広域化・大規模化する集落営農の成果と意義

業績名 広域化・大規模化する集落営農の成果と意義
年度 2007
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 農業・食品産業技術総合研究機構,中央農研,農業経営研究チーム,宮武恭一
課題 a.地域の条件を活かした水田・畑輪作を主体とする農業経営の発展方式の解明
カテゴリ 経営管理 大規模化

この記事は