Physical mapping of 18S rDNA by fluorescence in situ hybridization in the three species of the genus Paris L. Liliceae.

業績名 Physical mapping of 18S rDNA by fluorescence in situ hybridization in the three species of the genus Paris L. Liliceae.
年度 2000
研究機関名 北陸農業試験場
発表者所属
発表者 鹿児島大・宮本旬子
育種工学研・近江戸伸子
大阪大院・福井希一
課題 ゲノム・遺伝子発現機構の制御による新育種法の開発(88)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020003987
カテゴリ

この記事は