有傷接種法による接種胞子量および接種時期がFusarium graminearum s.strによる飼料用とうもろこし赤かび病の発病度に及ぼす影響

業績名 有傷接種法による接種胞子量および接種時期がFusarium graminearum s.strによる飼料用とうもろこし赤かび病の発病度に及ぼす影響
年度 2012
研究機関名 地方独立行政法人北海道立総合研究機構農業研究本部畜産試験場
発表者所属
発表者 湊啓子
飯田憲司
山川政明
課題
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020160884
カテゴリ 飼料用作物 とうもろこし

この記事は