・低リン、低カリウム野菜類の安価な水耕栽培技術の開発 ・低タンパク米の開発 ・低減農産物を活用した保存食の開発 ・開発食品(素材も含む)の臨床試験による効果検証

No 27050290
問題の発生している地域(関係団体、農協等含む) 全国
提出機関(部局) 三重県農業研究所 フード循環研究課
テーマ名 ・低リン、低カリウム野菜類の安価な水耕栽培技術の開発 ・低タンパク米の開発 ・低減農産物を活用した保存食の開発 ・開発食品(素材も含む)の臨床試験による効果検証
対応が想定される技術 栽培技術 成分等分析技術
農業・食品産業等の現場における問題点  慢性腎臓病(CKD)患者は全国で1300万人、内人工透析患者は約30万人である。CKD患者は日々の食事においてタンパク質や塩の摂取制限を、透析患者ではリンやカリウムの厳しい摂取制限を受けている。こうした患者に対する制限成分含量を下げた安価で美味しい食品(農産物)の需要は高いものの、生産技術および供給システムは確立されいない。さらに、食事弱者の大規模災害時の備蓄食開発も重要とされている。
問題解決へ向け必要な研究開発等 (技術的課題) ・低リン、低カリウム野菜類の安価な水耕栽培技術の開発
・低タンパク米の開発
・低減農産物を活用した保存食の開発
・開発食品(素材も含む)の臨床試験による効果検証
分類 研究開発を実施中
プロジェクト研究、農研機構等による対応状況(○は提案した都道府県による取り組み状況) 低タンパク米については、易消化性タンパク質含有率の低い品種が育成中。また、秋田県立大と富士通ホーム&オフィスサービスの共同研究によって開発した低カリウムレタス(通常の1/5)が販売中。
カテゴリ 水耕栽培 低カリウム 品種 レタス

この記事は