A map-based cloning strategy employing a residual heterozygous line reveals that the GIGANTEA gene is involved in soybean maturity and flowering.

業績名 A map-based cloning strategy employing a residual heterozygous line reveals that the GIGANTEA gene is involved in soybean maturity and flowering.
年度 2011
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 生物研,渡辺啓史
生物研,Zhengjun Xia
佐賀大,秀島瑠満子
生物研,坪倉康隆
かずさDNA研究所,佐藤修正
JIRCAS,山中直樹
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,作物研,畑作物研究領域,大豆生理,高橋良二
佐賀大,穴井豊昭
かずさDNA研究所,田畑哲之
北大,喜多村啓介
生物研,原田久也
課題 ゲノム情報を活用した麦・大豆の重要形質制御機構の解明と育種素材の開発
カテゴリ

この記事は