Effects of Different Application Methods of Controlled-Release Fertilizers on Capillary Wick Culture of Tomato

業績名 Effects of Different Application Methods of Controlled-Release Fertilizers on Capillary Wick Culture of Tomato
年度 2012
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 (独)農業・食品産業技術総合研究機構,近農研,傾斜地園芸研究領域,傾斜地野菜生産研究グループ,木下貴文/CA
岡山大学大学院自然科学研究科,桝田正治
課題 日光温室等の活用による温暖地における高収益・安定生産施設園芸技術の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020171982
カテゴリ

この記事は