ソラマメにおける耐雪性の品種間差 6.ウニコナゾールP処理による雪腐病抵抗性の変化

業績名 ソラマメにおける耐雪性の品種間差 6.ウニコナゾールP処理による雪腐病抵抗性の変化
年度 2000
研究機関名 北陸農業試験場
発表者所属
発表者 栽培生理研・福田直子
研究交流科・荒井治喜
栽培生理研・松村 修
課題 ソラマメにおける形態形質と耐雪性との関係解明
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020015433
カテゴリ そらまめ 抵抗性 品種

この記事は