蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)法による東北地方で収集されたリードカナリーグラスと外来リードカナリーグラスにおけるrDNAの物理的マッピング

業績名 蛍光 in situ ハイブリダイゼーション(FISH)法による東北地方で収集されたリードカナリーグラスと外来リードカナリーグラスにおけるrDNAの物理的マッピング
年度 2014
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 長岡技術科学大学,木村健智
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,飼料作物研究領域,上山泰史
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,畜産飼料作研究領域,牧草育種グループ,久保田明人
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,畜産飼料作研究領域,藤森雅博
長岡技術科学大学,高原美規
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,畜産飼料作研究領域,牧草育種グループ,秋山征夫/CA
課題 水田・飼料畑・草地の高度利用を促進する飼料作物品種の育成
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020195256
カテゴリ

この記事は