ウシ体外受精胚におけるP糖タンパク質(Pgp)の発現増加に伴う凍結後の生存性および受胎率向上

業績名 ウシ体外受精胚におけるP糖タンパク質(Pgp)の発現増加に伴う凍結後の生存性および受胎率向上
年度 2013
研究機関名 福岡県農業総合試験場
発表者所属
発表者 森美幸・桑野俊夫・家守紹光・磯崎良寛・西原武司・山内伸彦・服部眞彰
課題
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020186366
カテゴリ 受精卵移植 受胎率向上

この記事は