トンネル被覆資材を連用した省力輪作体系の確立-(第1報)早春どりタマネギ栽培における収穫時期に及ぼす品種及びトンネル設置時期の影響-

業績名 トンネル被覆資材を連用した省力輪作体系の確立-(第1報)早春どりタマネギ栽培における収穫時期に及ぼす品種及びトンネル設置時期の影響-
年度 2010
研究機関名 神奈川県農業技術センター
発表者所属
発表者 *北浦健生
北宜裕
課題 5.地産地消に適した園芸作物の新品種選定及び栽培技術の確立 (1)地産地消に適した新品種の導入、育成 (ア)優良種苗特性検定試験
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020149157
カテゴリ たまねぎ 品種 輪作体系

この記事は