バリケインにおけるガチョウパルボウイルス感染症の病理学的診断

1994年度   沖縄県の黒島におけるダニ撲滅対策の経済的評価

1994年度   鶏コクシジュウム(Eimeria tenella)ワクチン候補株の交雑性の検討

1994年度   牛の幹細胞成長因子(stem cell factor)遺伝子cDNAのクローニング

1994年度   異なる主要組織適合遺伝子(MHC)を持つ2系統の近交系ウズラの作出

1994年度   第一胃由来の内因性遊離エンドトキシンによって誘発される肝臓病変の特徴

1994年度   低単位性腺刺激ホルモン投与による若齢雌豚の性成熟の促進と繁殖性の向上

坂本 研一 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 部門長)

横山 隆 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 部長)

窪田 宜之 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 室長)

齋藤 明人 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 行政連携調整役)

鈴木 千恵 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 チーム長)

松原 豊 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 疾病対策部長)

吉田 和生 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 海外病安全管理役)

吉原 一浩 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 部長)

小林 秀樹 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 グループ長)

坪井 孝益 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 科長)

伊藤 博哉 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 科長)

國保 健浩 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 科長)

堀野 理恵子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 グループ長)

山田 俊治 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 知的基盤管理専門役)

鈴木 孝子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

髙田 益宏 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

山川 睦 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 海外病研究調整監)

鮫島 俊哉 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 九州研究調整監)

恒光 裕 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 北海道研究調整監)

筒井 俊之 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究領域長)

川嶌 健司 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

小西 美佐子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

松浦 裕一 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

髙木 道浩 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

宮﨑 綾子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

生澤 充隆 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

大橋 誠一 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

鈴木 亨 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

宮澤 光太郎 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

亀山 健一郎 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

須田 遊人 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

真瀬 昌司 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

渡邉 聡子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

土屋 佳紀 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

井関 博 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

大田 方人 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

山本 健久 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

小林 創太 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

早山 陽子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

村井 清和 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

西藤 岳彦 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究領域長)

内田 裕子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

金平 克史 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

竹前 喜洋 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

峯 淳貴 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

常國 良太 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員(任期付))

谷川 太一朗 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員(任期付))

村山 裕一 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

岡田 洋之 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主席研究員)

今村 守一 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

岩丸 祥史 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

舛甚 賢太郎 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

深井 克彦 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

山田 学 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

森岡 一樹 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

嶋田 伸明 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

西 達也 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

田中 省吾 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

梁瀬 徹 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

白藤 浩明 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

内田 郁夫 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究領域長)

下地 善弘 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

江口 正浩 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

小川 洋介 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

西川 明芳 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員(任期付))

勝田 賢 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

髙松 大輔 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

星野尾 歌織 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

大倉 正稔 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

上野 勇一 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

西森 敬 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主席研究員)

大﨑 慎人 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

永田 礼子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

川治 聡子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

秋庭 正人 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

楠本 正博 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

岩田 剛敏 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

玉村 雪乃 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

渡部 綾子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

寺田 裕 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

山根 逸郎 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

花房 泰子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

佐藤 真澄 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究領域長)

宮本 亨 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

塩野 浩紀 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主席研究員)

新井 鐘蔵 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主席研究員)

髙橋 雄治 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

尾澤 知美 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員)

吉岡 耕治 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 病態研究領域 繁殖障害ユニット ユニット長)

宗田 吉広 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

山中 典子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

Guruge Keerthi Siri (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

吉岡 都 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

上垣 隆一 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

谷村 信彦 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

三上 修 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

木村 久美子 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

芝原 友幸 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

山本 佑 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主任研究員)

林 智人 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 ユニット長)

門田 耕一 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 主席研究員)

菅野 徹 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 病態研究領域 寒地酪農衛生ユニット 主席研究員)

渡部 淳 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

秦 英司 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

菊 佳男 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 上級研究員)

長澤 裕哉 (国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究部門 研究員(任期付))

大崎慎人 ( ユニット長)

檜垣彰吾 ( )

安藤 清彦 ( 研究員)

小林なつみ ( 研究員)

この記事は