Possible involvement of FLC in natural variation of activity to enhance the late flowering phenotype of the clock mutant lhy cca1 under continuous light

業績名 Possible involvement of FLC in natural variation of activity to enhance the late flowering phenotype of the clock mutant lhy cca1 under continuous light
年度 2010
研究機関名 農業・食品産業技術総合研究機構
発表者所属
発表者 筑波大学,田島武臣
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,花き研,生育開花調節研究チーム,小田 篤
課題 g.きく等切り花の生育・開花特性の解明と安定多収技術の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020131124
カテゴリ

この記事は