Spatial and temporal patterns of the carbon budget in Asia and the uncertainty caused by different gap-filling procedures(アジアにおける炭素収支の時空間パターンと補間手順による不確実性)

業績名 Spatial and temporal patterns of the carbon budget in Asia and the uncertainty caused by different gap-filling procedures(アジアにおける炭素収支の時空間パターンと補間手順による不確実性)
年度 2011
研究機関名 森林総合研究所
発表者所属
発表者 森林総合研究所,北海道支所,寒地環境保全研究グループ,N. Saigusa(三枝信子)(国環研)
S-G. Li.(CAS)
H. Kwon(Seoul Univ.)
K. Takagi(高木健太郎)(北大)
J. Hong(NIMS)
R. Ide(井出礼子)(国環研)
M. Kang(Seoul Univ.)
Z. Leiming(CAS)
M.Ueyama(植山雅仁)(府大)
J. Asanuma(浅沼順)(筑波大)
S-J. Han.(CAS)
T. Hirano(平野高司)(北大)
R. Hirata(平田竜一)(北大)
Y-N. Li(CAS)
T. Maeda(前田高尚)(産総研)
A. Miyata(宮田明)(農環研)
Y. Mizoguchi(溝口康子)
S. Murayama(村山昌平)(産総研)
Y. Nakai(中井裕一郎)
T. Ohta(太田岳史)(名大),T.M. Saitoh(斉藤琢)(岐阜大),H-M. Wang(CAS),G-R. Yu(CAS),Y-P. Zhang(CAS),F-H. Zhao(CAS)
課題 E 森林への温暖化影響評価の高度化と適応及び緩和技術の開発
カテゴリ

この記事は