黄色ブドウ球菌および大腸菌性乳房炎の発症と乳中感染菌量の関連性

業績名 黄色ブドウ球菌および大腸菌性乳房炎の発症と乳中感染菌量の関連性
年度 2013
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 (独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,寒地酪農衛生研究領域,菊佳男
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,病態研究領域,尾澤知美
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,寒地酪農衛生研究領域,秦英司
ちばNOSAI連,大慈祐介
旭化成,前花浩志
ちばNOSAI連,吉浦信幸
旭化成,橋本康博
旭化成,松山健二
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,寒地酪農衛生研究領域,林智人
課題 乳房炎等の大規模酪農関連疾病の診断・防除法の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020179332
カテゴリ

この記事は