大規模栽培を可能とする作業分散のための草種・品種の組み合わせ技術及び効率的作業体系技術の確立(第2報)-トウモロコシ2期とイタリアンライグラスを組み合わせた作付体系による収量等の検討

業績名 大規模栽培を可能とする作業分散のための草種・品種の組み合わせ技術及び効率的作業体系技術の確立(第2報)-トウモロコシ2期とイタリアンライグラスを組み合わせた作付体系による収量等の検討
年度 2007
研究機関名 佐賀県畜産試験場
発表者所属
発表者 宮原雅明
課題 大規模栽培を可能とする作業分散のための草種・品種の組み合わせ技術及び効率的作業体系の開発
URL http://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3020110416
カテゴリ イタリアンライグラス とうもろこし 品種

この記事は