異なる栽培法で生産したパプリカのδ15N値の特徴と

業績名 異なる栽培法で生産したパプリカのδ15N値の特徴と
年度 2009
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 (独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,高収益施設野菜研究チーム,中野明正
課題 a.トマトを中心とした高収益施設生産のための多収、低コスト及び省力化技術の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020072960
カテゴリ ピーマン

この記事は