Small variation of glucosinolate composition in Japanese cultivars of radish (Raphanus sativus L.) requires simple quantitative analysis for breeding of glucosinolate component

業績名 Small variation of glucosinolate composition in Japanese cultivars of radish (Raphanus sativus L.) requires simple quantitative analysis for breeding of glucosinolate component
年度 2012
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 (独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜育種・ゲノム研究領域,葉根菜育種研究グループ,石田正彦
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜病害虫・品質研究領域,野菜品質・機能性研究グループ,永田雅靖
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜育種・ゲノム研究領域,葉根菜育種研究グループ,小原隆由
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜育種・ゲノム研究領域,葉根菜育種研究グループ,柿崎智博
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜育種・ゲノム研究領域,葉根菜育種研究グループ,畠山勝徳
東北大学大学院農学研究科,西尾剛
課題 露地野菜の高品質・安定供給に向けた品種・系統の育成
カテゴリ

この記事は