CHS遺伝子導入個体とDFR遺伝子導入個体とでトレニアの花の色合いが異なる現象はコピグメンテーションが原因である

業績名 CHS遺伝子導入個体とDFR遺伝子導入個体とでトレニアの花の色合いが異なる現象はコピグメンテーションが原因である
年度 2000
研究機関名 野菜・茶業試験場
発表者所属
発表者 育種法研(花き)・間竜太郎
岸本早苗
柴田道夫
課題 遺伝子組換え植物における花色発現調節因子の解明(344)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020009396
カテゴリ トレニア

この記事は