ヒガンバナの他感作用と作用物質リコリン、クリニンの同定

業績名 ヒガンバナの他感作用と作用物質リコリン、クリニンの同定
年度 2000
研究機関名 農業環境技術研究所
発表者所属
発表者 他感物質研・藤井義晴
ノダプランツ・ザヒダ・イクバル
他感物質研・平舘俊太郎
中嶋直子
中谷敬子
四国学院大学・高橋道彦
課題 アレロパシー物質等植物が生産する生理活性物質検定手法の開発(92)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020006801
カテゴリ くり 雑草

この記事は