イネ縞葉枯病対抗性品種によるヒメトビウンカのRSV保毒虫率の低減効果

業績名 イネ縞葉枯病対抗性品種によるヒメトビウンカのRSV保毒虫率の低減効果
年度 2015
研究機関名 埼玉県農業技術研究センター
発表者所属
発表者 植竹恒夫・酒井和彦・浅野亘
課題 農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業、産地に応じて抵抗性品種と薬剤防除を適宜利用するイネ縞葉枯病の総合防除技術の開発、
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020205843
カテゴリ 害虫 縞葉枯病 ヒメトビウンカ 品種

この記事は