ニンジンを中心とした作付体系と施肥処理が土壌溶液硝酸態窒素濃度およびキタネグサレセンチュウ密度に及ぼす影響カラシナ(Brassica juncea)鍬込みが植物寄生性線虫に与える影響

業績名 ニンジンを中心とした作付体系と施肥処理が土壌溶液硝酸態窒素濃度およびキタネグサレセンチュウ密度に及ぼす影響カラシナ(Brassica juncea)鍬込みが植物寄生性線虫に与える影響
年度 2002
研究機関名 農業技術研究機構
発表者所属
発表者 浦上敦子
浦嶋泰文
佐藤文生
森下昌三
課題 野菜畑における環境負荷発生ポテンシャルの解明と低減技術の開発
カテゴリ からしな 施肥 にんじん

この記事は