第2章 対光行動解明のためのモニタリング手法および行動評価手法の開発 「農林水産技術会議研究成果シリーズ 生物の光応答メカニズムの解明と省エネルギー、コスト削減利用技術の開発『有用水産生物の光応答メカニズムの解明及び高度利用技術の開発』」

業績名 第2章 対光行動解明のためのモニタリング手法および行動評価手法の開発 「農林水産技術会議研究成果シリーズ 生物の光応答メカニズムの解明と省エネルギー、コスト削減利用技術の開発『有用水産生物の光応答メカニズムの解明及び高度利用技術の開発』」
年度 2012
研究機関名 水産総合研究センター
発表者所属
発表者 独立行政法人水産総合研究センター,水産工学研究所,水産業システム研究センター,エネルギー・生物機能利用技術グループ,?山剛
課題 (ア)社会・経済的視点及び生態系機能・生物多様性を考慮した漁業・資源管理手法の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020171097
カテゴリ コスト 省エネ・低コスト化 モニタリング

この記事は