Fusion of family VI cellulose binding domains to Bacillus halodurans xylanase increases its catalytic activity and substrate-binding capacity to insoluble xylan

業績名 Fusion of family VI cellulose binding domains to Bacillus halodurans xylanase increases its catalytic activity and substrate-binding capacity to insoluble xylan
年度 2002
研究機関名 食品総合研究所
発表者所属
発表者 食品総合研究所 生物機能開発部 酵素機能研 Selanere L. Mangala
Farooqahmed S. Kittur
Mamoru Nishimoto
Kazuo Sakka
Kunio Ohmiya
食品総合研究所 生物機能開発部 酵素機能研 Motomitsu Kitaoka
食品総合研究所 生物機能開発部 酵素機能研 Kiyoshi Hayashi
課題 分子レベルでのキシラナーゼの改変 分子レベルでのキシラナーゼの改変
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020035188
カテゴリ

この記事は