カキ「秋王」の高接ぎにおける中間台品種および接ぎ木方法の違いが生育に及ぼす影響

業績名 カキ「秋王」の高接ぎにおける中間台品種および接ぎ木方法の違いが生育に及ぼす影響
年度 2012
研究機関名 福岡県農業総合試験場
発表者所属
発表者 村本晃司・牛島孝策・草野成夫
課題 果樹・茶の競争力をより高めるための生産・流通加工技術の開発 、1)カキ「秋王」の早期大量増殖、早期成園化および品種識別技術の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020165494
カテゴリ かき 高接ぎ 接ぎ木 品種

この記事は