性フェロモンを用いた交信攪乱剤に対する茶害虫二種の抵抗性

業績名 性フェロモンを用いた交信攪乱剤に対する茶害虫二種の抵抗性
年度 2001
研究機関名 農業環境技術研究所
発表者所属
発表者 農業環境技術研究所 外部 望月文昭
福本毅彦
農業環境技術研究所 生物環境安全部 昆虫研究グループ 昆虫生態ユニット 野口 浩
農業環境技術研究所 生物環境安全部 昆虫研究グループ 昆虫生態ユニット 杉江 元
課題 カメムシ、ハマキガ等の放出物が周辺昆虫に及ぼす影響の解明
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020026282
カテゴリ 害虫 性フェロモン 抵抗性

この記事は