カキ‘刀根早生’の結果母枝先端の切り返しせん定が摘蕾,摘果作業の省力化及び収量に及ぼす影響

業績名 カキ‘刀根早生’の結果母枝先端の切り返しせん定が摘蕾,摘果作業の省力化及び収量に及ぼす影響
年度 2015
研究機関名 和歌山県果樹試験場かき・もも研究所
発表者所属
発表者 熊本昌平
和中学
弘岡拓人
課題 極早生柿新品種の特性解明と栽培技術の確立
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020207971
カテゴリ かき 省力化

この記事は