ウシおよびニワトリ初代培養肝細胞における2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) によるCYP1A遺伝子の発現とethoxyresorufin-O-deethylase (EROD)活性の変動

業績名 ウシおよびニワトリ初代培養肝細胞における2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD) によるCYP1A遺伝子の発現とethoxyresorufin-O-deethylase (EROD)活性の変動
年度 2001
研究機関名 農業技術研究機構
発表者所属
発表者 山中典子
グルゲ
キールティ
シリ
窪田宜之
宮崎茂
(元井葭子)
課題 飼料汚染有害物質が家畜の生体機能に及ぼす影響の解明
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020024909
カテゴリ

この記事は