幼苗期主枝摘心による側枝1本仕立て栽培がミニトマトの開花日,花数および複合花房形成に及ぼす影響.

業績名 幼苗期主枝摘心による側枝1本仕立て栽培がミニトマトの開花日,花数および複合花房形成に及ぼす影響.
年度 2014
研究機関名 長野県野菜花き試験場
発表者所属
発表者 寺崎亮・春原奈々・清水佑・飯塚明範・柘植一希・大中創太・樋口洋子・北條怜子・細田絢子・伊藤善一・池浦博美・玉置雅彦・川上暢喜・岩崎泰永・安東赫・元木悟.
課題 施設園芸栽培作物の 低コスト・高品質・周年安定供給技術の確立
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020199784
カテゴリ ミニトマト

この記事は