イネ萎縮病ウィルス(RDV)コートタンパク質遺伝子(S3,S8)を用いた組換えイネの作成と遺伝子発現

業績名 イネ萎縮病ウィルス(RDV)コートタンパク質遺伝子(S3,S8)を用いた組換えイネの作成と遺伝子発現
年度 2001
発表者所属
発表者 王慶■
青木秀之
梁正偉
菊池彰
大村敏博
矢頭治
課題 ウイルス遺伝子導入作物に感染したウイルスのトランスカプシデーションとその影響の解析 遺伝子組換え系統の環境に対する安全性評価
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020024220
カテゴリ 育種 萎縮病

この記事は