Molecular epidemiology of tuberculosis by the use of IS6110 restriction fragment length polymorphism: a study from 2001 to 2003(IS6110 RFLP解析に基づく,結核の分子疫学的検討-2001年~2003年-)

業績名 Molecular epidemiology of tuberculosis by the use of IS6110 restriction fragment length polymorphism: a study from 2001 to 2003(IS6110 RFLP解析に基づく,結核の分子疫学的検討-2001年~2003年-)
年度 2006
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 府立呼吸器・アレルギー医療 阿野裕美
府立呼吸器・アレルギー医療 松本智成
府立呼吸器・アレルギー医療 吉多仁子
府立呼吸器・アレルギー医療 永井崇之
府立呼吸器・アレルギー医療 田村嘉孝
西森 敬
府立呼吸器・アレルギー医療 河原邦光
府立呼吸器・アレルギー医療 高嶋哲也
府立呼吸器・アレルギー医療 露口泉夫
課題 f.ヨーネ病の発症機構の解析と診断技術の高度化
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020055760
カテゴリ ICT

この記事は