Ionome of soybean seed affected by previous cropping with mycrorrhizal plant and manure application.

業績名 Ionome of soybean seed affected by previous cropping with mycrorrhizal plant and manure application.
年度 2012
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 Hokkaido University,Zimin Sha
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,企画管理部,研究調整役,岡紀邦
Hokkaido University,Toshihiro Watanabe
Hokkaido University,B. Tampubolon
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,生産環境研究領域,土壌グループ,岡崎圭毅
Hokkaido University,Mitsuru Osaki
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,生産環境研究領域,土壌グループ,信濃卓郎
課題 農作物等における放射性物質の移行動態の解明と移行制御技術の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020172870
カテゴリ

この記事は