雑草イネ発生状況の効率的なマップ調査法および確率分布に基づく発生レベル構成のモデル

業績名 雑草イネ発生状況の効率的なマップ調査法および確率分布に基づく発生レベル構成のモデル
年度 2013
研究機関名 長野県農業試験場
発表者所属
発表者 細井淳ら
課題 水稲・麦類新品種育成に関する素材開発研究 、1.水稲・麦類の環境ストレス耐性、良食味品種の育成と加工適性に優れた品種の育成 、(1)水稲の気象ストレス耐性品種の育成 、 、
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020184144
カテゴリ 雑草イネ

この記事は