家畜の放牧を利用した緩衝地帯などの整備と野生獣害(イノシシ・シカ)防止技術の確立(第3報)(緩衝地帯内の竹林における肉用牛放牧技術の確立)

業績名 家畜の放牧を利用した緩衝地帯などの整備と野生獣害(イノシシ・シカ)防止技術の確立(第3報)(緩衝地帯内の竹林における肉用牛放牧技術の確立)
年度 2009
研究機関名 京都府農林水産技術センター農林センター
発表者所属
発表者 境米造
課題 4森林の保全、(2) 野生動物被害に対する効果的な防護柵の設置・管理に関する研究(ニホンジカ) 4森林の保全、(3)ニホンジカによるスギ・ヒノキ生木剥皮被害の実態解明及び防除方法の開発 4森林の保全、(4)ニホンジカの生態動向把握のための森林被害に関する研究
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020122526
カテゴリ シカ 肉牛 放牧技術

この記事は