耕起法の違いがアーバスキュラー菌根菌の感染およびトウモロコシとエンバクの生育・収量に及ぼす影響

業績名 耕起法の違いがアーバスキュラー菌根菌の感染およびトウモロコシとエンバクの生育・収量に及ぼす影響
年度 2005
研究機関名 農業・生物系特定産業技術研究機構
発表者所属
発表者 農業・生物系特定産業技術研究機構 北海道農研 畑作研究部 生産技術研究チーム 臼木一英
山本泰由
田澤純子
辻博之
松尾和之
課題 水稲直播栽培における雑草イネの優占化機構の解明
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020048946
カテゴリ とうもろこし

この記事は