製糖残さ等地域未利用資源の混合が飼料用サトウキビを主体とする繁殖牛用発酵TMRの発酵品質と人工乾物消化率に及ぼす影響

業績名 製糖残さ等地域未利用資源の混合が飼料用サトウキビを主体とする繁殖牛用発酵TMRの発酵品質と人工乾物消化率に及ぼす影響
年度 2014
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 (独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,畜産草地研究領域,服部育男
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,畜産草地研究領域,神谷充
現在鹿児島県肉用牛改良研究所,春日久志
徳之島町役場,吉田広和
徳之島町役場,川田隆博
徳之島町役場,井将也
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,畜産草地研究領域,加藤直樹
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,畜産草地研究領域,小林良次
課題 新たな付加価値を持つ多用途サトウキビ品種の育成と高度利用技術の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020195353
カテゴリ さとうきび 飼料用作物 繁殖性改善 未利用資源

この記事は