BLUP法による長期選抜において交配方法が遺伝的改良量と近交度に及ぼす影響

業績名 BLUP法による長期選抜において交配方法が遺伝的改良量と近交度に及ぼす影響
年度 2004
研究機関名 農業生物資源研究所
発表者所属
発表者 佐藤正寛
竹谷勝
課題 遺伝資源情報を利用した特性評価法と遺伝資源集団の多様性維持理論の構築(D122)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020042039
カテゴリ

この記事は