ディルドリンを吸収しにくいカボチャ台木を用いてキュウリ果実中の残留濃度を低減

業績名 ディルドリンを吸収しにくいカボチャ台木を用いてキュウリ果実中の残留濃度を低減
年度 2006
研究機関名 農業環境技術研究所
発表者所属
発表者 大谷卓
清家伸康
課題 (1)農業環境中における有害化学物質のリスク評価手法及びリスク管理技術の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020051006
カテゴリ かぼちゃ きゅうり 台木

この記事は