泌乳牛における給与飼料中の粗蛋白質含量の違いが乳生産性、窒素排泄量および糞尿由来窒素揮散に及ぼす影響について

業績名 泌乳牛における給与飼料中の粗蛋白質含量の違いが乳生産性、窒素排泄量および糞尿由来窒素揮散に及ぼす影響について
年度 2003
研究機関名 農業技術研究機構
発表者所属
発表者 農業技術研究機構 斎藤公一(千葉県畜試)
川島知之
小松篤司
淵本大一郎(生物研)
作本亮介(生物研)
荻野暁史
黒田和孝
野中最子
永西修
田鎖直澄
Agung Purnomoadi (Diponegoro Univ.)
樋口浩二
寺田文典
課題 吸引通気式堆肥発酵におけるアンモニア等環境負荷成分捕集技術の実証 門脈系臓器等器官レベルでの栄養素出納測定手法の改良と各器官におけるエネルギー消費量の解明 ファームゲートバランス法による畜舎からの環境負荷物質の排出量予測
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020039156
カテゴリ 乳牛

この記事は