スイカの立体栽培における摘心方法の違いが着果と果実肥大に及ぼす影響

業績名 スイカの立体栽培における摘心方法の違いが着果と果実肥大に及ぼす影響
年度 2000
研究機関名 野菜・茶業試験場
発表者所属
発表者 熊本農研セ・田尻一裕)栽培シス研・岡野邦夫
渡邉慎一
坂本有加
課題 画期的園芸作物新品種創出による超省力栽培技術の開発(27)
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020019711
カテゴリ すいか

この記事は