バレイショ育種におけるBLUP法アニマルモデルの適用 1. 最適なモデルの構築

業績名 バレイショ育種におけるBLUP法アニマルモデルの適用 1. 最適なモデルの構築
年度 2015
研究機関名 地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部北見農業試験場
発表者所属
発表者 田中常喜他3名
課題
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020204431
カテゴリ 育種 ばれいしょ

この記事は