成分構成比の異なるフェロモン剤によるアカスジカスミカメの誘殺消長:水田と牧草地における比較調査から

業績名 成分構成比の異なるフェロモン剤によるアカスジカスミカメの誘殺消長:水田と牧草地における比較調査から
年度 2013
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 (独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,生産環境研究領域,病害虫グループ,田渕研/CA
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,生産環境研究領域,病害虫グループ,榊原充隆
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,病害虫研究領域,安田哲也
信越化学,望月文昭
課題 侵入病害虫等の被害リスク評価技術の開発及び診断・発生予察技術の高度化
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020179205
カテゴリ アカスジカスミカメ 害虫 水田 フェロモン

この記事は