Cleistogamy decreases the effect of high temperature stress at flowering in rice

業績名 Cleistogamy decreases the effect of high temperature stress at flowering in rice
年度 2014
発表者所属
発表者 農研機構・東北農研,小池説夫
農研機構・中央農研,山口知哉
農研機構・中央農研,大森伸之介
農研機構・東北農研,林高見
農研機構・作物研,吉田 均
課題 鱗被形成遺伝子による閉花性イネの安定的利用技術の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020203588
カテゴリ

この記事は