赤かび毒素処理により誘導されたコムギEST情報に基づく低毒素蓄積性及び赤かび病抵抗性QTLと関連するDNAマーカーの開発

業績名 赤かび毒素処理により誘導されたコムギEST情報に基づく低毒素蓄積性及び赤かび病抵抗性QTLと関連するDNAマーカーの開発
年度 2006
研究機関名 農業生物資源研究所
発表者所属
発表者 施芳
許東河
半田裕一
坂智広
課題 (2)イネ及びイネ科作物のゲノムリソースの開発と利用
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020051687
カテゴリ 育種 抵抗性 DNAマーカー

この記事は