宮城県の大麦品種の赤かび病に対する薬剤散布回数削減の可能性

業績名 宮城県の大麦品種の赤かび病に対する薬剤散布回数削減の可能性
年度 2010
研究機関名 宮城県古川農業試験場
発表者所属
発表者 大場淳司
課題
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020148165
カテゴリ 大麦 品種 薬剤

この記事は