罹病葉の投入や散水によるオオムギ雲形病の発病程度の違いが収量・精麦品質に与える影響

業績名 罹病葉の投入や散水によるオオムギ雲形病の発病程度の違いが収量・精麦品質に与える影響
年度 2007
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 農業・食品産業技術総合研究機構,作物研,大麦研究関東サブチーム,青木恵美子
農業・食品産業技術総合研究機構,伊藤誠治
農業・食品産業技術総合研究機構,森脇丈治
農業・食品産業技術総合研究機構,馬場孝秀
課題 d.大麦・はだか麦の需要拡大のための用途別加工適性に優れた品種の育成と有用系統の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020061617
カテゴリ 大麦

この記事は