氷点下貯蔵後のニンニクに対する高温処理の発根・萌芽抑制効果は貯蔵期間に依存して変化する

業績名 氷点下貯蔵後のニンニクに対する高温処理の発根・萌芽抑制効果は貯蔵期間に依存して変化する
年度 2011
研究機関名 地方独立行政法人青森県産業技術センター野菜研究所
発表者所属
発表者 山崎博子
庭田英子
矢野孝善
長管香織
稲本勝彦
課題 高品質国産ニンニクの周年安定供給を実現する収穫後処理技術の開発 、1.氷点下貯蔵に対応した乾燥マニュアルの策定 、(2) 出庫後の萌芽・発根を抑制する高温処理マニュアルの策定 、ア.高温処理法の適応性の検証
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020155551
カテゴリ にんにく

この記事は