栽植密度、給液方法の違いがNFT方式でのトマト三段摘心栽培の生育、収量に及ぼす影響

業績名 栽植密度、給液方法の違いがNFT方式でのトマト三段摘心栽培の生育、収量に及ぼす影響
年度 2008
研究機関名 兵庫県農林水産技術総合センター
発表者所属
発表者 竹川昌宏
課題 閉鎖型育苗方式によるトマトの完全無農薬優良苗生産技術の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020115873
カテゴリ トマト

この記事は